スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動した!

いやー本当に良い試合でしたね~
日本VSパラグアイ
スポーツ観戦して久しぶりに泣きました

あらゆる番組のサッカー解説者の方々も
これほど日本チーム良い試合をしてくれるなんぞ
誰一人として思いもしなかったんでしょうね
そんなもので、予選リーグの予想はことごとくはずれまくり
皆さん赤っ恥をかかされたもんですから
日本VSパラグアイの予想は?と聞かれたら
誰もが「判らない」と答えるばかり・・・
しかし昨日の試合を見ていたら互角に近い試合運び
おしくもPK戦で敗戦したものの
それこそ、ラグビーのごとく「じゃんけん」で決めた方が
すっきりとするんじゃない?と思われる内容でした

同タイムで行われているウインブルドンテニス大会では
タイブレークというシステムを取らず
完全に2ゲーム差がつくまで試合を続けることになっている為に
試合時間が3日におよんだという大試合が先日ありました。
サッカーでもせめて再試合という方法をとって欲しいものです。

さてさて突然決行させて頂いたThe Park Lee クイズには
クイズ景品が不評だったせいか、多数???の御参加を頂き
誠にありがとうございました。
正解は
⑥PK戦のすえパラグアイの勝利 でした!
残念ながら正解者は、いらっしゃいませんでしたが
賞品は既に用意されておりますので
ほしかったで賞ということで
パラグアイの勝利にかわりはない為にしょうさまに1個
PK戦まで、もつれ込む予想をされた天使総務さまに1個
商品を送らせて頂きます
今しばらく到着まで、お待ち下さい<(_ _)>

で、もう一人の参加者の牛タンさまにも残念賞を・・・
これまた商品が到着するまで今しばらくお待ち下さい

さて、いよいよフラワードリームです
これに参加する為に先日の土日も休みを取らず
ひたすら日程を調節する為に働いてます
今回はジャバンカップ出場者のアシスタントですから
2日金曜日の午後6時頃には当地を出発し
5日夜帰宅するまで、1車中泊2泊3日の長旅で
家族旅行でもないわけですから
それなりに仕事をこなしておかないとひんしゅく物です。
まっ本当は日曜日に帰っても良いのですが
月曜日の午後3時には全てのフロコン作品の撤去が開始されます
何十時間もかけて作り上げられた作品が
1時間もたたないうちに次々と分解され撤去されていきます
お手伝いをしていると、なるほどこのようなメカだったのかと
関心させられる場合も多々あり、これを見ることなく帰路につくのも
寂しい物ですからね。
また昨年は月曜日ともなると殆どの方が帰られた後で
作品も商品もじっくりと見れるわけですから
これも穴場的感覚で良い感じです。
一日しか来れない方は、月曜日が良いかもです。
スポンサーサイト

THE Park Lee クイズ

いやー勝っちゃいましたね~侍ジャパン!
2勝して決勝リーグに進めるなんぞ思いもしなかったですし
ここは記念にクイズでもやって日本のさらなる飛躍を
願おうって事で・・・

思い返せばテストマッチで戦った、あのチームとは
どうも同じチームに見えないと申しましょうか
深読みする私にとっては、もはやテストマッチはシナリオと
なっており、世界各国特にグループE組の対戦相手に対して
日本とは、かくも弱いチームなんだどぞ印象を与え油断させ
本番では動きに動いて相手を混乱させるという手法をとったのか・・・
と思うくらいです。

じつは、こちらでリンクさせて頂いているFLUCTUAT NEC MERGITURさんでは
先に2010FIFAワールドカップ南ア大会開催記念+日本代表健闘祈念クイズ
を先行して実施されているのですが、
この時は本当に日本チームが決勝トーナメントに出場できるなんて
思っていませんでしたしね。
岡田監督や出場選手を侮辱してしまったお詫びにも
当ブログにて懸賞クイズを実施する運びとなりました。

さてさてクイズの内容は、次回対戦するパラグアイとの勝敗について!
決勝トーナメントは引き分けがありませんので
どちらかが必ず勝つわけなのですが・・・
①通常の試合時間で日本の勝利
②延長15分ハーフの追加で日本の勝利
③PK戦のすえ日本の勝利
④通常の試合時間でパラグアイの勝利
⑤延長15分ハーフの追加でパラグアイの勝利
⑥PK戦のすえパラグアイの勝利
⑦じゃんけん
同じ答えの場合は、レスの早い順にて勝者を決定!
って事で、通常なら0時きっかりに更新する
このブログも時間を昨日の日本戦のキックオフ時間と同時の
午前3時30分に自動更新致させて頂きます。

さーて勝者になられた方に今回差し上げる物は
ななんとNARAFA公式試合球せんとくんボールを
お子様向けなので喧嘩されないように2個セットでプレゼント!
conv0009_20100626001441.jpg
お家の中で蹴飛ばしても大変柔らかいソフトボール!
はっきり言って中味は綿です!?

そんなもんいらんわい!
なんて言わないで、どんどん応募しちゃってね!
そうそう締め切りは、6月29日午後11時!
試合直前までです。
でもあくまでも同じ回答の場合は早い者順ですのでお忘れなく!

支部情報化委員の仕事

花キューピットタウンが公開されて、はや10カ月が過ぎ
今までは、その普及と機能の説明こそが支部情報化委員の仕事と
肝に銘じ努力してきたが、どうも来期に明確な目的が見えてこない・・・

ひょんなところから突然指名された支部情報化委員の仕事
最初は、そんなにPCに詳しくもないのに努められるのかが
一番心配してきたことなのですが
牛タンさまやしょうさま、@tatsunoflowerさま、などなど
花屋とは思えないほどのPCスぺシャリストの方々にも救われ
何とか一期目の仕事を終える事ができました。

私が支部情報化委員になるからには
花キューピットタウンの素晴らしさを一人でも多く支部員の方に伝え
出来れば100パーセント参加して頂く事を大きな目的に
様々な活動を続け、残るは1店のみというところまで達成できました。
残る1店の方は、完璧を求める方で参加する以上
オリジナル商品をたくさん掲載したいと言って頂いており
現在準備作業をして下さっており
100パーセント達成までカウントダウンの状態です。

ただ来期も引き続き支部情報化委員を務めさせて頂く事において
どうも展望が見えてこないというのが現在の正直な気持ちでもあります。
今期の支部セミナーでもタウンへの参加要請を中心とした物であり
前述したように当支部では、そのような説明も不要と考えています。

ならば来期、支部情報化委員の仕事は何を目的として進めていくべきなのか?
花キューピットタウンの新しい機能の説明は
それぞれの会員が積極的に利用する物であり
質問があれば、お答はしますが、あえて講習会などを
さらに行う必要もないと思われますし、
ならば、支部ホームページを充実したものにするのか・・・
これも支部の方々が御自分のタウンのページをお持ちなので
大々的に露出するべき物ではないと考えたりもします。

今、自分自身を含め、情報化委員として心配にしている事は
段々と支部の方々のブログの更新やオリジナル商品のアップの
頻度が落ちてきている事です。
思っていたより取引量が少ないと感じられるかもしれませんが
もともとタウンは販売目的の為だけにあったものなのでしょうか?
私は、当初から支部の皆様にお願いしていた通り
まずは自店のホームページを持って頂きたいとお願い致しました。
自店でホームページを持つ事は自力では大変難しい物であり
業者に多額の費用を支払い完成するものですが
これも更新していかなければ魅力あるページとはなりません。
タウンは、実に安価でブログを書こうと思えば簡単に書く事が出来ます
店舗画像も季節毎にいやいや努力すれば一日単位でも簡単に
変更する事ができ、お客様にアピールする事が出来るので
さらに御客様から充実したページと見られる事で出来るでしょう。
何か書いている事が支離滅裂となってきましたが
とにかく当支部の皆さまでタウンのページをお持ちの方は
たまにはアクセス分析をクリックしてみて下さい。
毎日少ないとはいえ必ず何らかの形で、あなたのページは
どなたかに見られているわけです。
御客様なら、新しい画像がアップされるのを日々楽しみに
されているかもしれません。

言われた通り、店舗画像をアップしたら終わり!では
本当にもったいない事だと思います。

そんな思いで来期は「もっと有効にタウンを活用しよう!」を
目的にやってみるとするかな・・・

フラワーマスターズの審査

連日のワールドカップサッカー観戦にて
寝不足気味な私・・・作日もセリ中に眠ってしまい
隣の方に起こされたてしまった・・・

いや~遅ればせながらですがオランダ戦!
楽しかったですね~
完全たる守備体系で、最初から引き分け狙いかよ!
といった布陣でしたが、一点取られてからというもの
怒涛の攻撃体制に変わり
今一歩攻撃力には欠けていましたが
それなりに楽しませて貰いました。
こうなるとデンマーク戦での善戦を願うばかりです。

さてさて先日開催されたフラワーマスターズでは
予選・準決勝に8人の審査員団で臨みました。
ワールドカップサッカーの審判とは、ちょっと仕事が違いますが
サッカーでの審判は運動量が豊富であり
かつ試合が終われば何処にいたのかわからない審判ほど
良い審判だと言われています。

フラワーマスターズでの審査は
どうしてもシークレット審査でない以上
一人の意見が審査内容を左右してはいけないからという意味でも
このような大人数での審査となりますが
この8人があちらこちらと動き周り審査をするわけですから
フットワークを良くして作品を見ながら
審査員の動きを見て、作品を制作されているテーブルにもあたらないよう
注意をはらってとにかく動き周ります。
私の場合、一つの作品を注視して全ての項目を審査する事はなく
一項目を集中して次々と作品を評価していく方法をとっています。
評価できるほど仕上がってなければ、全てを見てから
もう一度飛ばした所を見て周ります。
この方が全体を公平に審査していけると思っているからです。

そして審査員も昨年と同じ方は私を含め2名のみ
6名はフラワーマスターズでは初審査です。
これもまた毎年同じ審査員団では公平でないと思われるからですが、
不思議と毎年残る方は残っちゃうんですよね。
「良い作品」は「誰が見ても良い作品」だという事は判りますが
本当に見事に準決勝に必ず残る方
決勝に必ず残る方っていらっしゃるんです。

今回、競技に毎年参加してくれている若手の一人で
審査には「何か顔みしりで、えこひいきがあるんじゃないの?」
との疑問を持っていた方に審査員をお願いしたのですが
いざ審査をして頂くと「見る目が変わりました」
「正しい審査内容でした」と自ら言って頂けました。

とかく審査員は、「嫌われ者」扱いです。
そりゃそうです多くの方を落とし、ごく少数の方を選んでいくわけですから
感謝されたとしても極僅かの方のみとなるでしょうしね。

しかし競技が行われる以上、どうしてもジャッジしなければなりません
「あれが良いのに、どうしてこれはダメなり?」という場合も
当然ある事でしょう。
今回もブーケ審査で、審査全体が終了した後にそのような問いかけを
される方がいらっしゃいました。
この時は、指摘された作品が印象的だったので、
何故良くなかったのかという事を御説明したら納得して頂けました。

ただ予選・準決勝ともボーダーライン付近の方は
8名審査員がいたとしても1点2点差なんですね。
これをどちらが良くてどちらが悪いとは、審査員だって説明が
つかないはずです。

そんな中で、どのようにすれば次に繋げられるか・・・
やはり落ちたのであれば、どこが悪かったという自分なりの答えを
必ず探し見つけて帰って欲しいですね。
単に審査方法や審査結果に文句をつけるだけなら進歩はありません
そして最後まで勝ち残った方も他の人より何処が優れていたのか
謙虚な気持ちで自分の作品をもう一度じっくりと見て欲しいです。
ちょっと偉そうに書いてしまいました。

今年もたくさんの素晴らしい作品を見せて頂き、ありがとうございました。

生まれ順による相性

相性の判断って色々とありますよね
血液型・星座・干支などなど・・・
それぞれの解説を見て見ると「なるほど」と納得させられる事も多い
のですが、先日テレビで放映していた「生まれ順による相性」
これがまた随分納得させられる事が多かったりしたので
試してみられては、いかがでしょう?

まずは、生まれ順による性格の御紹介!
長男とか長女とかいう分け方でなく最初に生まれた子が「第一子」
最後に生まれた子が「末っ子」で3人以上の兄弟で
両者ではない全ての子を「真ん中っ子」
兄弟は誰もいない子を「ひとりっ子」と分類します。

「第一子」の性格
・教えるのがうまい
・仕切り屋
・世話好き
・甘えられるのが心地よい
・自分の気持ちを言わない
・自分の気持より調和を大切にする
・第一子女性はダメ男に引っかかりやすい
・第一子は頼まれた仕事を断れない
・第一子女性は突然「別れる」と言い出す

「真ん中っ子」の性格
・中間管理職
・どんな人ともうまく付き合える
・「甘えさせること」も「甘えること」もできる
・上と下に対して不満がある
・大勝負には出ず無難な方を選ぶ
・真ん中っ子は子供を3人作りたがる
・真ん中っ子は器用貧乏

「末っ子」の性格
・アピールがうまい
・負けず嫌い
・甘え上手
・自分を中心に世界が回っていると思っている
・思ったことをすぐに言う
・末っ子は都合が悪くなるとニタッと笑う
・末っ子は「一生のお願い」を何度も使う
・末っ子は嘘をついてもすぐバレる
・一流スポーツ選手には末っ子が多い(今年のWCサッカー代表23人中13人が末っ子だそう)
・末っ子の集団はただの烏合
・末っ子司会者は仕切らない(タモリさんは末っ子)

「ひとりっ子」の性格
・妄想癖がある
・マイペース
・集団の中では浮いてしまう
・ひとりの時間が苦ではない
・争う相手がいないので平和主義
・ひとりっ子は空気を読まない
・ひとりっ子は合コンが苦手

それでそれぞれの相性なんですが
「第一子」⇔「第一子」○
「第一子」⇔「真ん中っ子」△
「第一子」⇔「末っ子」◎
「第一子」⇔「ひとりっ子」△

「真ん中っ子」⇔「真ん中っ子」○
「真ん中っ子」⇔「末っ子」△
「真ん中っ子」⇔「ひとりっ子」△

「末っ子」⇔「末っ子」×
「末っ子」⇔「ひとりっこ」××

「ひとりっ子」⇔「ひとりっ子」×

「第一子」の懐の深さが感じられますね~
ちなみに私は「末っ子」なんですが
よ~~~~く考えてみるとかつての親友は全員「第一子」
付き合ってきた女性は完全に「第一子」
おまけに今仲良くして頂いている方々もほとんどが「第一子」
だという事に気づいたりして・・・

第一子の皆さん、いつまでも甘えん坊な私をよろしくです<(_ _)>

2010フラワーマスターズ

2010フラワーマスターズが昨日、大阪鶴見緑地
花博公園 水の館にて無事開催されました。

予選・準決勝の花材と資材は、こちらを御覧下さい。
いやー準備する16日と17日は梅雨の合い間の晴天・・・
また本日から雨だというのに私が行くと晴れちゃうんだな~
雨降っているくらいの方が涼しくて良いのですが
毎年梅雨に開催されるも晴れてばかりで悲しくなっちゃう。
いやいや冗談は、さておき
今年は昨年以上の参加者で148名の出場者がありました。
予選一組を37名ずつに分配し、四組が次々とスタートします。
conv0001_20100617225645.jpg
いやーこういう硬い花材ばかりだと、どうしても無難な
パラレルの作品が目立ちますね。
その中で、どう「夏のたわむれ」をイメージさせるかが
ポイントだったような・・・
conv0002_20100617225700.jpg
↑しかし、こんな笑顔に騙されたり・・・
これはabさまマジックか~

準決勝は、これまたびっくり
ブライディーを使うのにワイヤリング可能で保水の必要は、なし!
conv0003_20100617231622.jpg
せっかくブライディー使うんだし、ワイヤリングしても良いし
どちらの特徴も上手く引き出せた方が得点が良かったようです。
資材の「頑固自在」の使い方次第で
デザインが大胆に変わり、得点も左右されていました
私の好きだったブーケは
conv0004_20100617231229.jpg conv0005_20100617231311.jpg conv0006_20100617231328.jpg conv0007_20100617231342.jpg conv0008_20100617231359.jpg
こんな感じでしょうか~
制作時間60分で清掃タイムも加わってますので
よくここまで細かい作業が出来るな~と感心してました
私の今の力量なら、ここまでは作れないでしょう・・・

さて決勝戦はサプライズ競技!
白のカラーボックス3段を1台、2段2台使う事が必須で
ピンクとブルーとライトグリーンのカラー吸水性スポンジが
各2個ずつ配布され、テーマは「カラフルディスプレー」
conv0016_20100617232234.jpg
審査終わりで師匠に酷評されるのも知らず
制作にはげむE君・・・ありゃ私にも意味わかんなかった・・・
そして優勝されたのは
conv0017_20100617232257.jpg
長崎から初参戦でグランプリを獲得した井手さまです。
作品としては無難でしたが、安定感があり
かつカラースポンジを有効に使用されていたのが審査員に
評価されていました。
ただなんと、帰られる列車の時刻が迫っていた為に
審査結果を待たずに帰郷されグランプリ獲得者不在の表彰式は
ちょっと寂しかったですね。
代役を務めて下さった岡田さまありがとうございましたm(__)m
なんと今回ベスト4の中、3人までが九州勢で独占されてしまい
九州男児ここにあり!って感じだったでしょうか・・・

関西勢!もうちょっと気合入れて頑張りましょうよ!

死にそうになった事、ありますか?

突然な問いかけで、驚かれたかもしれませんが
自分で命を落とそうとする行為ではなく
一分一秒でも時間が、ずれていれば「命を落としていたかもしれない」
なんて経験をされた事は、ないでしょうか?

この私、実にそのような経験が多いんですよ!
幼い頃から、振り返りますと
幼稚園時代の話しですが、店の近くにある市場の駐車場で遊んでいた時に
駐車していたトラックがバックで急に動き出し
ちょうど死角で遊んでいた私は、見事に車輪の下に
両足の上を車輪が通って行く光景は、
今でもしっかりと記憶から残っていますが
次に記憶のあるのは、病院のベット・・・
この時に近くで見ていた方がおっしゃるに
完全に内臓の上を車が通過すると思っていたのに
何故か私をひく直前にハンドルがきられ、足ですんだという・・・
内臓の上なら、物がトラックだけに今頃は・・・

小学校の頃に家族揃って夜行で旅行に出かけた際に
青で信号を通過中に突然爆弾のような音が・・・
ちょうど我々の一台後を走っていた車が信号無視をして
突っ込んできた車に激突され
なんとワゴン車が真っ二つにちぎれてしまうほどの大事故!
その時は、凄い事故やね~とそのまま目的地へと向かいましたが
帰って新聞を見てみると激突されたワゴン車の家族は全員死亡!
まさに2.3秒でも遅かったら完全に我家の家族が・・・

その他に友達と自転車で走行している時に
後ろの友達から呼びかけられたような気がしたので
急ブレーキにて停車!
その時、走行車線を走っていた車が突然自転車道に
突っ込みガードレイルに激突!
ブレーキかけていなかったら悲惨な事に・・・
でも友達は呼んでいなかったと言う・・・

さらに皆さんの記憶に残る日航ジャンボ機の墜落事故!
なんと前日同便に乗っていたり
ワールドカップ大会見学にアメリカに行った時
着陸態勢に入った飛行機が突然機首をあげたと思ったら
着陸しようとしている滑走路に離陸しようとしている飛行機がいたり
それはそれは一歩間違えれば・・・
などというような事を何回経験した事でしょう・・・

これはやはり何らかの御加護があるのでしょうね。

普通なら一生に一回か二回あるかないかというような
「死んでいたかもしれない」という経験
あなたにもあったりしますか?

さてさて、いよいよフラワーマスターズが17日に開催されます。
16日から泊まり込みにて準備に入りますので
次回更新は、お休みにさせて頂き
出来るだけ早くフラワーマスターズの模様を御報告させて頂きます。
お楽しみに!

結束紐の違いによる花持ちテスト結果

遅ればせながら結束紐の違いによる花持ちテストの結果を!
すでにこちらでリンクさせて頂いています
フローリスト チップス!さんや花に魅せられてさんでは
その結果を公開されていますので、そちらの結果も御覧頂きながら
私のテスト結果も比較頂ければ幸いです。

実験開始は皆さんとは、若干遅れながら5月31日にスタート
期間中観察時ほぼ午後5時前後の気温で25℃~29℃
外の気温は最近30℃を越えてますから
室内にクーラーを入れて、このくらいの気温です。
ある意味全国の中で気温・湿度等一番ハードな条件だったかも
しれません。

実験したのは
①麻紐結束+水道水(毎日水換え・切り戻し)
②麻紐結束+延命剤
③ビニール紐結束+水道水(毎日水換え・切り戻し)
④ビニール紐結束+延命剤
水換え時には、花瓶を洗剤等で洗うことなく簡単にゆすぐ程度で
切り戻しは、消毒していない切れ味のあまりよくないハサミを使用

花は、バラ1本・ガーベラ3本・トルコ ピンク グリーン各1枝
   イタリアンルスカス1本・ゴットセフィアナ1本

先に報告されたお二人と全く違う方法なのは水道水は毎日水を換え
その際、ハサミを利用して切り戻しを行った事です。
その為に水道水は水換え前に撮影していますが
まったく濁りがでません。当地の水道水弱酸性で硬度が高く
水道水にも若干殺菌作用があるのかもしれません。

3日目にして②の水がが濁り始め、5日目にして④の水がが濁り初めた
程度で花・茎とも実験開始8日目くらいまで殆ど変化がありません。
conv0002_20100612161216.jpg
実験開始9日目にして②と④のガーベラ3本のうち1本が
下から徐々に茶色くなってきました。
conv0003_20100612161224.jpg
実験10日目で①と③の茎が全体に柔らかくなってきました
毎日の切り戻しで茎も随分短くなり、結束ポイントも
下に移動してきています。
conv0004_20100612161232.jpg
実験11日目、①③の茎が、さらに柔らかくなり
バラ・トルコ・ガーベラの一部がヘタってきました
conv0005_20100612161241.jpg
実験12日目(昨日です)全ての茎が柔らかくなり
全てのバラがヘタり、①③のガーベラの一部・トルコもヘタりました。

私の単純な感想として「水換え・切り戻し強し」といった感じ!
毎日きちんと水変え・切り戻しをしていれば
延命剤をいれた場合と日持ちに関しては、ほぼ同様の結果です。
御客様を対象としたテストですので
あえてナイフでのカットや水の中での切り戻しは、せず
一般的であろうという花バサミで切り戻しただけなのですが
これは、はっきり言って最強でしたね。
昔、延命剤がない頃、両親達が毎日毎朝花屋の最初の仕事としていた
「水換えと切り戻し」やっぱり花屋は、これが基本なんだな~と!
これをしていれば、麻紐で結束していようと何で結束していても
濁りや花持ちの心配はないんだとも感じました。

さらに麻紐のメーカーの差もあるのかもしれませんが
思っていたほど水の濁りもなく
水換えしない延命剤入りの中では5日目からは麻紐・ビニール紐とも
濁りが始まり、それ以後互いに違いは、みられませんでした。
やはり水換えしない水道水だけで麻紐結束だと早く濁ってくるんでしょうね。

ともかく花が好きで毎日水変え・切り戻しされるお客様なら
どんな紐で結束してもいいんじゃないの?っていうところが
結論でしょうか?
今の花屋は、延命剤に頼り過ぎなんだなあ~と
改めて感じる花鹿男でした。

奈良にも口蹄疫!?

九州 宮崎で口蹄疫問題もようやく落ち着いてきたかと思ったら
今度は都城市・・・畜産農家の方々には、その心境をお察しすると
心が痛む毎日ですが、奈良でも実しやかに口蹄疫問題が・・・

奈良で畜産農家ともうしましても主要産業といえるほどもないのですが
県庁や市役所に毎日たくさんの口蹄疫に関する質問が来るそうです。

口蹄疫に関しましては
先にこちらでリンクさせて頂いているフラワーゼーレ店長のコラム
御覧頂くと大変詳しく判り易く書いて頂いて頂いているので
省略させて頂きますが、牛や豚以外の動物にも感染し
その感染力たるや凄い物であるという事です。

奈良と言えば「鹿」
噂と言えば恐ろしいもので、奈良の鹿が口蹄疫に感染しているという
風評が、どうやら全国各地に広がっているそうです。
何故このような風評が広まったのか・・・
鹿愛護協会が鹿の子を産ませる時に母子の消毒の為にも
消石灰を芝生の上に撒き、出産をさせているのですが
この写真だけを見た一部の方が
奈良公園一帯が消石灰で消毒されており、たくさんの鹿も口蹄疫に
おかされているという風評を流した事に起因するそうです。

おりしも現在奈良では1300年祭開催中でもあり
例年以上に毎日全国各地から修学旅行生などが押し寄せ
奈良公園で昼食や散策を計画している学校も少なくない事から
この風評が事実なのかどうか問い合わせが多いそうです。

はっきりと申しまして「事実無根」です。
奈良公園は消石灰まみれには、なっておらず
今のところ、奈良の鹿に口蹄疫は感染していないようです。
実際のところ、この口蹄疫が問題になってからというもの
鹿愛護協会の数名が連日目視にて鹿を観察しているようですが
実際問題奈良公園周辺だけでなく春日山にも野生化している鹿全頭を
調査することは難しく感染していないようです。としか言えないのも
しょうがない事ですし、感染防止の為にそれこそ鹿の囲いこみを行い
奈良公園一帯を消石灰まみれにする事も実際ありえない話しです。

しかしフラワーゼーレ店長のコラムでも説明があったように
人が感染媒体となる事も考えられる為に
菌の保有者が鹿に感染させる事も充分考えられるわけで
全国各地から、いらっしゃる奈良では
かなり注意しないといつ口蹄疫が発症していてもおかしくないわけです。

もし、鹿が口蹄疫に感染したら奈良の鹿を全頭殺処分してしまうのか・・・
奈良の鹿は神の使いであり、国の天然記念物にも指定されています
また以前にも紹介させて頂いたように全国で唯一奈良の鹿は
「おじぎ」をする修正を遺伝しているらしい・・・
もし全頭殺処分されたとして、広島の安芸の宮島からでも
鹿を取り寄せたとしてもこの習性は消え、奈良の鹿というイメージ
もなくなってしまいます。

その事を昨日議会で質問され、奈良はどのような対処をするのか?
回答は「状況を見てから決定する」という事らしい
また、いかに天然記念物であろうとも殺処分も視野に入れているとか・・・
これは、奈良もそれなりの予防を早く試みないと
鹿のいない奈良公園になってしまうかもしれません。

口蹄疫来るなよ!

ザ・コーヴ

日本のイルカ漁を批判した米のドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」が
市民活動団体から映画館に「内容が反日的だなどと公開中止を求める
抗議電話や街頭宣伝活動の予告が繰り返されたため
各地の映画館が上映を中止しているようです。

映画は、米国などの自然保護活動家が和歌山県太地町でイルカ漁の
実態を隠し撮りするなどして、漁の中止を訴えています。
今年の米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞し、
日本での公開に際しては太地町などからの抗議を受け
撮影された町民の顔を隠すなどの画像処理を行ない公開する予定
だったらしいが、現場を見た事のある私には少々複雑な気持ちです。

この和歌山県太地町というと師匠の住まれている新宮町からは
比較的近くにある所で古くからイルカではなく
クジラ漁では有名な土地で海辺に太地町立くじらの博物館などもあり
中ではイルカショー・シャチショー・クジラショーなども
やっていたりして、古くからのクジラ漁を勉強する事も出来ます。

これは随分前の事なのですが
師匠がクジラ漁をする所へ連れて行ってくれるという事で
まさか船にでも乗って本当にクジラ漁にでも出かけるのかと思ったら
映画でも撮影されているようにクジラを海の入り江の浅瀬に
追い込み銛で突き、海の色は真っ赤に変わっていきます。
その方法を見ていると、いかに伝統漁法と言えども
素人目にしてみれば残虐で気持ちの良い物ではありません

しかし人間は、それらの他にも多くの動物や鳥類・魚類などを
普段から食しているわけであり、そこでは必ず血が流れているのです
小魚の漁にしてもよく見て見れば魚は流血していたりもするもので
何故クジラやイルカの漁だけが、責められなくてはならないのか
不思議に思うわけですが、動物愛護協会の方々は
本当に一切の生きる物を食さないし、動物を原料としている物も
購入しないそうです。
これらどちらの考えが人間として相応しいのか
いやどちらも一つの思想として考えられるのであれば
双方ともに正しい考え方なのでしょう。

ただ一般的には、イルカはイルカショーなどを見ていて
フレンドリーな思いがあり、かつ普段一般的には食さない事から
日本人的に見たとしても残虐に見えてしまうのでしょう。

ところで皆さんは一度でもイルカの肉を食べた事があるでしょうか?
私は小学生の頃、一度だけ食べた事があります。
それは小学校のリーダー学習のような物で
市内各校の学級委員などを集めて市の施設に泊まり込み
色々な事を学ぶ所で夕食のメインディシュに出てきたのが
イルカの肉でした!
この事は何も知らされずに夕食につき、牛肉らしき物を食べようとしたら
なんだか非常に匂いが臭い!
腐っているのではないかと疑っていたが、周りは普通に食べているので
私も鼻をつまみながらかじったのですが
これまた非常に固く、ホークとナイフを利用して小さく切っても
口の中でゴムのようになり、なかなか噛み砕く事ができません。
しかも味も今までに食べた事がないような・・・
次第に食堂の中で「これ何の肉?」「腐ってるんちゃう?」など
ざわざわしてきた所で、代表の先生が「これはイルカの肉です」
と説明されると「えっー」「かわいそう」なとどと悲鳴に近い声が
方々から湧きあがります。
「あなた達は、イルカの肉なら可哀想で、
 牛や豚の肉なら可哀想でないのですか?」と問う先生
「出された物は最後まで食べなさい!」と言われても
説明を聞いてから生徒たちの手は止まり、それ以外の物を食べる
子達が殆どでした。
これが意図的に出された物なのか、たまたま出された物が
イルカの肉だったのか、後に何も説明がなかったので
意図は判らないのですが、当時は残酷な事をするものだと
子供心に傷がつき、帰ってから両親に説明をしていたのを
今も心にしっかりと刻んでいます。
ただ、今思い返すと食べなかった事により食材を無駄にしてしまった
という変な罪悪感が頭をよぎります。
人間が生きて行く上には、様々な動物や植物が犠牲になっています。
われわれの仕事も園芸種ではない山取りの枝物などを使うと
一つの自然破壊に手を貸していると言われても
反論できないかもしれません。

それら自然の恵みに感謝しつつ、一つ一つの花材を丁寧に扱わなければ
ならないと改めて感じる今日この頃でした。

すき焼き

昨日の夕食は、すき焼きでした!
この「すき焼き」って鍋?ほど全国各地で調理方法が
様々な物って他には、ないんじゃないでしょうか?

そもそも「すき焼き」の語源が不思議・・・
諸説あるようですが、江戸時代の頃に
鍋の代わりに農具の鋤(スキ)の金属部分の上を
火にかけ、魚や豆腐を焼いて食べたのが「鋤焼き」と呼ばれるように
なったというのが有力らしい・・・
つまり鉄の上で焼いて食べるのだから
いわゆる鉄板焼きなのではないかと思うわけです。
実際に今でも京都老舗料亭ですき焼きのコースをお願いすると
最初にザラメと言われる砂糖をいれその上に肉を乗せ
軽く焼き、その上に醤油をかけて牛肉を一枚ずつ焼いて食べます
まさにすき焼きの醍醐味です。

しかし家庭で作るすき焼きといったらどうでしょう
肉を焼くまではよいが、その後は野菜やら何やらぶっこんで
ほとんど鍋の様相・・・これじゃーすき焼きじゃなくて
すき鍋ではないのかと・・・

作り方も全国様々、関西は鉄の鍋をまず熱くして
牛の脂をこすりつけ油を出します。
そこに牛肉をのせて、ある程度焼き、その上にどさっと砂糖を乗せ
その上から醤油をどっぷりとかけていきます。
ある程度肉に甘辛味が付いたところで鍋の片方によせ
季節の野菜をどっぷりといれて、関東では白滝とかかっこよく言うけど
関西では普通に糸こんにゃくやうどんなどをいれて本当に鍋状態!

関東では「わりした」とかいうあらかじめ好みで混ぜた調味料を
入れるらしく、以前今日は気取って関東風にわりしたを使って
すきやきでもしようかとわりしたのレシピをネットで検索して
作ったものの、どうやら、かなりうすくちと申しましょうか
関西で育った私達の口に合わず、途中で砂糖と醤油を
ぶっこんでしまったという・・・
どうやら関西は、関東風よりもより甘辛さを必要とするようです。

・・・ということで関東の方と関西の方が結婚をすると
この味付け方法にて夫婦喧嘩が勃発してしまうらしい・・・

てか関西と関東の作り方しか知らないし・・・
どこからどこまでが関東風なのか関西風なのか・・・
いや名古屋では、味噌なんぞ入れたりして・・・???
また北海道や東北、はたまた南の九州では、どのような調理方法なのか?
そして地元特有のこんなもんが、すき焼きに入っているぞ!
というのがありましたら読者様どうぞ教えて下さいましm(__)m

ちなみに我家では「麩(ふ)」を入れた事がなく
友達の家で「麩入りのすき焼き」を食べた時に
カルチャーショックを受けた事があります。
同じ奈良でも家により入れる物は、様々な物なのだと・・・

そうそう、ちょっと話しは変わりますが食べ物でのカルチャーショック
というと「赤飯」です。
以前北海道に行った時に偶然いただいた「赤飯」なななんと甘いんです!
甘納豆が入っていたりして、砂糖がどっぷりと入っている感じ
帰ってから調べたら日本では北海道・青森・秋田のみ
「赤飯」の調理に砂糖を入れるらしい・・・
私は、ふつう「赤飯」といえば「ごま塩」という黒ゴマと塩を混ぜた物を
ふりかけて頂くのですが、これは全国共通だと思っていただけに
大変驚きました。

いやー所変われば食文化も変わるんですね・・・

全国各地にいらっしゃる読者様、是非あなたの町は関東風か関西風か
それとも地元特有風なのか教えて下さいましm(__)m

訃報

奈良の花卉業界では重鎮の岡本生花店 岡本伍市氏が
平成22年6月3日午前6時33分ご逝去されました。
conv0015_20100604213705.jpg
思い返せば物ごころついた頃から、氏は奈良花商組合の組合長を
されておりましたが恐いと言うイメージもなく
小柄なせいもありまして、「やさしいおっちゃん」という
イメージでありました。

氏の奈良花卉業界での貢献は偉大な物であり
全国へ出かけても知らない方がおられないほどに
長い間組合長を歴任されてきました
県内には地方市場が何か所かあり
それら市場を中心とした組合が県内には点在しておりましたが
これらを一つにまとめ関西では初めての奈良花商商業組合を
築きあげたのも氏の努力の賜物でありました。

とにかく人情深いお方で、もめ事が起きるのは大嫌いの
温和路線を進まれた方でしたので
比較的?過激な私とは晩年ぶつかりありもした事がありましたが
氏の影響力は大きく私もただただ付いていくという感じでした

組合長を辞された後も相談役として御逝去されるまで
まさに生涯組合の為に貢献された方は、岡本氏だけだったでしょう。
何かもめ事があれば氏がなんとかして下さるとまで
思うほどに大切な方であっただけに
何か心にまたひとつ大きな穴が開いたような気持ちですが
今はただ心より御冥福を祈るばかりです。

せめてもの御奉仕として葬儀の生花製作のお手伝いを昨日させて頂きに
まいりましたが・・・
ちょっと段取りが・・・故人を前に文句を言うのは止めておきましょう
御本人から「花鹿さんわるいな~」と言われているのが
はっきり聞こえましたから・・・
conv0014_20100604214213.jpg

conv0009_20100604214124.jpg conv0010_20100604214152.jpg

conv0012_20100604214053.jpg conv0011_20100604214109.jpg

conv0013_20100604214203.jpg

故人を偲ぶ花は各方面より会場に飾りきれないほどに・・・
私の作品は祭壇の花・だるま2個・スタンド花○○本・・・
これを三時間ほどで怒涛のように作り上げました
もうちょっと準備に誰かがな~
いやいや言わない言わない・・・

結束紐の違いによる花持ちテスト

暑いです!昼間外に出れば体感気温は30℃越えているような感じ・・・
車で配達するとクーラーをかけなくてはならないくらい暑いです
ある意味、沖縄より九州より今の奈良は暑いのかもと調べれば
全国の気温
やはり関西が一番暑いようです。
とくに奈良や京都市内なんかは盆地型の気候ですので
海風なんぞとは無縁の為にさわやかな風も吹きません
そんな花にとって一番過酷な地からも日持ちテストに参加です。

今日も真夏の如く夕方から雨が降り、いわゆる夕立という感じ
随分涼しくなったなあ~と室内の気温を見ると
conv0007_20100602231934.jpg
これでも充分涼しく感じるのが不思議ですね

実は、いち早く参加表明したものの調査票やら実験方法のメールが届かず
牛タンさまから日持ちテストどうですか?と電話頂いて
当店だけにメールが届いていない事が発覚!
みらいさまに問い合わせてみると、なななんと私がネット初めてすぐ
まだアナログ時代のメルアドに送信されている事がわかり「びっくり!」
もうメルアドも三代目くらいになって随分経つのですが
初代メルアドを知っていらっしゃるみらいさまと私の付き合いの古さも
さながら、最近はもっぱら電話での会話のみで
メールの交換はしていなかったな~と反省しきりです。

さてさて「あなたの店で通常使われている紐は?」と問われると
はずかしながら仏花等をくくる物と同じグリーンのビニール紐!
ラフィア・輸入のビニール紐・麻紐・・・と色々使ってきましたが
たどり着いたのがビニール紐、ただ組合から頂いた注文に関しては
いつの頃からか組合推奨のように捉え、麻紐を利用していたのですが・・・

ある時、組合から注文で受けた花束をいつものように麻紐くくりで
御客様に届けたところ、お名前と住所は存知あげなかった当店の
お得意様へのお届けでした。
その時は何もおっしゃらなかったのですが
暫くして御来店頂いたおりに「花鹿さん、この前届けた頂いた花束を
縛っていた紐って、いつもと違ったわね」とおっしゃいました。
「何か問題でもありましたか?」とお聞きしたところ
「いやいや問題は、ないのですが、いつもビニール紐で
するすると解けるように縛って頂いているのに先日のは黒い紐で
頑丈にくくってあったわね、解くのが大変だったわ」と
おっしゃいました。
確かに普段使いの花束は一方の紐を引っ張るとスルスルと解けるくくり方
ビニール紐だと、ともかく簡単に解けます
組合お届けの花束は麻紐で頑丈に縛りますから方法がまったく違います。
この御客様は、届けられた花束を崩して自分なりに飾れるのが好きで
スルスルと解ける結束を希望されたのですが
頂いたままポンと飾るのであれば頑丈にくくっていた方が良いのかも
しれません。
そんな事もあって今ではビニール紐を普通に使っているのですが
これもTPOなんでしょうね。

そもそもコンテストの花束って、いつの間にかガッチリと縛って
なんぼの世界となり、それが為に茎が弱い花を花束にいれる時は
クッショングリーン等でカバーし茎が潰れないように注意して作ってきました
それが世界基準であるという風にも感じておりましたが
実際のところ私が知りうる限り30年近く前の世界大会から
現在に至るまで、花束はどのような資材で、どのように縛らなくてはならない
という規定は、なかったように思います。
つまり出来栄えが良ければ結束がどうであろうと問題なかったはずです

世界大会で初めてビニテを片手に持って何本か花を追加するごとに
ビニテで固定していく様を見ていると滑稽ではありましたが
合理的であるとも思えました。

ならば何故日本人デザイナーはラフィアや麻紐を使うようになったのか・・・
日本に迎えられた外人テザイナーの影響で
ナチュラルなアレンジの花束を縛るにはナチュラルな素材で縛るという事で
ラフィアが日の目を見るようになり
それをさばいたりする面倒くささと強度の不足から
それでもナチュラルな素材を求めて、たどり着いた結果が麻紐なのでは
ないかと私は想像しています。
conv0008_20100602232022.jpg
とはいえ麻紐により水が濁るなんて想像もしておりませんでしたし
それが花の日持ちにどのように影響を与えるのか
興味深く実験してみたいと思います。
てか、ちょっと実験を!とお願いされただけで全国各地の花屋さんが
協力されるなんて、みらいさまとabさまの御人徳ですね。

私の中のゴルフ

年齢的な物なのかもしれませんが
最近妙に「ゴルフに行きませんか?」とのお誘いをうけます
私は、いつも通り「ゴルフには行きません」ときっぱり断ります
たとえ「付き合いが悪い!」と言われようとも・・・

いつの頃からか私には判りませんが
世の中に「接待ゴルフ」という言葉が生まれ
特に接待の必要もないと思われる花屋の世界にまで
「接待ゴルフ」らしきものが生まれてきました
確かに大企業である花屋なら、こうした「接待ゴルフ」も
営業の一環として必要不可欠なものなのかもしれませんが
いつのまにかそれら大きな花屋さんの練習の場を提供するが為に
「接待ゴルフ」など無縁な弱小花屋まで
ゴルフ・ゴルフと言い出し付き合いをしているのを見ていると
大変失礼な言い方ではございますが
滑稽に見えてしょうがありません。

一旦ゴルフに取りつかれてしまうと
ゴルフ道具に湯水の如く費用をかけ、休みと言えば家族を無視して
ゴルフ三昧・・・おまけに夜間までゴルフ練習場に
足しげく通う方までいたりして
本当にあなたは何の為にゴルフをしているんですか?
と問いたくなるくらいです。

それで私はたまに「あなたは何の為にゴルフをされているのですか?」
などと意地悪な質問をしてしまうのですが
皆さんおっしゃるに「健康の為に・・・」なとどおっしゃいます
「健康の為だけなら、何故道具にそんなに金を費やすのか?」
と引き続き意地悪な質問の回答には
「いやー上手い人は道具を選ばないんだけど
 へただと道具だけでも良い物を持たないとね~」
なんて答えが帰ってくる事が非常に多い
「健康の為なら道具だって何でも良いじゃないですか~」
と引き続き問い詰めると最後には
「やっぱりやるからには負けたくない」と本音が・・・
実際のところ私が思うには、やはりゴルフといえども
一種のスポーツでありスコアメイクが皆さん大事なんだな~と・・・
それに仲間とはいえ他人同士の集団の中でプレーするならば
ヘタより「上手い」と思われる方が
人間として優越感を感じるのでしょう
これは私の深読みかもしれませんが、だからこそ、ちょっと上手くなったら
ずぶの素人を誘い余計に優越感にしたりたいのではないかと・・・

まーここまでゴルフに否定的な事ばかり書くからといって
「お前はゴルフをやらないのか?」と問われると
実は、そんなに上手ではございませんが道具一式所持しておりますし
コースもそれなりに周ることも出来るでしょう
家族水いらずなら楽しんでプレイする事もできます。
つまり私のポリシーは「ゴルフは楽しんで、やるべき」だと
思うんですね。
スコアメイクに一喜一憂したくないわけです。
ならば気の許せる仲間同士でプレイかるなら
楽しくやりましょうや!と言われても
どこかで最後には「勝った負けた」という言葉が絶対出てくるもので
これがどうも嫌で付き合いが悪くなるわけです。

まっ細かい事に固執するなと言われそうですが
今後もこういったポリシーを曲げる事はないでしょう
・・・って事で今後とも私をゴルフに誘おうとは思わないで下さい
きっと私の言い訳で気分を害されると思いますので・・・
プロフィール

花鹿男

Author:花鹿男
超個人的フラワーデザインコンテストへの思いを書き記します。
最近主旨が変わってきてますが・・・?

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
花キューピットタウン


カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
ブログ内検索
ドル箱
ドル箱に登録すると普段利用している楽天ショッピングやyahooオークション等、普通の利用ポイントに合わせて更にポイントが付与されお得で~す。
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。