スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内輪の話しで失礼しますm(__)m

季節はずれの台風が近付いてきておりますが
この4日間ほど全国的に非常に寒かったようですが
我が息子この寒い時期、ぴったんこに東北へ修学旅行に行っておりました。

週間予報で修学旅行中の予報が報道されるようになってびっくり!
まさにとんでもない寒い時期にさらに近畿より寒い東北に行くなんて・・・
まだまだ薄手の服しか用意していない状況でしたので
家内は冬服探しにおおわらわ
追加で衣装やらホカロンやら買いあさり
仙台の状況を牛タンさまにお聞きしたり
やっぱりダウンジャケットも待って行くべきじゃない!と言いながら
スーツケースパンパンにして海外旅行にでも行くのかい?てな感じで
木枯らし一号が吹き荒れれるなか出発したのでありました。

初日の目的地は新潟空港におり喜多方ラーメンを食べに行くと言う
高校らしいと言えば高校らしい内容???
しかし、やはりとんでもない寒さを予想していなかったのか
薄着をしている友人が多かったらしく
あまりにもの気温差に気分を害する者が続出
その中で喘息持ちだった子が気温差からくる喘息で発作を起こし
今も山形で入院中だとか・・・
奈良でポカポカ育っている者にとって
いや~東北の寒さは半端じゃないようですね。

しかし娘の修学旅行ではhanabitoさまに色々と情報を頂戴したり
今回では、牛タンさまから情報を頂戴したりと
全国に知り合いの方がいらっしゃると本当に心強いですね

何もなければ問題ないのですが、もしも・・・の時に
近くに知り合いの方がいらっしゃるというだけで
何か心強いですね!

conv0003_20101030000500.jpg

かくして本日ももわ~んと暖かい奈良に東北土産をたっぷりと
ひっさげて無事帰還致しました。
色々と情報提供頂きました牛タンさま
本当にありがとうございましたm(__)m

いつか、お子さんが修学旅行に奈良へ来られた時には
御希望とあらば御案内申し上げますので
御遠慮なく申しつけて下さいね!
てか修学旅行って十年以上先なら、こちらが爺さまになっているかも・・・

スポンサーサイト

地デジ化進んでますか?

いよいよアナログ放送終了まで、270日をきりましたが
皆さんのお宅では、地デジ化進んでますか?

ま~自分で決めりゃ~良い事を何だか無駄な投資をするような気がして
あとあとにまわしてきた我家のアンテナ地デジ化
知り合いの方に突然「もう地デジ化しました?」なんて聞いてみると
私の周りの環境では、まだまだ半々程度なんです
強気な方なんぞに聞いたら、「この不景気な世の中でアンテナ工事
テレビ・ビデオ全てを地デジ化するなんて、とんでもない話だ
きっと政府はチューナーを無料配布するか、完全地デジ化を
あきらめるはずだ!」なんて、おっしゃる方も結構いらっしゃいます。

さらに「どうせテレビなんざ、あんまり見ないしさ見たくなりゃ~
携帯のワンセグでも見るさ」なんて方もいらっしゃいます。

で我家の場合、旧来のアンテナでありながら
UHFの受信感度も高く、リビングのテレビは地デジ対応な為に
勝手にやれば~!なんて気楽に構えていたのですが
我家の爺様婆様の部屋のテレビがアナログテレビであった為
最近アナログで見ていると上下の黒帯の所に
五月蠅いほど早めに工事をしろや!とのテロップが出るらしく
金を出すから我が家のアンテナも地デジ化しようやと夏くらいに言い出し
設定やら何やらやらされるのも面倒だし
多少高くついても自費じゃないしと近所の電気屋さんに頼んだら
やはり結構な順番待ちらしく
今年は猛暑でアンテナ工事しているよりクーラー取り付け工事の方が
儲かるからとか何とか言いやがって
それでも急ぎはしないから、お願いしてあったのですが
ようやく順番が周ってきたらしく昨日当家でも地デジ化が完了しました

しかし当家には現在リビングにメインプラズマテレビ1台
夫婦の寝室・両子供部屋・両親の部屋・客間・・・などで
使う使わないを含めて合計なんと11台ものテレビがありやがる
そのうち既に6台のテレビは地デジ対応である為に特に問題ないのだが
逆に残る5台ものアナログテレビの整理が厄介である
もともと壊れた訳でもないテレビを地デジ対応テレビを購入した際に
捨てりゃ~良い物を変にもったいない精神があったり
捨てるにも処理費用が発生したりして
今まで必要なかった場所にまでテレビを置くようにした為に
アンテナを完全地デジ化しちゃうと
アナログテレビが写らなくなるじゃん!と家族から文句が・・・
人間不思議な物で元々テレビがなかった所だったのに
今更テレビがなくなると妙に寂しく感じちゃうんですよね!
それでもいくら安くなったからって
5台ものテレビを買い換えるほどの予算もないし・・・
どうせ見たとしても短時間な所ばかり・・・
どうしたものかな~
なんて困っていたら流石に町の電気屋さん!

「今付け替えた地デジアンテナにVHFアンテナもおまけして付けとくよ!
 在庫の綺麗なの余ってるし、来年廃止されりゃ~また外してやるさ!」
との言葉にのっかり、ちょいと変なアンテナ構成になってしまいました

かくして一件落着、地デジ移行完了かつアナログテレビも視聴できるという
我家の地デジ化事情・・・カウントダウンまでに残る5台のテレビを
廃止するのか買い換えるのか家族会議が続きそうだ!

皆さん地デジテレビに買い換えたらアナログテレビは
とっとと捨てちゃいましょう・・・

てか無料でチューナー貰えたり、完全地デジ化出来なかったら
使用できるわけですし、いったいどうなっちゃうんでしょうね?

フロコンに出場する意義

先週末、北は北海道でN山さんの講習会
東北では仙台にてハロウィンアレンジのコンテスト
横浜ではクイーンズカップ、大阪では大花協技能士会のフロコンと
規模の大小は様々あれど組合で知り合った方々が全国各地で
花の普及活動に携わっておられるんだな~と思うと
この業界も捨てたもんじゃないなあ~と思う今日この頃

まずは仙台でのハロウィンアレンジメントのコンテスト
こちらになんとあの情報系カリスマデザイナーがJFTD学園以来
初めて名前を出してのフロコン出品???
ハロウィンアレンジ
どうです、このアレンジメント!
素晴らしいアレンジメントだと思いません?
もともとフラワーデザインにおいても素晴らしい技術力を
持たれているにも関わらず謙遜されて、なかなかフロコンに出品されなかった
牛タン系カリスマデザイナーが満を記しての御出品!
この作品は、このお方でしか出来ないであろうというような
まさにメカニカルオンリーワンデザインざんしょ!
どうなっているんだろうと見いってしまうし
見れば見る程にその完成度に驚き
それでいて微笑ましく知らず知らずににやけてしまう
こんな思いにされた作品にかつて出会っただろうかと思う程の笑劇
いやいや衝撃!でした。

一方、クイーンズカップではabさまがブーケ部門に出品
画像勝手に拝借致しました申し訳ありません<(_ _)>
conv0001_20101025143313.jpg
これまた時間がない時間がないとおっしゃっていたのに
見事なまでののプロポーションと引き算の美学!
上海遠征をされた強みを最大限に発揮され
「アジアンビューティー」を見事に表現されています
この作品で見事ファイナリストとなられ
ファイナルでは同点の一位、おしくもデザインポイントで優劣がつけられ
二位にはなられたそうですが、是非ともファイナルのブーケ作品も
見てみたいものですね。

さて、そんな全国各地で開催されているフロコンを掛け持ち参加されていた
御夫妻を御存知でしょうか?
22日にクイーズカップにブーケを出品され、
23日には大花協技能士会のフロコンに出品、
大花協技能士会フロコンでも入賞、クイーズカップではファイナリスト
として24日にファイナル出場!
conv0002_20101025143321.jpg
↑こちら赤いバラの花びらでドレスを作られた作品が奥様の作品で
後ろのハート型に葉を貼りつけられた作品が御主人様の作品
クイーンズカップでファイナリストになられたのは奥様で
予選に出品された作品は、どのような物なのかは判りませんが
この御夫妻の作品の作り込みというか情熱は
どこから出てくるのだろうかと毎回関心させられます。

この御夫妻、ほんとフロコンというフロコンに惜しみもなく出品されており
それなりの戦績をはたされておられます
フラワーマスターズやJALカップ等は初回から連続出場!
今年のマスターズでは、御主人さまがファイナリストでした。
残念ながら当組合の組合員ではないのですが
確か大阪で花店を経営されており、嫌みのない気さくで仲のの良い方々で
まさに夫婦としての理想像とも言えます。

とはいえ夫婦揃っての参加には、それなりの出品料も必要ですし
作品に対する拘りもある為に花材・資材の費用もバカになりません
それなのに夫婦揃っての連続出場に初めは「どこか一つに絞り込めば?」
なんて思った事もありますが、近頃のフロコン参加者低下を見ていると
主催側から見れば毎回御夫婦の連続出場は、有難いものです。

私自身フロコンに連続出場している頃にフロコンには縁のない方に
「フロコンにはバカが参加する、あれはマスターベーションのような物だ」
なんて言われた事があります
確かにジャパンカップ一つだけに参加していても
予選から本選までにどれくらいの費用がかかったのか
花材・資材だけでなく旅費や食費などもひっくるめて
それを出場した分だけかけていくといったいどれくらいの金額になるのか?
たった一つのコンテストに集中しているだけでも
それは結構な金額になります。
「それであなたに何が残ったの?」と問われても明確に答えられる方って
どれくらいいらっしゃるのでしょうか?
「たくさんのフロコン仲間が出来た」「勉強になった」
これだけで良いのでしょうか?

一度だけ、この御夫妻と束の間の会話をさせて頂いたのですが
御夫妻は、花で商売させて頂く間は常に勉強の毎日であり
夫婦切磋琢磨してフロコンに参加する事は、苦痛でもなんでもなく
毎回楽しんで参加させて頂いているとおっしゃっていました。

この御夫婦こそが正に花の伝道師であり
全国に花の普及活動をされているのではないかと思い
フロコンに出場する事の意義を改めて考えさせられました。

大花協技能士会 フラワーデザインコンテスト

第15回目となる大花協技能士会 フラワーデザインコンテストに
今年もお招き頂き、審査を担当させて頂きました。

今年の課題は「ウエディング ウエルカムボード」という
今までに見た事も聞いた事もないような課題!
規定は
・幅80cm×奥行き80cm×高さ170cm
・生花を主としたアレンジメント
・実際にウエルカムボートして使用できることを前提とした作品
 ウエディングの文字や○○さんと○○さんのように明らかに
 ウエディングウエルカムボードだと判断できる文字を入れること
・サブテーマは不要
・イーゼルは指定の物を使用すること
 (イーゼルの加工は可能)
・移動可能なもの
「ウエディング ウエルカムボート」なんて
ウエディングの仕事をしていなければ花屋でも普段から
あまり作るものでもありませんし、技能士で花屋でもなかったら
なかなかピ~ンと来ないものですから
どんな作品が集まるのか、皆良く似た物になるのではないかと
審査は、どんな所を基準として行おうかと
色々と考えながらも会場に到着しましたが
conv0001_20101023164206.jpg
見て見るとびっくり!
よくもこんなに色々な発想があるものだと関心してしまいました

審査項目は、実用性(商品性)10点
デザイン、テクニック10点・テーマ性10点の30点満点!
今回は特にデザインよりも即実践出来て売れるような物を
高評価頂きたいと主催者側より御依頼を受けての審査となりました

審査に入ると・・・う~ん難しい・・・
どれもこれも趣向が凝らされており、甲乙つけにくい・・・
でも実用性・即戦力となるとあまり手が込み過ぎているのも
実用的ではないし、花をたくさん使用するのも
対価格の事を考えれば即戦力は難しい・・・
そのような思いの中でウエデイングに相応しい物を選ばせて頂きました
結果は・・・
第一位
conv0004_20101023164224.jpg
ウエルカムボートとしは?という感じでしたので
自分的には全体で3位くらいの評価でしたが
ウエディングを意識した変化球のウエルカムボートと考えると
なかなかの物です。
上の方の花は簡単に挿し換えできねような量ですし
散りばめてあるデンファレもグラスチューブに茎から切って
挿してあり少ない花材で効果的にウエディングを意識できる所が
審査員全員の高評価を獲得したのでしょう

第二位
conv0007_20101023164237.jpg
実用性・テクニック・即戦力・・・どこをとっても
一番の作品でしたね!
最初私的には、一位の作品であったのですが
何か訴えてくる物がないんですよね
私が、いつも思っているマジックが表現されていないからなのか
ボード・イーゼルの色合いが黒というのもウエディングとしての
テーマ性があるのか?という自問自答の部分があり
ほんの少しだけ、その部分の点数が低めとなりました
しかし引き算の美学と申しましょうか
合理的な作品といいましょうか
それぞれのお花が活き活きとして表現できていましたし
全作品の中で一番花材が少ないのに光ってましたよ!

第三位
conv0015_20101023164316.jpg
最初は、なんとなく通り過ぎた作品でしたが
よく見ると色々な部分に興味が出てきてウエルカムボードとしては
これまたかなり変化球ですが私的には、一位の作品だったような・・・
welcomeの文字は、あるけれどウエディングの文字がない・・・
これは規定批判か・・・と作品に近付くと
conv0016_20101023164327.jpg
なんという事でしょう・・・
鏡にHappy Weddingの文字が・・・こういう遊び心っていうか
マジックが好きな私、得点がグイっと上がっちゃいました
審査終わりに他の審査員に気付きましたか?とお聞きしたところ
誰も気づいておらませんでした・・・
これが作品作りの難しい部分でもあるんですよね

その他にも気になる作品は、たくさんありました
conv0012_20101023164247.jpg
これも実用的だし上手く仕上がってましたが
バックのレンガ柄の貼りつけが安っぽくみえちゃいましたね
ジャパンカップの時みたいにしっくいにするとか
ちよっとした作り込みが欲しかったな

conv0013_20101023164258.jpg
これも綺麗に仕上がってましたが、カガミの使い過ぎと言うか
カガミばかりが目立って花が見えてこなかった・・・
木の皮を貼り付けた部分にLOVEの文字を入れたり
拘りの部分は随所にみうけられたのですが全てがカガミに負けてしまった
という感じかな、カガミ減らしてタイルを入れたりした方が
それぞれが映えたかもしれませんね

conv0003_20101023164215.jpg
これは、見て笑ってしまった・・・と同時に作者も判ったりして
審査がやりにくかったのですがアイデアはピカイチですね
でも毎度の事ながら見れば見るほど雑な所が見えてきて
やはり一夜漬けで入賞したら、手間暇かけている方々に失礼っしょ!

・・・と今回も偉そうな事をたくさん書いてしまいましたが
あくまでも私見ですので、御容赦下さいませm(__)m

まだまだ素敵な作品は、たくさんたくさんありましたが
紹介しきれないのが残念!
面白い課題に毎回こちらの方が勉強させて頂いています

大花協技能士会の役員の皆様方
お呼び頂き本当にありがとうございましたm(__)m

奈良にも秋が・・・

今年の気候は異常続きで、台風等で大雨にも慣れておられるであろう
奄美大島でも今大変な事になっているようですが
被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、こちら奈良でも今年は異常な暑さで先週まで真夏日を記録して
おりましたが、今週に入り随分秋めいてまいりしました。

ちょっと御紹介が遅くなりましたが毎年お彼岸にぴったりと合わせて咲く
彼岸花も今年は一週間以上遅れての開花となり
久しぶりに明日香で彼岸花を撮影することが出来ました

ここからは、ちょっとみらいさま風で・・・

conv0005_20101021134633.jpg

段々畑に咲く彼岸花の見頃は、極めて短い期間ですが
春の桜と同様に秋を華やかに演出してくれます

conv0002_20101021151754.jpg

蝶も夏を惜しむように花の蜜にむさぼりつきます

そして秋は、さらに進み今年は台風や大雨の影響が全く無かった為
秋の桜「コスモス」が今盛んに互いの美しさを競いあいます

conv0011_20101021134720.jpg

こんなにたくさんの花が、しっかりと咲きほこれるのも
夏の辛さをじっと我慢してきたからだろう

conv0009_20101021134702.jpg

ここは世界遺産にも登録された法隆寺とその周辺景観の中の法起寺
聖徳太子さまも微笑ましく見ておられるのでしょう

最近めっきり苦手となった夏も過ぎ
秋の訪れにノスタルジックな花鹿男でした~!?

奈良支部 秋の講習会 最終回

最終回は、やっぱり「お花と食べよう」って事にしようかと思って
おりましたが、これを紹介するのも如何な物かという意見も
耳に入って来たりして・・・ちょいと方向転換
conv0005_20101019144518.jpgconv0004_20101019144506.jpgconv0003_20101019144457.jpgconv0002_20101019144449.jpg

conv0001_20101019144440.jpg

このお花、N山先生の提案で先生が講習会で使用される全ての花材選択
を終わられた後に残りの花材を利用して
さらに昼ご飯に食べた釜めしの容器を使用して指導部全員で
ウエルカムフラワーを作りましょう!って事で
暗闇の中、それぞれが好きな種類の花材を手に取り
もっと花材は最後までに使い切るというスタイルで作成しました
ちなみに私は一番最初という事で枝物だけを担当した為に
すんごく適当に挿したので、後がどうなるか心配していましたが
翌朝出来栄えを改めて見ると
なかなか上手く出来ているではありませんか!
まっN山先生の作品と比べれば貧弱な作品ですが
リレーで作成したとは思えないくらいの出来栄えだと思いません?
「以心伝心」と申しましょうか、それぞれの花材が適所に配置され
無難にまとまっています。
のの頃は既に指導部員も疲れてきていた頃なのに
やはり花を持たせれば、たいした物ですよね。
我支部の指導部も捨てたもんじゃないと関心関心

さて、今回N山先生から勉強になるお話しをたくさん
聞かせて頂いたのですが、最終回ですので特別に
お聞かせ頂いたお話し中で興味深い話しを一つだけ紹介
させて頂くことに致しましょう。
よく我々は物理的でない、オカルト的な意味合いで「波動」という
言葉を使用しますが、N山先生からこれに関する説明をお聞きしました

全ての物質、いや物質でない物からも発せられてているという波動で
人が心地よいと判断する値は「0」であり
植物の中で唯一「0」の波動を発するのが「竹」であるという話し!
日本文化のあらゆるところに竹は使用されています。
華道では二重切りなど器として利用されている事は、有名ですが
茶道でも茶杓・茶筅・柄杓など通常竹であり
剣道の竹刀に使われているのも当然「竹」
日本家屋にも竹は、大事な部分で、たくさん使用されていますし
それが何故「竹」である必要があったのか・・・
「竹」自体が加工しやすい物で安価で手に入れる事が
出来るという意味合いもあるのだろうが
それだけなら他にも素材は色々と考えられます
しかし知らず知らずの間に人間は、竹の発する波動に
心地よさを感じ、精神修行の場や心安らぐ場所に竹を使用
してきたというお話し!

いやはや納得ですよね!
竹林に入ると何とも心地よい気分にしたれるのも
こういった現象があるからなのでしょう。

皆さんも嫌な事があったら、竹林に行ってみませんか???

奈良支部 秋の講習会 観光編

今回N山先生からのお申し出で車にて御来県頂いたのですが
まさに準備当日は東名集中工事とバッティングしてしまい
大変御迷惑をおかけてしてしまったのですが
午後二時くらいには会場入りして頂き、休む暇もなく準備に
あたって頂きました。

conv0003_20101017132106.jpg
御自身の道具箱をあけて細かい作業に没頭されるN山氏
老眼鏡なしでも手さばきは早く流石です

conv0001_20101017132043.jpg
こちら理数系グループは、細かいベースの組み立てを
実験のようだ~なんて申しながら作業を進めています

conv0002_20101017132053.jpg
綺麗する作業は私達に任せなさ~い!と熱心に作業する
美熟女コンビ+おっさん!

conv0004_20101017132118.jpg
こちらも超細かな作業・・・二人がかりで・・・いやいや段々人も
増えながらも4時間以上集中する作業・・・おつかれっした!

それでも何とか18時半には全ての作業を終え夕食の後には
奈良支部名物ナイトツアーの開始です
conv0005_20101017132129.jpg
今回はナイトツアーの効率を上げる為に夕食の会場を薬師寺近くにし
最初にこちらの夜景を・・・しかしN山氏がこの風景を見るなり
「あっあの辺にいてるよねえ~!」とぽつり
そうですN山氏にも見えるんです
氏曰く特に海外系の霊にも強くイエス・キリストの霊も感じだとか・・・
植物の植生をしっかりと研究している間に植物の持っている波動を感じ
それは霊の世界にも繋がったとか・・・
いきなり興味深いお話しの連発です。

ナイトツアーは、御案内する方の体調も見極めながらの御案内となる為に
朝から、渋滞・準備とお疲れ気味だと判断し早々に切り上げ
ホテルへ御案内致しました。

翌日、講習会は午後1時30分開始予定ですので、午前中は
今回のメインイベント平城遷都1300年祭への御案内です。
朝8時30分にはホテルにお迎えにあがり、会場へ・・・
当支部は、小口ではありますが遷都祭のスポンサーでもあり
お花関係で色々と協力をしている為にダメ元で支部への御客様をVIP扱い
して頂けないかと協会にお願いした所、特別に許可がおりて
スペシャルVIPサービスで、御案内に県職員も付いて下さるという高待遇!
conv0006_20101017151102.jpg
まずは遷都祭オープニングイベント衛士隊の交代式の再現を見学です
conv0007_20101017151115.jpg
雅な再現にN山氏も熱心に御見学
conv0008_20101017151124.jpg
背景には800メートル先にある大極殿も見えて
1300年前にタイムトリップしたかのような幻想にしたります。

お次は、人気パビリオン平城歴史館と遣唐使船の見学です
この日も早朝から整理券を貰わないと入場できない状態でしたが
VIPサービスにて横から入場
conv0009_20101017151134.jpg
平城京が、どのようにして完成し発展していったかを御勉強!
そして、お次は実寸大に再現された遣唐使船を見学
conv0010_20101017151144.jpg
こんな帆じゃ風で簡単に飛ばされちゃったんでしょうね
conv0011_20101017151203.jpg
遣唐使船の前でハイポーズ!
こんな小さい船に150人近い人が乗り込み中国を目指したのですから
昔の人って勇気があるというか無謀というか・・・
この頃の日本は中国に学ばなければならない事がたくさんあったのに
今は、すっかり逆転しているような・・・

最後に協会車に先導されて800メートル先の大極殿へ車で移動!
conv0012_20101017151215.jpg
こちらでもハイポーズ!
協会のお付きが写真撮りましょう!と何回もおっしゃって下さるもので・・・
・・・ていうか私自身のブログにこんなに私自身が出てくるのも
初めてじゃないかな?
conv0013_20101017151234.jpg conv0014_20101017151258.jpg
大極殿の中味もしっかりと拝見して観光プログラム終了!

ちょいと早目のランチを食べて頂き、講習会会場へと進んだのでありました!

奈良支部 秋の講習会 講習会編

秋の研修会が各支部で開催されている今日この頃ですが
当支部では研修会前に毎年恒例の講習会!

昨年は、IT講習会として高橋先生をお迎えし
その前年は水揚げ講習会として薄木先生をお迎えするという
内容の濃ゆい当支部講習会、今年は是非ともワールドカップファイナリスト
中山先生をお迎えしないと・・・という事で
ワールドカップ終了後なら予約殺到にもなりかねないと
昨年の今頃から熱望申し上げ
この季節感も良い日に当支部へお迎えする事ができました。

観光編・お花と食べよう編は、次回ブログの記事とさせて頂き
まずは皆さま、お待ちのかねの講習会編です。

今年は、まさに平城遷都1300年祭開催中の奈良ですし
せっかく中山氏をお迎え出来る事となりましたので
場所も普通の所じゃ、つまらないという事で
ぴ~んと思い浮かんだのが、興福寺の子院として建設された
桃山時代に作られたという旧世尊院という会場です。

conv0002_20101015165500.jpg

受付では、当支部看板おばさん娘が笑顔でお迎えです
そして今年は会場自体が飲食厳禁の為に
こぼしても影響の少ないひょうたんから水という
奈良県は天川村のゴロゴロ水というミネラルウオーターが
ひょうたん型のペットボトルに入った物を出席者に配布しました!

参加者の皆様方にも大変好評でして、私の本当のもくろみであった
ゴミの減量策も成功、カラになったペットボトルも皆さん
会場に捨てることなく持ち帰って頂く事が出来ました。

conv0004_20101015165441.jpg

中山先生の熱な入った言葉の連続に参加者は、
ただただ聞き入るばかり・・・
いや~本当に良い勉強となりました
ここでは参加された方の為にも詳しく書く事は致しませんが
目からウロコの連続でした
まだまだ私自身も勉強不足であり
向上心が無さ過ぎる事を改めて知る事が出来ました

では、一部ではございますが作品の御紹介を・・・
conv0005_20101015165430.jpg

conv0003_20101015165451.jpg

conv0006_20101015165420.jpg

あらかじめ中山先生には会場の雰囲気をお伝えしていたのですが
いや~本当に会場をいかした素晴らしい作品を次々と作って頂けました!

展示スペースも当日御案内したにも関わらず
この作品は、ここに!あの作品は、ここに!と御指示頂き
それぞれの場所に展示するが為に作って頂いたような作品に
参加者も心が奪われるような思いでした。

講習会終了後、一時間程度展示していたのですが
その場所から作品を撤去してしまうが侘びしい思いもありました。

中山先生、心打つ作品の数々をありがとうございました<(_ _)>

次回は観光編を!

大の月小の月

「西向く侍、小の月」なんて覚え方をした大の月と小の月の区別
どうせなら偶数月は小の月、奇数月は大の月に何故しなかったのか
不思議だと思った事はありませんか?
これ、ある御方のワガママで決まったという話し・・・

今日は、世界史の分野にまで入っちゃうぞ!
農耕を生活の中心としていた古代の人々にとって
季節の周期を知ることはとても重要なことでした。

古代ローマでは、ひと月と1年の組み合わせにこだわった
1年が355日の太陰太陽暦(ローマ暦)が使われていました。
つまり、季節が一巡りするには、月の満ち欠け(新月~満月~新月)の
周期29.53日を12回繰り返すと、ほぼもとの季節に戻るため
これを1年としていたのです。
29.53日×12カ月=354.36日(切り上げて355日で1年)
このため、実際の1年とでは10日あまりのズレが生じてしまいます。
そこで、暦と季節の移り変わりを一致させようと努力しましたが
だれも妙案を考えることができませんでした。

この難問を解決したのが、ジュリアス・シーザーです。
エジプトでは、ナイル川が氾濫する時期を知るために
長年にわたり天体の観測がおこなわれてきました。
その結果、明け方太陽が昇る直前、東の空にシリウス星が輝きだす頃
きまってナイル川が増水することを見つけます。
そして、このシリウス星が姿をあらわす周期が365.25日だということから
1年を365日とする暦が使われていたのです。

シーザーは、エジプトから天文学者のソシゲネスを招いて改暦を行います。
その内容は「1年を12カ月365日とし、余りについては、
4年ごとに1日の閏日を挿入する」というものでした。

旧来のローマ暦では、年始(お正月)は3月で、2月が年末でした。
シーザーはこのローマ暦の月の順番だけは尊重し
3月から順に31日,30日,31日,・・・と交互に繰り返していき
最後の2月を29日、閏年の時は30日にすると決めます。
そして、年始を1月にするとともに
自分の誕生月の7月をユリウス(英語でジュライ)と改名しました。
ここにローマ歴とエジプト歴がひとつになり
世界で初めて法令で閏年を規定したユリウス歴の誕生です。
紀元前45年のことでした。
ちなみに私達が使用している英語の9月セプテンバーは、7(セブン)
の変形で7月の事であり、10月オクトーバーは8月の事
11月ノーベンバーは9月を表す意味なのも年始を2か月動かした
シーザーの自分勝手から起こった事なのです。

このユリウス歴に手を加えたのが
シーザー暗殺後にローマ帝国初代皇帝となったアウグストウスです。
「7月がシーザーの月なら、8月は私の月だ」と
8月をアウグストゥス(英語でオーガスト)に改めます。
そして、自分の月が「小の月」なのを嫌い8月を31日にして
その分2月を1日減らして28日としました。
この結果、7月・8月と「大の月」が続くので、
9月から12月までの大・小の順番を入れ替え
現在のような月々の日数になったのです。
これまた随分、自分勝手な話しですよね~
以来、ユリウス歴は1600年以上も使われてきました。

ところが1600年の間に、実際の季節と暦が徐々にズレていき
16世紀末にはその差が10日あまりにも達してしまいました。
そこで1582年、時のローマ教皇・グレゴリウス13世によって
改暦が行われます。
それは「西暦年が4で割り切れる年を閏年とする。
ただし、西暦年が100で割り切れる年の中で、
400で割り切れない年は平年とする」と決めたのです。
つまり、西暦1600年(西暦2000年)は閏年でしたが
1700年,1800年,1900年は閏年ではありませんでした。
これが、現在私たちが使っているグレゴリオ歴です。

このグレゴリオ歴を日本での採用したのは、明治6年1873年
明治5年は12月2日までで12月3日は明治6年1月1日になりました。

さて、いよいよ本日から明日の講習会に向けて準備の開始です
その為、2日後の更新は、お休みさせて頂きます。
次回更新まで、お楽しみに!

引き継ぎの難しさ

秋は様々な行事が目白押しで、商売とは直接繋がらない部分でも
忙しい日々が続きます。
当然、組合支部行事も次々と続くわけですが最近引き継ぎの難しさを
感じる今日この頃・・・

昨年までは、支部の中で指導部統括兼支部情報化委員という
随分厳めしい役職を拝命していたわけですが
今期より支部情報化委員兼支部幹事という役職についた為に
様々な業務を出来るだけ自分でやらず
引き継ぎをはかっているのですが
どうしても自分と担当者の間に価値観のギャップがあるのか
それが上手くいっていないような気がしてしょうがない・・・

とかく支部行事などに関しては、ボランティア活動的な物であり
自店の仕事をおいてでも参加しなければならない事が多い
1つ1つの行事にしてもある程度事前に計画し準備できる事があるのであれば
店が暇な時期や時間帯にそれらを少しでも片付けておけば
ギリギリになって焦るような必要などないと考えられるので
大きな行事の場合は、出来るだけ早く役割分担を決め
それぞれが責任をもって与えられた職務を全うして頂けるよう心がけています

いよいよ間近に迫って来た今回の講習会もある程度の計画は
お盆明けには完成し、レシピを渡しているのですが
一昨日、念の為にと尋ねたら、ある部分が完全に抜けていた

何故抜けているのか?と問い続けると
「今日は忙しいから、それどごろではない
明日には、ちゃんとやるから・・・」と言いわけ・・・

あの~一カ月半も前にその事は、お願いしているはずなのに・・・
今忙しいのは皆同じであり、だからこそ早目に出来る事は
やっておくべきじゃない?と思うのですが

また別の担当者に半年も前にお願いしていた事が
一昨日前に確認したら、これもまた、まだやっていない・・・
どうやら彼らは、ギリギリにならないと出来ないようである

こうなると始めから自分で全ての段取りをしていた方が
どんなに気が楽になるのかと思うのであるが
こればかりは、いつまでも自分ばかりがやるべき事でもない

ただ、それだからといって私がいなければ何も出来ないのかというと
決してそうではなく、それなりに物事は進んでいくだろう

そう考えると私は、ただ単にプロセスを重んじているだけなのであろうか?
細かい事を気にし過ぎているだけなのか?
私のやっている事は、取り越し苦労であり無駄な事なのか?
・・・などと考え込んでしまう

当然、注意された方も気分が悪いだろうが
注意する方も気が重いということを考えて頂きたいな!

・・・とここまで愚痴を書いていたら
今しがた、その一人からメールが届き、全部完了とのこと・・・
まるで、この記事を書いているのが見えたかな?

アップするのを止めようかとも思ったけど今更違う記事を書けないし
え~いアップしちゃえ!

う~ん、またもや愚痴ブログになってしまった・・・(ー_ー)!!

平城遷都1300年祭ファイナル

いよいよ本日から平城遷都1300年祭のファイナルステージ
平城京フェアが開催されます。

その為に昨日は「平城遷都1300年記念祝典」が平城宮跡であり
天皇、皇后両陛下と奈良県知事ら政財界から
約1700人が出席されました。
祝典は、天平衣装を着た文官や武官ら約150人による「歓迎の舞」で開幕
狂言師の野村万蔵さんが演じる藤原不比等が、
続日本紀に書かれた708年の「遷都の詔」を読み上げ
平城京誕生を演出したり、市村正親さんのミュージカルがあったりと
盛大に開催された様子ですが
その間、一般ピーポーは締め出しという感じで
何の為の祝典なのやら・・・
私は祝典前日、天皇・皇后両陛下が御休憩される貴賓室へ
お花の納品に行っていた為にリハーサルの様子をちょこっとだけ
見させて頂いたのですが、なかなか面白い感じ・・・
これは、あくまでも祝典用の催しである為に
せめて一般公開の日も作ってくれたらな~なんて思うのは
庶民根性なんでしょうかね?

そうそう貴賓室にお届けしたお花は
conv0004_20101008164924.jpg
こんな感じ・・・ノーマルなスタイルですが
華美でなく香りのない物で・・・との指定もございますし
それなりに季節感を出すとこのような感じとなりました
実際には、もっと立体的にいけたのですが
写真撮るとどうしてもベタっとした感じになっちゃいますね
まだまだ修行が足りないという事で・・・

今回、天皇・皇后両陛下は奈良に3日間滞在されるのですが
それはそれは、ものものしい警戒態勢と申しましょうか
お通りになられる場所は次々と交通規制がかかります
私が奈良に配達に出かけた時もちょうど両陛下が近鉄奈良駅に
到着される寸前でした。
conv0002_20101008170712.jpg
既にこの辺には常時ある違法駐車も片付けられており
左側にずらりと10台ほど並ぶ車列がお迎えの車であり
右側には日の丸の旗を持った一般ピーポー達が
通過されるのを待たれています。

御宿泊は、10月初めに食中毒騒ぎを起こした奈良ホテル・・・
きわきわでの大失態に宿泊先変更も出来ず宿泊されるのですが
それはそれは厳重な消毒を館内にほどこされたとか・・・、
ですのでN山さまも御安心して宿泊下さいね。
こちらも先程デッサンを送って頂き
どれもこれも和風空間にあった素晴らしい作品を作って頂けそうで
とても素敵なデモンストレーションになりそうです。
参加される方は、お楽しみに!

とんでもない化け物

世間では「鹿男」の話しで盛り上がっておりますが
ええ、私の本当の姿さ!
普段は、おっさんの着ぐるみまとっているだけなのさ~
脱げば凄いんだぜ~・・・・なんてね!
まっとんでもない化け物が出てきたので、こちらも今年最後の
ホラーshow!

こちらのブログでも記事化させて頂いた「支部総会」でのお話し・・・
ブログ記事では大変楽しいリゾート地での休養のような感じで
書いていたのですが、これがまた大変な事が起きていたんです。

実際のホテル名を掲載すると営業妨害にもなりかねませんので
差し控えさせて頂きますが、初めてのお泊まり支部総会
総会開始前にリクレーションも楽しめるという事で
チェックイン開始前お昼過ぎにホテルへ到着したのですが
奈良支部支部員が全員宿泊するということで
4階のワンウイング貸切という状態
さらに人数が多い宿泊なのでスイートルームをサービスで2部屋
付けて頂けるという高待遇!
部屋は既に清掃済みという事で、直ぐにでもチェックインしても良い
と言われたので「誰が何処の部屋にに宿泊するのか決まっているのですか?」
とお聞きすると「支部長さまが既に決められております」との返事!

ならば部屋にてスポーツウェアに着替えようと連れと一緒に
部屋のキーを貰ってエレベーターに乗り込み
4階のボタンを押すと、その手から頭の先にまで電流が走ったかのような
痛みがビリビリとはしると同時に頭痛が・・・
これはまずい所へ来てしまったと後悔するも後の始末
エレベーターからフロアに降りるときっと・・・と思っていたが
フロア全体には嫌な雰囲気はなかった
あらら、エレベーターのボタンにでも静電気がはしっていたのか?
とちょっとした安堵の気持ちを持ちながら
預かった部屋へ向かうことに・・・
部屋番号をおっていくとずんずん一番奥の部屋に向かっていく・・・
何故か判らないがホテルに霊が宿りやすいのは
一番奥の部屋が多い為にそれだけは避けて欲しかったのですが
嫌な予感は的中するもので、一番奥がスイートルームでもあり
私の部屋であった。

まっ、フロア自体に問題はないし一番奥の部屋でも問題ないだろうと
キーを挿しこむと・・・ふたたび手に嫌な雰囲気が・・・
やっぱり問題ありか・・・と思いながらも部屋に入ると
完全に悪寒がはしり何故か身体に震えまで感じだした
これはこの部屋で宿泊するなんてとんでもない事だと
さっさとスポーツウエアに着替え、いつでも部屋をチェンジできるよう
備品などには手をつけず荷物もまとめて持ちだした・・・

なんとかせねばという思いは、悪事を思いたたせ
一緒に行ったE君に広い部屋だから部屋チェンジしてくれない?
となかば強制的にチェンジに応じて貰った
でも一人では申し訳ないと広いからF君も一緒に泊まったら?との進言に
これも二つ返事!
ためしに二人に荷物を置いてきたら・・・とすすめたが
しばらくして「すんごい広い部屋でいいですね~」という二人
この二人なら、どうやら感じないようだと安心したものの
やっぱり、その霊が悪霊でないか確認したいとの思いで
夜間その部屋に再び訪れた!

部屋に入るも相変わらず良い感じがしないのだが
どうしても確認したいとの思いから、リビングルームに腰かけ
会話を交わしていたら・・・ドスン ドスン ドスンと
ドアを叩くような鈍い音が聞こえたと思ったら
おびただしい数の白装束の霊が次々とドアを通過し
部屋に入りこんでくる・・・
しかし次々と入り込んでくる霊達は、こちらの方を見ようともせず
ただただひたすら前を向き、そのまま反対側の窓へと抜けて行く・・・
いったいどれくらいの数の霊が通り過ぎたであろうか
今までに見た事のない大量さでは、あったのだが
嫌な雰囲気は感じとれない
あくまでも通り道かのような動きであったし
通り過ぎて行く間も代わりに泊まってもらうことになった二人は
何も感じないようであったので、悪影響は与えないだろうという判断にて
部屋を後にした・・・

部屋を出て全体の雰囲気を感じながらフロアを歩いていると
どうやら片側の方の客室にだけ嫌な感じが感じとれた・・・

私がチェンジして貰った部屋は、それらと反対側であり
部屋に入ったても何も感じなかった為に悪い事をしたかなと
思いながらも睡眠についてしまった。

翌朝、嫌な雰囲気を感じた部屋側に宿泊した方々が
変な音が鳴った。起きたらベットの位置がずれていた。
一睡も出来なかった・・・などなど次々に支部員が訴えます

どうやらワンウイングの片側だけが霊の通り道になっていたようです。

内容が良ければ続けて支部総会をこちらで・・・とも考えていましたが
支部長にこれらをお話しし二度と使わないことに決まったのでありました。

追伸:部屋チェンジして貰った二人は、ドアがリビング側にあり
   寝室とは離れていたので、何もなかったとの事でした~
   ごめんなさいm(__)m

数珠の話し

あちらこちらのブログでホラーshowが繰り広げられ
その中で数珠をしていると悪霊から身を守られるかのような話しが
ございましたので、今日は数珠についてウンチクを・・・

数珠(じゅず、ずず)は穴が貫通した多くの珠に糸の束を通し輪にした法具
であり、仏を念ずる時に用いる珠との意味から「念珠」(ねんじゅ)とも
呼ばれています。
さらに字の前後を入れ替えて「珠数」と書く場合もあります。

数珠は、インドのヒンドゥー教、あるいはその前身のバラモン教においても
使われており、この数珠のことを「ジャパマーラー」(念誦の輪という意味)
といいます。また、念誦とは心の中で仏様に祈りを
伝えることを意味します。
この「ジャパマーラー」を見たローマ人が
その名前を「ジャパーマーラー」と聞き誤り、「ー」ひとつ入った為
その意味が「バラの輪」となってしまいました。
さらに、「ジャパーマーラー」をラテン語訳して「ロザリウム」
ポルトガル語訳して「ロザリオ」となり
キリスト教の数珠のことを一般に「ロザリオ」というのはそのためです。

このように数珠は長い歴史と使用される宗教により
様々な形態を作って来た為に本来は、自らが信仰する宗教の数珠を
持つ事が一般的と言われています。

また宗派により作法も様々であり、数珠を手の中で音を鳴らして
擦り合わせるのは浄土宗が中心であり、浄土真宗では数珠で音を立てる事を
禁止されています、お通夜や葬儀の際には気をつけて下さいね。
お通夜や葬儀で数珠を使用される際は、けがれていると言われる左手
または左手首に通して、静かに合掌を致しましょう。
間違っても右手に通さないようにね!

さて、このように様々な宗教で様々な数珠が使用されるようになり
その色合いなどから最近では腕輪念珠(腕珠)と呼ばれる
数珠を小型化し中糸をゴムなどにして腕に着けられるようにした
ブレスレット的な数珠が増えてきました
ただし腕輪念珠は、数珠本来の用途に用いるには大きさに無理があり
数珠の基本数である最大108珠(除夜の鐘で有名な煩悩の数)
108珠の半数の「54珠」三分一の「36珠」、四分の一の「27珠」
六分の一の「18珠」(宗派により若干違う場合もある)で
形成されていない物まで見かけるようになりました。
こうなるともう数珠本来の意味合いをなしていないと言って
良いでしょう。

また、ブレスレット的感覚から腕輪念珠をアクセサリー入れに
他のアクセサリーと同様に放りこみ
様々な色合いの物を服装に合わせて使用するなど
数珠本来の意味を逸脱した使用を繰り返していると
数珠のパワーは完全に消失し、石の種類によっては悪い霊を
引き込んでしまう場合もあります。
数珠を使用しない場合は、数珠入れに収納し仏壇の引き出し
または、清浄な高い場所に保管致しましょう
入浴などの際に一時的に外す際も綺麗なハンカチを用意し
その上に置くように致しましょう。
パワーストーン類についても同様であり
このように扱う事により最大限のパワーを発揮致します。

さて多少なりとも霊探知能力を持ち合わせている方は
自身の守護の為にも腕輪念珠をされている場合が多いです
しかし私は現在全く使用しておりません
実は以前使用していた事もあるのですが
付けて3日も経たないうちにブチッと切れてしまうんです
最初は仏具店などで一番強固な糸などに交換して貰ったりしたのですが
これまた簡単に切れちゃうんですね。
決して腕が太いから、とかではありませんので・・・
で、珠は綺麗にふいて数珠入れに入れて保管しているのですが
近所の薬師寺に初詣に行ったおり
とてもパワーを感じる腕輪念珠を見つけた為に思わず購入しようと
したのですが、その腕輪念珠を取ろうとしたん途端
突然右手にしびれを感じ、上の方から「必要ない」と聞こえたように
感じました。
きっと腕輪念珠が何回も切れたのも私をお守り下さる仏様が
必要ないと判断されたのではないかと腕輪念珠をする事を止めました

前記事に書いたエレベーターの中で突然電話をしようとした動作のように
私が危険な状態にさらされる場合、後で考えると何故そのような行動を
起こしたのか理解できない場合があり、これは守護して下さる仏様の
お力なのだと考え、普段から心をこめて御先祖さまや仏様に
礼拝するようにこころがけている次第です。

山本病院

本家FLUCTUAT NEC MERGITURさんで連日ホラーshowが
繰り広げられておりますすので、当方も調子にのってホラーshowを・・・

全国的なニュースにて、診療報酬を稼ぐために不要な治療や検査を繰り返し
診療報酬の不正請求を繰り返していたり
患者らを騙し、不要な手術を行うことを承諾させて手術代を騙し取り
さらに不適切な手術と処置により患者を死亡させた事で有名な山本病院!
記憶に新しい方も多いのでは、ないでしょうか?

その病院は、当市の一番端っこにあり山本病院と名乗るようになるまでは
大和脳外科病院という名でスタートした病院でした。
開院当時から御祝の花を届けさせて頂いたり
そこで勤務されていた看護師に友人がおり
病院で使用される花などを御注文頂いていたのですが
突然バッタリと注文が来なくなり
何か当方にて不手際でもあったのかと不安に思っていたのですが
別件で近くに配達にいったおり
病院名が突然変わった事に気づき、あ~経営者が変わったのか~・・・と
変に納得しておりました。

この仕事をしていると市内各所にある病院にお見舞いのお花を届ける
事も多く、山本病院に改名されるまでも何度か配達に行ったのですが
改名されてからというもの全く配達がありませんでした。

ある日、事件発覚前に組合ルートでない市内在住のお客様から
山本病院にお見舞いの花のお届けを依頼され
何年かぶりに病院へ配達に行ったのですが
病院の駐車場に車を停めるやいなや激しい悪寒を感じました
通常の病院でも無念の死を迎えられた方も少なくなく
それなりに悪寒を感じる場合もありますが
この病院には、ただならぬ激しい悪寒を受け
病院に入る事すら躊躇したのですが
先程も書いたように病院は市の端っこにあり
一旦持ち帰り、他の誰かにお願いするには、かなりの時間ロスになる為に
最大限の防御パワーを出しながらのお届けとなりました。

普通の病院なら入ってすぐに受付があり待合室があり
その横に診察室が並んでおり、前の病院でもそうだったのですが
すっかり改装されており受付も小さく待合室も数名が待機できる程度
そこそこ大きな病院なのにこんなに小さな待合室で足りるのかと
考えながらも受付にて、お届け先の病室を聞こうとしたら
受付には誰もおらず「すいませ~ん すいませ~ん」と連呼する事、数回
やっと奥の方から病院の受付には、そぐわない関西弁でいう「いかつい」
男性が現れ、病室を聞くと面倒くさそうに帳面をパラパラ・・・
「4階」と一言・・・「4階の何号室ですか?」と聞いても
「4階で聞いて」とつれない返事が・・・
嫌な階だな~と思いつつも近くのエレベーターに乗り
4階のボタンを押し、ドアが閉まった瞬間
ヒュ~~~とエレベーターの奥に吸い込まれそうになり
あわてて横にある手すりにしがみつきました
このままでは何処かに吸い込まれそうになると思った瞬間に
何故か携帯電話に手を伸ばし家内に電話をかけていた
ツッツッツッツッ プルル~~~と呼び出し音の後に
会話状態になっているのに家内の声が聞こえてきません
「もしも~し もしも~し 聞こえてる~?」と呼びかけるも
全く応答がなく、そのうちにチ~ンと4階に到着し扉が開きました
「もしもし どうしたん?」やっと家内の声が・・・
「電話をうけた途端に凄い雑音が入って何がおこったんと思ったわ」
という家内に簡単に事情を話し電話を切りました

エレベーターを降りると病院には相応しからぬほど薄暗い廊下に
さらに激しい悪寒が感じられ、完全に来る者を拒んでいる状況・・・
ナースステーションの明かりらしい部屋を目指して
いくつかの病室を通り過ぎるもそれぞれの部屋のドアは
閉ざされており、どの部屋からもただならぬ気配が・・・
ナースステーションで病室をお聞きし
配達先の個室へ入り入院しておられる本人を見て、またびっくり
その方を取り囲むように白いもやもやとした物が・・・
特に嫌な悪寒も感じないので、よ~く見てみると
そのもやもやから何か聞こえてきます「早くこの部屋から出ていきなさい 早く 早く
どうやら、それは患者さんの守護神のようで必死に守られている御様子
私は「ありがとう 何とかするね」と念じ、花を置き
足早に階段にて下に降りて病院を出ました。

御注文主のお客様とは、長い付き合いの方でしたので
事情を説明し早く転院される事をお薦めする主旨を申し上げ
その後、転院されたら急に御快復されたと後に御礼の電話を頂戴しました。

ある日、以前病院に勤務していた友人の看護師に買い物をしていた時に
出会い、「まだ山本病院に勤務してんの?」と聞いたところ
病院の経営者が変わった時は、しばらく勤務していたのであるが
とんでもない医者がやってきて、ろくに診察もせず
薬や点滴等も看護師任せにするという酷い医者だったらしく
まだまだ救命処置がとれるのに簡単にあきらめ
さらに手術ミスも多くたくさんの方が亡くなったそうです
当然、病院の評判も悪くなり浮浪者の受け入れ等
他の病院では、受け入れを断られる患者の最後の砦となり
それでもまともな診察をしなかったそうです。
勤務終盤には、誰もいない病室からナースコールがなったり
うめき声が聞こえたりして流石に耐えられてず退職したそうです。

「ねえねえ 病院のエレベーターおかしくなかった?」と最後に聞いたら
「え~やっぱり感じた?勤務している者は誰も使わないよ!
 何か霊能力が凄い人がいて、あれは地獄への入り口だって
 言ってたよ!」と聞かされ、ぞっ~とした。

後に病院の院長が逮捕されたのは、よく御存知だと思いますが
悪事を繰り返した医師の事は、御存知でしょうか?
当然、院長が逮捕された後に逮捕されたのですが
拘留中に突然うめき声を出し、泡を吹いて亡くなったそうです
報道では病死とされていますが病名などは何処にも書いておらず
原因不明の急死だとか・・・
原因なら誰でも判る事なんですがね・・・

海猿3-D

一昨日、家内と娘に見に行きたいとせがまれ
私とては、そんなに興味のある物でもなかったが
3D映画自体に興味があった為に「海猿3-D」を見てきました

ちなみに3Dとは「three dimensions」の略語であり
直訳すると「三次元」という意味になります。
こういう風にいうと何故か子供の頃、見ていたウルトラマンや
ドラエモンのタイムマシーン、最近と言ってもちょっと古いが
バックトゥーザフューチャーなんぞを思い出すのであるが
私の脳内は完全に文系であり
物理学的な要素である「三次元」や「四次元」の意味が
どうも理解することが出来ない
物理の対象で三次元というと「宇宙」そのものであり
そこに時間方向の対象を加える事により「四次元」という事になるのだが
動画の場合、対象物を撮影をするということで「二次元」となり
そこに手を加えることで「三次元」ということになるようなので
普通に編集を行っただけで立体的でなくとも「三次元」と言えるのでは
ないかと屁理屈を言いたくなるところだが
最近の一般的「三次元」つまり3Dは立体的と解釈して良いのであろう!
・・・と難しい話しは、この辺で置いておいて

この3D映画、通常大人一人2100円という価格である為に
3人で行けば、それだけで6300円
さらにポップーコーンやジュースも買ったら
諭吉が飛んじゃうじゃん!って、せこい考えから
割引価格になるレイトショーを見に行く事となりました
時間は21:35~23:55と遅い時間帯ですが
仕事に影響が出る時間帯でもないですし
大人一人1500円と600円も割引きになるのが魅力!
これでキャラメルポップコーンとジュースも気がねなく購入できるし・・・
(そんな事、してるから太るんだ~!)なんて言わないで~

この映画、もともと3Dカメラで撮影したものではなく
通常のカメラで撮影し、コンピューターの加工技術により
3D化したそうですので、ユニバのターミネーターや
ディズニーのキャプテンEOほどに目の前にドカーンと
飛び出して来ないとの前評判は、ありましたが
やはり評判通り、飛び出す・・・というほどの3Dでは、ありませんでした
なんと表現すればよいのか、それぞれの物体は平面的なのに
奥行きをつける事で、あえて立体的にしているというか・・・
簡単に言うと飛び出す絵本みたいな感じです。

立体を誇張させる為に普段の撮影じゃ絶対に構図に入れないであろう
手前の植物等を無理矢理構図に入れてあったり
映像的奥行きをつける為に前後の画像をぼやかしたり・・・
詳しい内容は、ネタバレになるので書きませんが
海猿では毎回お馴染の海が荒れるシーンでは
あまりにもの画像の揺れで、めっぽう激しいアトラクション好きな私でも
気分が悪くなってしまうほどです。
おまけに普段メガネをつけている習慣がない私には
この3Dメガネを2時間もかける必要があるのは非常に苦痛であり
たまにメガネをはずしてみたら、立体的には見えないが
普通の画像が、ちょっとピンボケしたような感じで見えちゃう

これで内容が乏しかったら見ている時間も時間ですし途中で睡眠・・・
って事になっちゃうかもしれませんが、ストーリーは飽きることなく
それなりに楽しませて頂きました。

結果的に私の感想と致しましては、「3Dカメラで撮影されていない
3D映画を2100円も出して見る価値がない」という感じですね。
もう一回同じ映画を見に行くのなら、迷わず2Dといいますか
普通の映画版を迷わず選択致します。

こんなのだから3Dテレビも売れいきが悪いんでしょうが
3Dの次世代機でもあるメガネを使用しなくても3Dで見れるテレビが
もうすぐ発売するらしいし、ニンテンドーも3DSというゲームも
発売するらしいから、現物を見てみたいものです。
プロフィール

花鹿男

Author:花鹿男
超個人的フラワーデザインコンテストへの思いを書き記します。
最近主旨が変わってきてますが・・・?

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
花キューピットタウン


カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
ブログ内検索
ドル箱
ドル箱に登録すると普段利用している楽天ショッピングやyahooオークション等、普通の利用ポイントに合わせて更にポイントが付与されお得で~す。
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。