スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ニセコ全国大会 ~花店見学編~

北海道ツアー最大の楽しみだったのが北海道名花店見学!
・・・とは言っても見知らぬ土地で効率よく見学して周るには
やはり地元の方の力が必要となります。

ただし単に地元の方と言っても有力者の方でなければ
「こんにちは 見学させて下さい」なんて簡単に言えない・・・
そこで超あつかましいのを承知の上で、この案内役を北の大地さまに
お願いすることになりました・・・

・・・とはいえ地元の方は全国大会のホスト役ですから
我々が会場入りする前から準備・終了後は我々が全て帰った後に
後片付けをしてからの撤収が普通です。

・・・そんな理由で全国大会直前まで、自分達の力で周るのか
北の大地さまに御案内頂けるのか非常に流動的では、あったのですが
私の他にも豊明の鬼いさんもお願いしていたらしく
2人からの強力なフォースの力?で
かなりご無理を頂いて御案内頂ける事となりました。

ニセコから札幌までは2時間弱での道のりという事で
朝の弱い鬼いさんの為にも午前9時出発!
まだまだ、お見送りの列が続く中そそくさと出発・・・
まずは我々のレンタカーを札幌へ12時までに返却しなければならなかった
のですが、道中ソフトクリームを食しのんびりしていたせいか
レンタカー会社に到着したのは11時58分・・・(/_;)

返却後は北の大地さまの車に乗り込み花店巡りの開始です。
一番近い所は若林さんの店だったのですが
我々が飛行機の関係で午後4時過ぎは札幌駅に
戻らなくてはならない為にコースを変更・・・
これも地元の方だからこそ出来る事ですよね(^-^)

・・・なんだかんだと車中で楽しい会話をしながらも車は何か山の方へ
森の中になじんで一見通り過ぎてしまいそうな中に
素敵な花店が隠れていました。
現在は組合を退会されていますがフロコンに出場した経験のある方なら
誰もがその名を聞いて理解できる「清水さくらさん」のお店
「花保」さまです。
conv0021_20110829163435.jpg conv0004_20110829163456.jpg
ヨーロッパの花店をも彷彿させる立派な花店・・・流石さくらさん
何処を見ても文句のつけどころがありません
見事なまでの花と器、その他の装飾品の配置・・・何処を見ても
芸術品のようなお店にただただ見とれるばかりでした。

お次は我らがインストラクター 小林辰也さんのお店
「フラワリーライフ」さま・・・
conv0007_20110829165504.jpg conv0009_20110829165529.jpg
            conv0011_20110829165540.jpg conv0008_20110829165519.jpg
通りからは、一本奥に入った隠れ家的な名店・・・
レンガに絡まる夏蔦が印象的な店内は辰也さんの優しい人柄を感じさせる
自然を大切にした温かみのある内装です。
ご主人さまが長期離脱の為にお店の花は、ほぼからっぼと
御説明頂きましたが、それでも鮮度の良い花々が見やすく陳列されている
雰囲気は、これまた大変勉強になりました。

続いて我らがドクトル薄木先生のお店、「フルーロン花佳」さま
conv0015_20110829171622.jpg conv0012_20110829171637.jpg
               conv0014_20110829171653.jpg conv0013_20110829171750.jpg
噂に聞いたバルーンフラワーにマジカルブーケ・・・その秘密を
隠すことなく御教授頂いた上にその他にもたっぷりと為になる話しを
お聞かせ頂き、これだけでも有料講習会をいくつも受けさせて
頂いたような感じですが、この他にもアイデアいっぱい
気軽に入れる町の花屋さんの理想形といったお洒落な花店です。

続いて残念ながら我らと同じ組合員では、ございませんが小林さんの
教えを受けられ札幌では知る人ぞ知る佐藤花光さんのお店
「佐藤花みつ」さま・・・
conv0016_20110829173631.jpg conv0017_20110829173704.jpg
            conv0018_20110829173721.jpg conv0019_20110829173731.jpg
路面電車の走る、地元の方曰く電車道に面した駐車スペースもなく
失礼ながら本当に小さい花店なのですが、ハンドメイドで制作された
水槽?には、圧倒するほどぎっしりとした花が見やすく
手に取り易く陳列されています。
しかしスペースを有効利用したディスプレーには洗練された技術力が
感じ取られ、スペースが小さくたって立派に花屋が出来るんだ!
・・・のメッセージが飛び込んでくる物言う花店でした。

大トリは、フロコン荒らしの若林秀彦さんが経営される
「フルール若林」さま・・・
conv0020_20110829174706.jpg conv0001_20110829174719.jpg
            conv0002_20110829174740.jpg conv0003_20110829174748.jpg
札幌駅から徒歩5分程という好立地条件でビルの一階に入った
スタイリッシュなお店の前は、絶えず多くの人々が行きかう中で
一際目を引く都会の花店の様相・・・
企業の様々なニーズにも迅速に対応出来るだけの花材と種類は流石!
バラに厳しい鬼いさんも納得の品ぞろえ・・・
これでもご主人さまが留守の間に随分売れた後だとか・・・

・・・と札幌で有名な花店5店を周らせて頂いたところでタイムアウト!
札幌駅から空港へと向かったのでした・・・

御覧頂いて分かるようにどれをとっても個性的で素晴らしいお店には
ただただ感動するばかり・・・たくさんの勉強をさせて頂きました。
突然の来訪にも関わらず快くお迎え頂いた花店の皆様方
本当にありがとうございました
心より御礼申し上げます<(_ _)>
そして大会準備で腰の痛むなかタイムスケジュールを気にしながら
御案内頂いた北の大地さま本当にありがとうございました<(_ _)>

ただ、当然ことながら御案内頂いた北の大地さまのお店には
残念ながら時間の関係で今回訪れる事が出来ませんでした
これは次回是非来道するようにとのおぼしめしだと考え
楽しみにとっておく事と致しましょう・・・
スポンサーサイト

北海道ニセコ全国大会 ~仲間編~

このブログを始めてからというもの北海道の方々の愛読者様の数が
非常に多く仲良くさせて頂ける方々も増えてきました。
そんな方々が努力して運営される全国大会には絶対参加する・・・
と決めたものの日程がなんと奈良の地蔵盆とかぶりまくり
家族には超ひんしゅくものなのでしたが
やはり無理して参加しただけの事は充分ありました。

フラワードリームと全国大会が分離されてからというもの
全国大会開催の意味が、どうしても理解できず
初参加の全国大会でしたが参加して少しだけですが
開催の意義も納得できたように思います。

その意義の1つが、やはり仲間との出会いでしょう。

conv0021_20110827140156.jpg

お部屋に入った瞬間、じゃがいもに穴をあけ
グラスチューブを差し込んだ中に一輪のひまわり・・・
毎日花と向き合う生活をしているのに旅先で出会う一輪の花に
心が癒され北海道のメンバーの方々の温かみを感じます・・・

conv0014_20110827140205.jpg

今回の旅ではレンタカーの運転をずーーーーっとしてくれたF井君と
北海道のカメラ小僧ことwakaさま・・・初対面でも
以前から仲が良かったかのような雰囲気も花キューピットの仲間
だからこそ出来る賜物なんでしょう・・・

そして全国大会のメインイベントと言えば懇親会・・・

conv0015_20110827140217.jpg

太鼓の鳴り渡る中、入場の開始です。
分離前の懇親会なら長~い挨拶があって、その間手元の飲み物がぬるく
なるまで乾杯の音頭をひたすら立ちんぼで待つのですが
今回はブロック別着席スタイルなので長~い話しも苦になりません

そうこうしている間に懇親会のメインイベント全国ブロック対抗
カラオケ大会の開始!
大会というだけあって審査員もあり
優勝10万円準優勝5万円などの賞金がつきます
審査は歌唱力70パーセント・パフォーマンス30パーセントと
ただ立ちんぼで歌っているだけでは優勝できません。

それでも立ちんぼで歌われる方、カラオケ店で何度も練習をつんだ方
やっつけでパフォーマンスを入れるブロックなどなど
それぞれが仲間意識をふんだんにだしあったパフォーマンスに
久しぶりに腹の底から笑わせて頂きました。

そのいくつかを御紹介致しましょう・・・

conv0020_20110827140301.jpg

地元北海道ブロックチーム!大会実行委員長さまが「あずさ2号」を
替え歌にして全国大会が大失敗し失踪してしまうというストーリー・・・
三人の練習は完璧だったようですが後ろにとってつけかたのような
パフォーマンス・・・動きがぎこちないのも御愛嬌・・・

conv0017_20110827140239.jpg

こちらは泣く子も黙る東海ブロック・・・
本当は鬼いさんが出場する予定だったそうですが本部チームやらで
東海ブロックがかぶった為に出場頂けませんと言われ
後ろの方で、はじけてます。

conv0019_20110827140251.jpg

優勝した東京ブロック!いや~こちらのパフォーマンスには
腰を抜かされました~歌は、お二人の熟女のご担当ですが
これもなかなかのもの・・・相当練習を繰り返され優勝を狙った
ようですね。

復興地の皆さま、お前らふざけやがって・・・なんて思わないで下さいね
全ての賞金は、復興義援金となりましたから・・・

conv0016_20110827140228.jpg

最後に今回のメインテーマに昨年から決定していた「絆」・・・
大震災により一層意味ある言葉となったテーマですが
よーく見ると熱唱と黒蝶のダリア約500本で陰影をつけた素晴らしい
モニュメントです!北海道メンバーの技術力が集結したパーフェクト作品

それもこれも互いを信じあい尊重しあえてこそ出来るパフォーマンス
こういった仲間意識が再確認できる場所こそが全国大会
だからこそ不景気なこんなご時世でも
全国から380名もの方々が参加されたのだと感じとれました。

北海道ニセコ全国大会 ~自然編~

いや~本当に楽しく充実した北海道ニセコ全国大会でした~
札幌からでも車で片道三時間弱かかるこの道のりを何回も往復されたり
しながら会議を重ねて頂いたおかげで大成功だったのでは
ないでしょうか・・・まずは運営に関わられた北海道のメンバーに
心より御礼申し上げます<(_ _)>

さてfacebookの世界では、ひたすら自らが食した物をアップしたおかげで
食べ歩きだけに北海道へ行ったんじゃねえ~の?なんて声が
聞こえてきそうではありますが、その他にも自然に堪能し
めったに会えない仲間と語り合い
最後には札幌の名花店巡りという超充実した三日間であった為に
毎朝早朝起床、深夜就寝という強行スケジュール
これで暑けりゃ完全にバテますが涼しい北海道では動きも軽快

まず最初は驚きに驚いた自然の美しさを御紹介致しましょう

conv0012_20110826150054.jpg

この花、新千歳空港周辺から高速道路、画像は函館赤レンガの
コンクリートの割れ目まで少しでも土があればニョキニョキと生えていて
空き地や高速道路の脇で群生している姿は、とっても美しい・・・

conv0014_20110826150104.jpg

おまけに花が終わると画像のようにまんまるくまとまって
この状態で本土に出荷したら市場で売れるんじゃねーのか?
・・・というほどの美しさ!
この花は「ノラニンジン」と言いヨーロッパ原産の帰化植物らしい・・・
葉っぱもニンジンって感じですが、根っこにニンジンはならず
学者の中でも「ニンジン」とは別の植物ではないのかと
現在でも研究されているらしい・・・
外国では、そのまんまワイルドキャロットと言われているみたいだが
とにかく美しい花でした。

よく北海道では短い夏の間に一斉に植物が開花すると聞いていましたが
今回の旅で、それをまじまじと感じ取れました

conv0016_20110826150125.jpg

ナナカマドの実が紅葉し、ススキやおみなえし、セイタカアワダチソウ

conv0015_20110826151534.jpg

フジバカマや萩の花が綺麗に咲いていて
いつでもお月見の行事が出来そうだと思えば
民家の庭には、サルビアやベコニヤ・ひまわり・オリエンタルユリが
綺麗に咲き誇り、そうかと思えば

conv0017_20110826150147.jpg

色々な種類の紫陽花が咲き乱れ

conv0018_20110826150201.jpg

ギボシの花までもが咲いている・・・

こうなると季節感もへったくれもねえんじゃないのかと思うほどです
いったい北海道の理科の教科書には四季に咲く花として
どのように記載されているのでしょう?
興味津々です北海道の方で、このブログをお読みになった方は
是非とお教え下さいませ<(_ _)>

さてさて個別の花だけでなく、でっかい道の大自然にも
随分癒されました!会場近くの羊蹄山

conv0012_20110826154650.jpg

その時間時間によって様々な美しさを見せてくれます
ここに写真家が住み着くのも理解できます

ホテルから一歩外に出ると

conv0013_20110826154709.jpg

白樺の林が続き、朝霧が立ち込めると
まるで妖精が飛んできそうな雰囲気をかもちだしてくれます。

ここでふーーーっと深呼吸すると全ての悪が消えふせるような
不思議の気持ちとなります。

最後に札幌市内の大きな道に街路樹として植え込まれている松

conv0013_20110826150115.jpg

実によくしまっていて本土で使用する「寿松」のような雰囲気
これ一枝切ってお正月アレンジに入れれば
立派な商品が出来るだろうな~なんて
やっぱり花屋は自然も直ぐに商売に直結させてしまいます(/_;)

次回は、仲間編で~す!

Park lee 返し

conv0004_20110825221910.jpg

愛知 豊明の鬼と某仙台のパパンとのランデブー
見よ、この嬉しそうな鬼と迷惑そうなパパンの顔を・・・

後厄の思いで・・・

お盆には色々なものが降りてくる・・・

大震災から早5か月、復興地では鎮魂の花火が上げられているようだが
まだまだ成仏されていない霊もこの時期一斉にに霊界から
俗世界へと降りて来られています。

この時期何故か多い事故・事故・事故・・・しかも大きな事故が多発!
高速道路が渋滞しているから事故は発生するのか・・・
いやいや大事故が発生しているのは渋滞ポイントではない
渋滞しているのなら速度は出ていないから
大きな事故には、ならないからだ・・・

日航機が御巣鷹山に墜落した日は、ちょうど8月12日
これは偶然だったのだろうか・・・

そう、お盆の時期には御先祖様の霊だけでなく
この世からあの世へと引き込もうとする悪しき霊もたくさん降りて
来られる事をあなたは御存知でしょうか?

こちらのブログでも何回か御紹介しているように
私には完璧とも言えませんが霊が見えます
この時期、奈良では死者の追悼も兼ねて燈火会や万灯篭など
様々なお盆行事が開催されますので
そこへ出かけるとそれはそれは様々な霊に遭遇し
以前、こちらでもアップしたように撮影した画像に
霊が写り込む事もあります。

今年は大震災が発生した年である為に
まだ自らが亡くなった事を認識していない霊もたくさんいらっしゃいます
先日夜に奈良へ配達に行ったおりも
水に濡れ身体にたくさんの傷がある若い霊を見かけました
その方も死を受け入れられない御様子
きっと今回の震災で亡くなられた方であろうと言う事は推察できます
だからと言って、今回の震災で亡くなられた方々が
悪しき霊になられいるというわけでもありません。
ただ今回の震災で御遺体が一部でも発見され供養されている方は良いのですが
御遺体も発見されず家族も死を受け入れられない状況であるならば
当然亡くなられた方も未だに死を受け入れられない状況だと思います。
ですから私は生きているのだと思い、私達に近付いて来られます。
そして彼らの世界へ連れ込もうとされます・・・

こういう状況下ですから各地で事故が発生しやすいのも納得・・・

では悪い霊に引き込まれるのと良い霊に守られるのとの違いは何か・・・
これは簡単には説明できませんが誰にでも出来る方法として
御自身の御先祖様を大切に祀られることです。
この事により大抵の事は御先祖様がお守り下さいます。

話しは変わりますが
霊は綺麗な花や水そして磁場の発生が多いところに
よく集まると言われています。
ま花と水・キーパーやストッカーの磁場・・・
まさに花屋は霊にとって好条件な居場所・・・
・・・ということで
店頭にお墓参りの花や仏前の花をお買い求めに来られる時
大勢の方で御来店されるお客様もいらっしゃるかと思いますが
無口で、そーっと付いてきていらっしゃる中には
霊も付れてこられるお客様もいらっしゃいます。
それはそれは普通の人間のようにしか見えませんが
お連れのお客様には見えないようです。

私は入って来られるだけで、よく分かるのですが
他の店の者には普通の人間に見えるようです
霊は私の存在をしると一気に伏し目がちな態勢となるか
あわてて外に出ていこうとされます。
私は、名指しする気もありませんので
お客様にお教えする事もありませんし店の者に伝える事もありません

そんな話を聞くとどうしても確かめたくなると思いますが
皆さんでも唯一確認する方法があります。
それは鏡です、幸い花屋には意外と鏡が多いもの・・・
何かおかしいと思ったら是非お客様を鏡越しに見て下さい。
霊は鏡にうつっていませんから・・・

お経を考える・・・

奈良では昨日から燈火会が開催され、これから盆向の幻想的な
行事がめじろうしです。

conv0006 (6)

こういった行事を見たり報道等でお盆の行事を改めて知ると
普段興味のない方でもこの宗教儀式を認知されることも多いでしょう。
本日は仏教における「お経」について考えてみましょう。

皆さん、お子さんに「お経」とは何?と聞かれたら何とお答になるでしょう?
「お経」って死者に向けて唱える「呪文」のような物
なんて説明は絶対にしないで下さいね!
実は「お経」ってキリスト教でいう「聖書」のような物でして
「聖書」の内容を少しでも見た事がある方なら分かると思いますが
「お経」って、お釈迦様の教えを説いたものなのです。

・・・という事になると葬儀などで唱えている「お経」も
死者の為に読んでいるのではなく、生きている私達に
仏教の教えを説いているものなのです。

「お経」を書かれた文章を一度でも見た事がある方は多いでしょう
あれを見て何か気付かれた事はないでしょうか?
そうです感じが四つずつ綺麗に並べられています
まるで四字熟語を列挙したかのように見えますが
読みを付けられない事から漢文であるという事が分かるでしょう
つまり「お経」は中国語であるわけなのです。

ならば日本語訳した「お経」はないのか?
皆さん一度でも見られた事は、あるでしょうか?
「聖書」は既に世界2000以上の言語に訳されており
日本語訳された「聖書」を一度は見られた事があるのではないてしょうか?

親鸞聖人は、法然上人より釈迦の教えを日本語で伝えられ
その内容に感動して仏教の道をこころざしました。
法然上人も善導(ぜんどう/中国・唐の時代の高僧)大師の言葉と出遇い
釈迦の教えに感動し、それを日本に持ち帰りました。

すなわち日本仏教の礎を作った人々は「お経」の内容を理解できたから
それを日本にも広めようとしたわけです。
しかし今日の御住職は、どうでしょう・・・
全国の御住職様を敵に回すわけではございますが
「お経」の内容を全て理解され日本語訳できる方は
いったいどれくらいいらっしゃるのでしょう。

私は、ある時に高僧と言われる方に「お経」は何故日本語訳されなかったのか?
とお聞きした事があります。
唐突な私の質問に暫く口を一文字にされて答えられた言葉が
「原語」で説くことが仏教である・・・と中途半端な答え・・・
いやいや、お釈迦様のお経は元々インド原語であり
それが中国に伝わり中国語訳されたのが現在日本でも使用されている「お経」
「原語」とおっしゃるのなら、インド原語で「お経」を唱えるべきでは?
・・・なんて流石の私も名のある高僧に言い返す事も出来ず
にんまりとほほ笑見返しただけに終わったが
残念ながら現在の御住職様の殆どが全てのお経を日本語訳できるほどの
知識は、どうもお持ちでないようだ。

御住職様でも日本語訳できない中国語の「お経」を聞いて
我々日本人は何を理解し悟れば良いのでしょう?

一般的には良く使用されている「般若心経」という「お経」を
御存知の方も多いと思いますが是非一度暇のある時に
「般若心経の意味」とネット検索し
日本語訳した「般若心経」を御覧になってみて下さい。

まさに「聖書」であるという事が理解できると思います。
そしてそれが、お釈迦様の教えである事が理解できると思います。
今でこそ実に簡単に調べる事が出来ますが
昔はそうもいきません
また大事な「お経」を中途半端な形で日本語訳してしまえば
後世に残る汚点だとして「お経」は中国語のまま
現在に伝えられたのでしょう。

さあ、もうすぐお盆です
各家庭に御住職様がお見えになり、有り難い「お経」を唱えて下さる
事でしょう・・・それらの「お経」は御先祖様の為に唱えておられる
のではなく、生きている私達に向けて唱えられているという事を理解して
有り難く「お経」を拝聴致しましょう。

北海道珍土産!?

いよいよ北海道全国大会まで20日近くとなってきました
私は久しぶりの北海道行きで連日何処を回ろうかと
準備に余念がありませんが、行きたくても行けなかった方への
御土産をちょつと変わった所から攻めて見ませんか?

北海道土産の定番といえば「白い恋人」「マルセイバターサンド」
「六花亭やロイズのチョコレート」などなどが定番
最近の流行としては「生キャラメルシリーズ」や「じゃがボックル」
などなどを誰しもが思いつく事でしょう!

これらの商品、御土産として喜ばれる事は違いありませんが
最近各地の百貨店や大手スーパーなどで開催される「北海道展」などで
簡単に買い求められるようになり希少性という部分では
随分薄い印象となりつつあります。
そして、どれしもが宣伝に力を入れているせいなのか
大きさに比べて意外とお高い・・・
これとこれと・・・と買い求め、レジで会計すれば
ウン万円・・・なんて驚い方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は私、昔から北海道大好き人間でして我家の夏の旅行と言えば
「北海道」が合言葉で過去に二十数回以上北海道旅行の経験をしています
初めて訪れた小学校時代・・・当時は計画性のない父親に
ひたすらツアー参加のみで、毎年訪れる北海道は
「またここかよ!」と思わせるほど、かぶりまくりのツアー

結婚してからは花鹿ツーリストが誇る目的別ツアーとして
北の国からコースとして富良野だけを5日間ディープに回ったり
北の動物見学コースとして旭山動物園・北キツネ牧場・丹頂鶴公園
を巡ったり、離れ島コースとして利尻礼文を回ったり
妻が大好きな松山千春コースとして足寄周辺や当人の実家を巡ったりと
何故か失礼ながら行かなかった知床だけを除き
全道ほぼくまなく周った経験のある私が
北海道民は全国流通していると思っているのに
本当は北海道限定の商品だったりするコアな商品を紹介し
北海道珍土産とされては、いかがでしょう?という本企画!

レンタカーを借られる予定があるのであれば地元スーパーにでも立ち寄れば
意外と安くかつインパクトのある北海道珍土産を購入する事が出来ます。

それでは紹介していきましょう!

カツゲン
昭和初期に帝国陸軍が北海道製酪販売組合連合会(雪印乳業の前身)へ
給水状態の劣悪な中国中央部に駐屯している軍人用に
栄養飲料の開発を依頼し
同組合が傷病兵の栄養食として中国上海で製造を開始し
その後、北海道や樺太でも製造。
カツゲンは元々「活素(かつもと)」という名前で
「活」は「勝つ」、「素」は「牛乳の素」の意味します
その後「活源(かつげん)」に名称変更され
北海道内の一般消費者向けに販売が始まり「カツゲン」という
カタカナ表記になったという歴史を持つ一品!

味は「ヤクルト」の味に近い感じですのでヤクルトが苦手な方は
ちょっと無理かもしれませんが、甘い飲料でも大丈夫と
言われる方は是非お試しあれ、上記①の横のリンクを
見て頂いてもわかるように結構色々な味が発売されていますが
今年の夏どんな味に出合えるかは行ってのお楽しみ!
小さいお子さんがいらっしゃる家庭には結構うけます。

○ガラナ飲料
ガラナは南米アマゾン河流域原産の植物で、その実にはコーヒーの
約3倍のカフェインと、カテキンが含まれているという
コーヒーの成分とお茶の成分を兼ね合わせた不思議飲料!
見た目はコーラのような感じですが味は超複雑・・・
飲まれる方によって感じも違うが「ドクターペッパー味」
と言われる方や「濃い麦茶にジンジャエールを混ぜた味」
と言われる方など本当に不思議な味・・・
はっきり言って私は×なんですが話しのネタには面白い・・・
味もキリンガラナを中心にガラナエールやガラナスカッシュなど
様々な物がありますので、何処かで見かけたら是非お試しあれ
御土産にもうけるかも・・・

・・・とここまでは飲料が中心で土産としては重い・・・
宅配で送るならば良いが結構な送料も必要なので
購入した際は、ドクトル薄木先生の店に立ち寄り
お店見学して、あつかましくも宅配をお願いすれば
安い料金で宅配できるかも(笑

そんな勇気?がない方に次は軽くて安くて大きい商品を御紹介

やきそば弁当
上記リンクを見て頂いてわかるように結構な種類があるのですが
何故に弁当?と思われた方も多いはず。
実は、この商品にはインスタント焼きそばの他に
中華スープの素が入っており
やきそばと中華スープが両方楽しめる為に弁当とネーミング
されたらしい・・・寒い北海道で暖かいスープが付いているというのも
なかなかの妙案だ!ちなみに弁当とはいえ「ごはん」は
ついていませんのであしからず・・・てか焼きそばライスは
関西人だけかな(笑

最後に紹介するのは、これもインスタントラーメンの
ダブルラーメン
しょうゆ味の他に塩味・みそ味もあり名前のように
一袋に2麺が入っている変わり物・・・
ラーメンをたくさん食べたい方や一度に二人分以上作るには
うってつけです。

以上、いかがですか?
是非お試しあれ・・・
プロフィール

花鹿男

Author:花鹿男
超個人的フラワーデザインコンテストへの思いを書き記します。
最近主旨が変わってきてますが・・・?

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
花キューピットタウン


カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブログ内検索
ドル箱
ドル箱に登録すると普段利用している楽天ショッピングやyahooオークション等、普通の利用ポイントに合わせて更にポイントが付与されお得で~す。
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。