スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの思い

今回、全国支部役員ミーティングに参加させて頂き
改めてたくさんの方の「それぞれの思い」を聞かせて頂きました

裏サイトにて徹底的に攻められた本部の方々も
いくら下々の者にとやかく言われようが
それはそれは「それぞれの思い」をお持ちになって
今回の会議にいぞまれたことなのでしょう
この辺、こちらでは一般の方も御覧になる表サイトですし
書く事はできませんが、ある方の仰せで一筋の光が
見えてきたりする部分であったりもします。

ある御方は、今回の会議にて東京出向は最後だと言われる・・・
PCにおいて、はかりしれない技量をお持ちになり
その技量の全てと情熱をタウンにつぎ込み、設計され
苦しむ我らの業界に一つの明るい星を見いだして下さった
この御方も自らの商売を立て直す事を優先され
本部から退役されていこうとされる思いも充分に理解できますが
この辺は私がどうこう言うへき物でもありませんし
決して周囲は許されないのでしょう

ある御方は、周りからは計り知れないほどに
フロコン改革に尽力され、自らの店の職務をおいてまでも
全国各地に御出向され、現場の意見をくみとり
様々な議案を上提されるも提案する事項は、ことごとく潰され
その思いも完全にまっとうされていないままに
今期にて、これまた退役されようとしている
ある程度の道筋は本部の記録として残っているのかもしれないが
あなたさまほどに動ける方が後任にいらっしゃるとは思えない
これまた周囲が許さない事でしょう

はたまた、ほんの短時間ではございましたが
ワールドカップ日本代表という重責を背負わされたN氏も
現在言葉の壁にぶつかり、ルールの曖昧さに振り回され
心身ともにお疲れの御様子
ある程度出来あがった物も開催側の嫌がらせとも彷彿できる
Q&Aにて振り出しに戻され
船便にたよらなければならない現状では
絶望的な程に時間が足りないとお察し申し上げます
アウェーで戦うという事は、まさに技量を跳躍した
心理作戦での対決であると思います
どうぞ、この心理作戦での対決でも勝利をおさめて頂き
日本のパワーを世界に見せつけて下さいまし
心より応援申し上げております。

その他にも今回の会議で、お話しした方々からは
本当に「それぞれの思い」をお聞きする事ができました

これら「それぞれの思い」は、そのポジションにいないと
判らない部分ではあると思いますが
これら「それぞれの思い」が組合を支えているに違いないと
感じた今日この頃でした!
スポンサーサイト

全国支部役員ミーティング終了!萌え~

やーやはりよる年波には勝てず2日間びっしりな会合の後は
もうクタクタでございますが
更新を待っているぞ!との激励を頂けば
更新するのもこれまた「親和と誠実」ではないのかと
皆さんの知りたい部分をメイン?に御報告を・・・

27日の会議は午後1時からですので
そんなに早く自宅をでなくても充分に間に合うのですが
娘から特殊任務?を仰せつかった私は朝一の便で東京へ
お昼には無事任務をはたし会場へ
この特殊任務を付け加えたが為に久しぶりに履いた革靴のせいで
足に豆が発生!これをかばいながらも歩き続ける私の足は
究極にパンパンにはれあがっておりました・・・
って、こんな事はどうでもよいのですが
会場に辿りつくと大きな会場に人がびっしり
conv0007_20100128224602.jpg
支部ごとに席が割り振られているわけでもなく
支部長は支部長・情報化は情報化と区分けされており
お偉い様にはテーブルを与えられますが、下っ端役員の私達にはテーブルもなく
後援会の視聴者状態ではございましたが、つつがなく議事は進められて
いきました。
質疑応答で一番最初に手をあげるのは誰なのかと楽しみにしておりましたが
ここは吠えるサムライ神奈川支部長の出番でございます
それはそれは鋭いと申しましょうか、オブラートに包まず
話すという事は、このような事なのかと驚くばかり質疑に
愛知支部長も挙手されておりましたが先をこされた感はぬぐわれず
あてられぬままに質疑応答終了!
その議事内容の多さにも関わらず質疑応答の時間が短すぎるは
これもまた、本部の戦略なのか・・・

そして会議の後には懇親会!これがまた1つの会場で行うのではなく
二つの会場で行われたのですが、出てくる食事の内容が月とすっぽん
鯛とめざし、デコレーションケーキと飴・・・の如く?の違いで
私はスッポンの方にあてがわれたわけですが、こりゃーひどすぎ
両方をいったりきたりしていた私は結構食べさせて頂きましたが・・・

懇親会が終わるとお楽しみ「はいコチオフ会」でございます
何処にいこうかと迷っておりましたら
タツノさまがお持ちの会員証で冥土の土産に某○イド居酒屋へ・・・
ここから先は、ご興味のない方は飛ばしちゃって
まずはマニュアルから参照
conv0009_20100128224626.jpg
そして飲み物を頼んで食べ物を注文
conv0008_20100128224615.jpg
うーん萌え~なメニューではございませんか・・・
その中でも特に萌え~な内容の食べ物をピックアップして注文したら
○イドさんがテーブルまでシェイカーを持ってきて
萌え萌えシェーーーーーク!
conv0010_20100128224639.jpg
次は、また違う子がジャンボコロッケを持ってきて下さり
テーブル上にて、かわゆい文字をケチャップとマヨネーズで・・・
conv0011_20100128224649.jpg
それで出来上がったのが↓こちら
conv0012_20100128224702.jpg
いやーーーーこれ以上の事は品行方正な当ブログでは書けねー・・・
ということで入り浸る事、3時間以上ではございましたが
明朗会計で、なんと1名様3000円程度
3000円でこれでけ萌え~られるのだから東京って良い所ですよね~・・・

この後、帰って寝ようと思いましたが私達が充実した萌え萌え経験をさせて頂いて
いる間も針のムシロに座らされたままのお2人からのご要請で
3次会へ・・・これまたぷるんぷるんな?サワーを頂き
ここでもどっぷりとディープなお話しを交わして午前2時過ぎ終了

翌日の全国情報化委員では分科会のリーダーが各地の
ハイこちメンバーであり、質疑応答もハイこちメンバーであり
このグループで全国を支配してしまうのではないかというような
コアな勢いでございましたが、これはこれで意識の低い
全国の情報化委員さんの意識を改革させのではないかと感じられた!

こうして今回の全国支部役員ミーティングは熱く萌えいやいや燃えつきた
のでございますが、燃え尽きた分、私の体はボロボロで
明日の2日間ためおきの仕事を無事こなす事ができるのか
今から心配な部分でもございます!

お会いしてお話しをさせて頂いた全国の皆さま方
おつかれさまでございましたm(__)m
いろんな意味で今回は貴重な経験をたくさんさせて頂きました
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます

いやー○イドさん、かわゆす・・・牛タンさま・しょうさま ざ・ん・ね・ん

全国支部役員ミーティング

いよいよ本日そして明日にかけ東京にて
全国支部役員ミーティングが開催されます。

私も奈良支部の支部情報化委員として参加するのですが
全国各支部の役員5名ずつが参加するために
相当な人数となるようです。

もともとこのような会議は地方単位で行われておりましたので
近畿なら大阪に地区のメンバーが集合する事となっておりましたが
今回より初めて本部のある東京にて一括開催されることとなりました

そんなものでいったいどのような状況になるのか想像もつきません
地方単位であったならば50名程度のちょっと大きな会議って感じですが
全国規模ともなると学校の体育館で生徒が講師の演説を
聞いているかのような感じとなるのかな・・・
まあそれならそれで、こんな大きな私でもあまり目立たないでしょう
まっ一応支部を代表して行くのですから
お話しは、しっかりと聞いてきますが・・・

会議が終わると懇親会・・・
久しぶりに会うあんな方やこんな方・・・ここの読者さまとも
どのくらいお会いできる事やら・・・
最初は、とっつきにくい恐そうなジジイだと思われるそうですが
お話しすれば「お話し好きな五月蠅い親父」って思われるようですので
ひょっとして花鹿男?って思ったらお気軽にお声掛けくださいね
って書いたって、ここを御覧にならないままに
東京へ行かれる方が殆どだと思いますが・・・

問題は、その後の二次会・・・
これはどうなることやら・・・

そして翌日は朝9時から午後1時まで食事なし情報化委員のみを集めた
スペシャルな会議・・・すでに資料には目を通しておりますが
これは他の委員会より中味の濃い~い会議となりそう
ある意味、今後の組合の運命は、この部署にかかっているのかも・・・

まー当組合に参加されていない方には、なんのこっちゃ?
って思われる方が多いと思いますが
とにかく大事な会議なんです。

そんなもので2日間留守に致しますので
コメント対応・更新が遅れると思いますが
どうぞ御容赦下さい<(_ _)>

いってきま~す!

平城遷都1300年祭 メイン会場準備中!

平城遷都1300年祭は今年1月1日に開幕致しましたが
はっきり言って全く盛り上がりにかけています

何せ元旦に開幕したと言えどもメイン会場である平城宮跡でのイベントは
4月24日からですので、いたしかたないのでしょう!
conv0006_20100124194651.jpg
↑ ちなみにこちらが23日のメイン会場付近の様子ですが
まだまだ工事現場の様相です、4月には綺麗になっていることでしょう

そして後方に見えている茶色山の部分が若草山です
この後、奈良恒例の若草山の山焼きが開催されました
山焼き
山焼きの由来につきましては昨年の若草山・山焼きの記事をご参照下さい。
今年は平城遷都1300年祭ということもあって
例年の倍以上の花火が打ち上げられ大変綺麗でした
写真は合成写真なんで花火と山焼きがセットで開催されているような感じですが
花火は山焼きの点火作業をする直前に行われるので
花火が上がるとまもなく山焼きが始まるぞー!といった合図のようなものです

さて今年は、この山焼きがどのように火をつけるのかを御紹介致します
1.若草山と御蓋山(みかさやま)の谷を流れる吉城川沿いの水谷橋のたもとで
 春日大社の聖火から松明に火を移し10名の奈良法師が若草山麓まで火を運びます。
     ↓
2.若草山山麓の野上神社に火を運び、まずかがり火に点火します
 そして春日大社の神官による山焼きの無事を祈る祭典が始ります。
     ↓
3.祭典の後、春日大社、興福寺、東大寺の三社寺により大松明に点火されます
 この点火と同時に花火が始まり、それが終わると
 号令のラッパと共に点火されます。

この号令の後、各ポジションから一斉に点火する役目が奈良市の消防団
約300名ほどの方と県の職員によって行われます

奈良市の友人に聞くと片手に松明、もう片手に竹ぼうき
そして背中には消化用の水を20kgほど背負って火をつけにいくそうですが
初めての頃は要領がつかめず、「あやうく焼け死んでしまう所だった」と
申しておりましたが、そんな事故聞いた事がありませんし
大げさに言っているのでしょう・・・
まっ近くで一気に燃えるので、それはそれは熱いそうなんで
そう感じるんでしょうね。
竹ぼうきは火の子が飛び散った時に消したりする時に使うので
終わるころには顔も真っ黒、全身ススだらけとなるそうです

火遊び大好きな私も一度は、やってみたいから交代して!って
懇願した事があるのですが消防分団が行う事から
他人が来ればバレバレだそうで
私自身は点けた事はありません。
でも毎年となると本当に大変なお仕事で
今となると大和郡山市市民で良かったなあ!なんて思っちゃうんですがね。

買うべきか?買わぬべきか?

全国支部情報化会議を目前にしてって事でもないのですが
買うべきか?買わぬべきか?非常に悩んでいる物があります
それはPC・・・昨年相次いで2台のPCがお亡くなりになった為に
デスクトップ・ノートともに買い換えたのですが
家電ショップに行くと非常に気になるのが
ウルトラモバイルパソコンやモバイルパソコンといった
B5サイズ以下のPC!

ノートバソコンを購入する際にも気になっていたのですが
画面のサイズが小さくなると文字も小さくなるし
(設定でいくらでも文字は大きくなるのですが・・・)
キーボードも押し難くなる為に
やっぱA4サイズがいいわ!って購入したのであるが
このA4ノートパソコンが意外と重い
車で、おでかする時なら気にならないのですが
列車や航空機を利用するとなると
それをかかえたままでウロウロする事も出来ない重量でして
おまけにPCの入れる場所と全体の重さの軽減の為に
おでかけする時のカバンの中味は宿泊分の下着とPCのみ
何かこぼしてしまうなど洋服を汚してしまうと
着替えすら、ない状況でして
やっぱりおでかけする時にはモバイルパソコンを購入
すべきじゃなかろうかと感じてしまう今日この頃なんですね

しかし冷静になってみるとそんなにおでかけするわけでもなく
ネット依存症でもない私は1日や2日PCがなくったって
何ら禁断症状が現れることもない
御値段の安いウルトラモバイルパソコンなら簡単に手を出せるが
やはりそれなりのグレードであるモバイルパソコンを購入するとなると
同グレードのノートやデスクトップなどと比較すれば
高くなるので、どうにももったいない気がする・・・

「いやいやお前さん!何のためにおでかけにPCを持っていくんだい?
てめえくらいのスキルなら安もんのPCで充分じゃんか・・・」
・・・と杜の都から聞こえてくるような気がするし・・・・

確かに私がおでかけしてPC使うとしてもネットでの花の仕入れや
このブログの更新程度・・・ネット接続できりゃー多少グレードが
低くったって大丈夫!
これから子供の大学費用やら大変だし節約しないとね!

おいおい、そんなにグレードの低い物を一時の為に買うなら
多少重たい目をしてもノートパソコン持っていきゃーいいじゃん

・・・なんて思いながら年末から現在にいたるまで
何回あししげく家電ショップに通ったことか・・・
その間、年末セール・新春セール・・・
などなどセール期間があり、何度かは値段交渉もしたのだが
ここにきて急に在庫限りって事で急に値段が下がってきた・・・
どうやら月末には各社から春モデルが発売されるようで
在庫をさばきたいようだ・・・
そうなると今買うと、きっと後悔するだろうと思うわけで
未だに購入にいたっていない・・・

こんな私、モバイルパソコンを購入した方がいいと思います???
購入すべきだと思われる方は、こんな機種がいいんじゃないの?
なんてお薦め情報も頂けたら嬉しいなあ~\(^o^)/

ギター装飾

「いらっしゃいませ!」

「おっちゃんギターの飾りつけできる?」
と突然言い出した綺麗なお嬢さん・・・

「えっ、何の装飾?」
と唐突なまでの注文に一旦たじろぐ私・・・

「てか、私の事覚えてる?」
とまた唐突な突っ込みに何処かでお世話になった方か・・・
なんて変な事を考えつつ黙っていると

「高校の制服、着てたらわかるかな~?」
とヒントめいた言葉で、ようやく思い出した!
彼女は店の近くの高校で吹奏楽部に入部していた女の子
他校の演奏会や家族の誕生日・母の日・・・などなど
とにかく高校時代には、当店をご愛顧頂いており
どうしても卒業する時に花束を当店からプレゼントしたくて
卒業式の帰りに寄って貰い花束をプレゼントさせて頂いたくらいなのに
ここ3年ほど見ない間にすっかり少女から女性へと変身していたのである

「まあーべっぴんになって、びっくりして誰かなーとおもてしもたわ!
 久しぶりやな~、よう来てくれたわ~。」
とただただしゃべくりで体裁をつくろう私であったが

「なあーおっちゃん、ギターを装飾する花って出来る?
 近くの花屋さんで頼んでも予算が少ないのか、出来ないのか
 断られるばかりやねん!」
とちょっと悲しそうだが、せっぱつまった感じでだったので

「よっしゃ、花の事やったら、おっちゃん何でもやったるでー!
 やっぱピンク系が、まだ好きか~?」
そうなんです彼女の注文は、いかなる用途であろうとピンク系
ラッピングからリボンに至るまで、全てがピンク系がお気に入りという

「よーわかってるやんか、やっぱりおっちゃんやな~
 私、京都の大学に行ってバンドやってんねんけど
 今年は就活せんなあかんから、ラストのライヴやねん
 最後の想い出にこのギターにピンクの花をいっぱいつけて
 燃えつきたいんやー!」
・・・と熱く語る彼女に低予算ながら快く引き受けた私であるが
恥ずかしながらこういった仕事は、承った事がなくて
エレキギターだし、激しくはないがギターも引くらしいので
やはりワイヤリングでカーランドが無難なのかとの結論に達し

「よっしゃーワイヤリングで作ったるわ、ギターのサイズを
 型紙に取るからギターを持ってきて!
 ところで、いついんの?」

「急で悪い!明日やねん・・・」

今更断る事値も出来ず、こういう時に限って少々店が忙しかったりして
ま、試行錯誤しながら作ってたら1時間ちょっとかかっちゃった
conv0001_20100120112925.jpg
↑出来たのがこんな感じ・・・
あまり凝らずに無難にギターっぽい形してるでしょ!

喜んで貰えるかな?
ラストライヴが成功しますように・・・

大学って必要なのか?

皆様方に大変ご心配をおかけしました娘のセンター試験ですが
昨日高校で自己採点をしたところ全体で8割弱の成績をとることができ
これにて本命受験大学の受験資格を充分満たす事もできましたし
センター試験利用での関西私立大学有名校、関関同立といった併願校に
おきましても、まだ合格発表はされていませんが
合格基準点数に達したもようでございます
皆様方のご声援・ご祈願・ご激励などなど
本当にありがとうございました<(_ _)>

まだまだ本命校の二次試験までの一か月間が本当の正念場となりますが
皆様方の暖かい励ましのお気持ちを大事に
努力し目標を達成してくれるものと信じております。

さて娘がセンター試験の会場に達するまでの駅から徒歩10分ほどの間に
受験生だと確信したら、もの凄い勢いで色々な物を手渡されたそうです
conv0001_20100118155501.jpg
↑そのほんの一部が上の画像の商品
内容物はカイロ系各サイズが最も多く、濡れティッシュや油取り紙
おかしなどなど、その内容もさまざま
渡しているのは学習塾・予備校・住宅斡旋業者などで
住宅斡旋業者なら合格した先の事を考えてくれているのかと
思ったりもすることができるのですが
学習塾や予備校に関しては、合格できなかったら来いよ!と
言われているような気がして当初、娘は頂かなかったそうなのであるが
一緒に行った友人達が私達は使わないけど両親のお土産にしたら
喜ばれるから貰っておこうよ!との言葉で頂いたそうです。
いやー最近の子は、しっかりしてますわ!

それにしてもこんなにセールスしなければ
塾関連や住宅斡旋業者も大変なんだろうか???
私の時代には合格発表の時だけだったような・・・
そうか最近は合格発表をネット上で行う大学も増えた為に
受験時期がチャンスとなっちゃうのかな・・・

さてさて自分の子供を受験させておいて何なんですが
最近大学って本当に必要なのかと感じてしまう今日この頃です
お医者様・弁護士・裁判官などなど
特殊な資格を必要とするならば大学も必要であろうが
一流企業に勤めるだけで本当に大学卒業資格はいるのか・・・
なんて考えてしまうのです
それは最近大学に行っておられなかった方々で
本当に素晴らしい素養をお持ちの方々とたくさん出会うように
なってから特にそのように感じてしまうのです

何年か前までは一流大学にさえ合格すれば
それなりの就職先を確保できるのが当然でありましたが
ここ2・3年の状況を聞いていると悲惨な状態です
関西では一流と言われている大阪大学でも今年の就職率は
50数パーセントとも言われている御時世において
高校卒業後に数百万のお金をかけてまでも
大学に通わせる必要性があるのかと・・・

私自身の今までの大学のイメージと致しましては
勉強や研究するだけの場所ではなく
社会に出るまでに必要な基本的な人間関係の知識を得るために
行く場所ではないかと考えおり
それを学ぶには体育会系部活にいそしむ事が
最善の方法ではないかと実践してきましたが
高校教師時代に改めて人間関係の難しさを考えさせられ
この思いは無残に切り崩されてしまいました。

一方花屋に入って学歴を気にしないようになってからは
本当に素晴らしい方々との多くの出会いをさせて頂きました
学歴なんぞ無かったとしてもPCスキルが私とは比べ物にならないほど
卓越された才能をお持ちの方や技術畑においても
高卒後しかるべき花店にて技術を学ばれ
現在立派なデザイナーとして活躍されている方などなど
今になって私の大学時代の4年間は無駄ではなかったのであろうかと
ひしひしと感じてしまいます。

我が家の子供達にも大学卒業後の就職先を高校時代から
決定していないのなら大学に行く必要はない!とまで言ったのですが
今は二人ともしっかりとした目標と展望を持ち
大学受験にいぞんでおります
ここを御覧になって頂いている読者さまにおかれましても
まだまだ小さいお子様をお持ちの方々が多いようですが
出来るだけ早い段階において大学進学の必要性を
お話しされる事が大事なのかと・・・
・・・って余計なお世話ですよね。

センター試験

まずは前記事にございました紗舞館(しゃぶかん)の答えですが
よっぽど私に抱擁されたくないのかコメント頂けなかったので
答えてやんない!
いやいや普通の喫茶店のような食堂でした!
この中も非常にレトロな雰囲気をかもちだしていたのですが
お客様もたくさんいらっしゃいましたので
写真撮影はひかえさせて頂きました。

さて昨日は早いもので娘のセンター試験の初日
そして我が妻の誕生日でございます
こんな時に誕生祝いも出来ない事から本日の夜
皆でディナーする予定で~す(^O^)

さて初日の試験が終わるのは午後六時半
自宅に到着するのは午後七時過ぎで、娘がどんな顔をして帰ってくるか
心配でしたが元気に「ただいま~」と言って帰ってきました
ないしん「どうだった?」と聞きたい言葉をぐっとこらえ
「おつかれさま」としか言えなかった・・・
夕食をとりながら会話をかわしていたら
前日に高校側が用意した疑似問題が不得意の古文で出題されたようで
時間があまるほどだったらしい・・・
まあ親としては落ち込まず本日にいぞめるので一安心です
本日は2日目で理数系教科の試験となります

今年の大学入試は不景気真っ最中の時世を反映して
ズバリ「安・近・少」といわれております、それは何を意味するのか
「安」学費が少しでも安い国公立大学を目指す
「近」自宅から出来るだけ近い大学に通い、下宿代・通学費を抑える
「少」併願受験する私立大学を厳選し受験校を少なくする
という事になります。
その他にも大学への進学自体を見直したり、入学しても奨学金を利用する
といった明らかに経済的問題を抱えておられる方も多く
また、一般入試の受験費用を極端に抑える為に
自分のレベルを下げてでも
推薦入試、AO(アドミッション・オフィス)入試を積極的に利用する志向が
多いそうである。
そして、どうせ大金をはたいて大学に通うのなら
それなりの資格を得られるようにと教育系や看護系の大学は
特に競争率が高いようです。

当家の娘も例外にあらず、その傾向の通りな為に
競争率も高く、まさにセンター試験で1点でも多く取る事が
合否の大きなポイントとなります
1点の違いは、およそ1000人の差とも言われていますので
この差は合否を左右させるほどの異常に大きな差ともいえます

高校受験の際は当県では中学時代の成績(内申点)が半分
当日の試験が半分と当日の試験が多少悪くとも内申点さえよければ
ある意味挽回する事ができましたが
センター試験のスタート地点は高校のレベルに関わらず
まさに一直線であり何のハンディーもありません
それだけに一発勝負であり、この結果のみが高校時代の内申点
のようなものとなります
これは語弊になりますが例え二流・三流の高校に通っていても
センター試験は受験できますし
たまたま得意な問題が出て高い得点をとれば
それが自身の内申点となるわけですから受得であるとも言われています

その為に二次試験が課されるわけですが
これもセンター試験の結果次第で大学を選択するわけですから
レベルの低い大学ほどセンター試験の結果を重視して二次試験の比率を
下げたりして全体の均衡を図るわけですから
やはりセンター試験の結果は重要です

この一発勝負が後に問題をかもちだす場合も多くなり
2.3年後の変更をメドにセンター予備試験と称する物が
各高校で実施され、中学時代の内申点のようなものを作る予定が
あるそうなのであるが、これが実施されるのは今度息子が
受験する頃なようで、これまた気がかりなものです。

こういった理由から昨年末より親として
神社・仏閣詣りを続けてきたわけですが
試験当日の親としては、ただただ静観するのみ
胃が痛くて食事もままならない状況です

自分が受験した時は親の時代は楽ちんだったんだろうな~
なんで自分の時代は、こんなにも苦労せねばならないんだ!
と思っておりましたが「親の心子知らず」の言葉どおり
実際に親となって経験しなければ
こんな思いを体験する事も出来ないのでしょう

後は本日2日目の試験を終えて
娘が笑顔で帰ってくることを祈るのみ・・・
各方面から娘の為に激励のお電話やメール
ありがとうございました<(_ _)>
娘の力となっていると思います(感謝)

花鹿男in九州 最終回

最終回では今回の九州珍道中を振り返ってみようかと・・・

福岡空港に到着して大宰府天満宮→門司港まではpart1にて
書きましたので、門司港についてからの事を・・・

レンタカーは事前調査済みの門司港駅近くの支店に帰し
FLOWER LIVEが開始されるまでの間
門司港レトロ地区の観光に出かけました
まず行ったところが門司港の玄関口・門司港駅
conv0008_20100114151914.jpg
なんとも風情のある駅舎じゃないですか~
早速中に入ってみるとこれまたレトロな看板にびっくり
conv0009_20100114152034.jpg conv0010_20100114152114.jpg conv0011_20100114152126.jpg
そしてきわめつけは下の看板
conv0012_20100114152141.jpg
何の看板だと思います?何かそそるでしょう~???
正解者には今度月末にお会いできる方なら、私の熱~い抱擁をプレゼント!
えーいらないっていった奴は誰だ~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
答えは次回ブログでね(^_-)-☆

さてさて他にも奈良とは全く違った西洋の文化を感じさせる
レトロな建物が町の中に点在しております
どこかで見た事があるような・・・横浜だったかな???
conv0014_20100114153804.jpg conv0015_20100114153813.jpg conv0016_20100114153823.jpg
その中心部にあるのが今回省吾さんがLIVEをおこなわれた門司港ホテル
conv0017_20100114153833.jpg
↑こちらも近代的な建物ではありますが
色合いを町の雰囲気に合わせ、かつスタイリッシュな雰囲気のホテルです

そんな街並みを歩いていると所々で行列があり何なのかと見てみると
どれもこれも「焼きカレー」のお店らしい・・・
conv0013_20100114153845.jpg
門司港には、この焼きカレーのお店が何件もあり
どの店もそれなりに行列をつくっています
行列を作っていると食べてみたくなるいやしい花鹿男ですが
午前中にpart1にて紹介させて頂いた九州名物をたらふく食べた後なので
流石に食べることもできず断念(T_T)

しかし何という事でしょう・・・
省吾さんのLIVEが終了した後の立食パーティーに北九州の名物食材が
どっさりと・・・パーティーなんでカメラを持っていかなかったのですが
それはそれは豪勢な物でした
もちろんありましたよ「焼きカレー」も・・・
まーこちらでもたっぷりお食事を頂き、花キューピット九州ブロックの
皆様方とも楽しく色々とお話しさせて頂きました
少々ながら飲酒もさせて頂いたのでパーティー後
夜風を浴びにでかけました
conv0020_20100114160119.jpg conv0021_20100114160129.jpg conv0022_20100114160140.jpg

conv0019_20100114160106.jpg conv0018_20100114160056.jpg
夜の門司港レトロ地区も幻想的で素敵です
こういう時は流石に一人旅は寂しいですね・・・と思っていたら
省吾さんからお電話を頂き夜のパーティーにお呼び頂き
またまた「焼きカレー」を・・・
conv0001 (5)
バターライスの上に目玉焼きを乗せ、その上にカレーをかけ
そして更にその上にチーズを乗せてオーブンで焼いた一品!
こちらでいうカレードリアの豪華版といったような感じかな・・・
ここでまた色々なお話しとお食事で身も心もいっぱいいっぱい・・・
本当に楽しいひとときでした
日付変更線を少々過ぎた頃に皆さんとお別れし
部屋に入りpart1をアップした頃には午前2時頃・・・
翌朝まで、どっぷりと眠りました

起きてみると人間不思議なもので、もうおなかがすいている
朝食から、ふぐの一夜干しや辛子明太子など九州の食材を満喫し
次の目的地は下関にある唐戸市場・・・
ホテルから徒歩5分くらいで下関行き連絡船が出ており
conv0003_20100114163007.jpg
なんと5分で本州側下関、おりた所が唐戸市場!
conv0004 (4)
なんとアクセスが良いのでしょう・・・市場の中は昼食時間前
とあってすんごい人盛り
conv0005_20100114163528.jpg conv0023_20100114163612.jpg conv0024_20100114163624.jpg
なぬー天然のフグ挿しが一皿700円だと~・・・
クジラの肉もあったりして
朝もしこたま食べたお腹が次の食べる物をよこせと言っております???

ただ食べる場所がちょっと・・・
conv0006_20100114163645.jpg
生簀の横では、ちょっぴり寒くて魚臭くて・・・
それに一人で割り込んでいくのも勇気がいりますし
市場の近くにあったフグ専門の食堂へ移動し昼食を頂きました
conv0025_20100114164137.jpg
↑私の頂いたのはフグのぶっかけ丼定食1500円!
ごはんの上にフグ挿しがどっぷりと乗せられており
フグ汁とフグのフライ&唐揚げが付いて、この価格
お値打ちでしょ!

食事の後は、また船で門司港にもどり
門司港駅から小倉そして
conv0026_20100114164146.jpg
新幹線にて帰りました

いやー本当に内容の濃~~~い久しぶりの九州の旅でした
九州の皆様方色々とお世話になりありがとうございましたm(__)m

花鹿男in九州 part2

省吾さんのブログでもFLOWER LIVEの模様が徐々にアップされてきましたので
今回は紹介されている範囲で、その模様をお伝えしようかと・・・

開催された場所は北九州の門司港レトロ地区のど真ん中にある
その名も「門司港ホテル」周りには異国情緒たっぷりのレトロな建物が
たくさんあり、関門橋も目の前に見えている素晴らしいロケーション
そちらのロビー階にある大きな会場で行われました

会場定員は270名でシアター形式に席が作られており
何処から見ても大変見やすい席となっています
ショーの開始は午後5時からだったのですが
開場の午後4時には、いきなり会場入りして席を確保
会場の中では鳥のさえずりが鳴り響き
森の中へ舞い込んだような雰囲気が・・・
みるみるうちに会場の席はうまり、ほぼ満席の状態となりました
後にお聞きしたのですが、こういった催しというのは
花屋関係の来場者が多いのが普通ですが観客の四分の三は一般の方であり
省吾さんのお店に来られるお客様だとか・・・
このご時世に大枚はたいてもショーを見に来て下さる
お客様がたくさんいらっしゃるとは本当に省吾さんと御客様の絆を
感じてしまいました。

いよいよ定刻通りにFLOWER LIVEの開始!
会場は、真っ暗となり心地よいテンポアップされた音楽が鳴り響き
スクリーンに美しい画像が映写されていきます
音楽が一瞬鳴りやんだと思ったら省吾さんがライトアップされ
最初のデモが開始・・・
この間も作品にあった音楽が次々と流れ
音楽に合わせ着々と作品が仕上がっていきます・・・
前記事にも書きましたが、出来る上がる作品には
出来あがる直前に毎回サプライズがあり
観客をあきさせません
作品が出来あがるとスポットが消え
暗闇の中でスタッフの方々があっという間に次の準備をされ
スタート!こういった演出が山本さんと清水さんで交互に
行われました。

サプライズってどんな事?って気になりますよね
省吾さんのブログでも紹介されている範囲で、そのうちの一つを
ご紹介させて頂きます。
conv0001_20100112003825.jpg
まず暗闇の中で準備の最中に次に制作するアレンジのタイトルと
花材などが紹介されます
conv0002_20100112003834.jpg
会場が明るくなると板の上に花をいけておられているような感じ・・・
いけておられている手元も色々な場所に設置されたカメラが
手先を追いかけ、大型スクリーンに映しだされていきます
作品が大体出来あがったところで会場は薄暗くなっていきます
conv0003_20100112003846.jpg
すると天井からなんとライトが下りてきて、作品の横に大きな桜の束が
置かれているようです
会場の中では、いったいどのようになるのかと観客がざわざわと
騒ぎ出す中、ライトが再び天井に戻ろうとすると
その大きな桜の束も先程作られていた板のような物も
ワイヤーで釣りあげられていきます
どうなるのかとじっくり見ているとライトアップされびっくり
conv0005_20100112003905.jpg
こんな素敵な作品が出来あがっており
会場は歓喜の嵐で大拍手・・・
これで終わりかと思ったら大間違い・・・
なんと後ろのスクリーンが上げられると窓腰にライトアップされた
素敵な夜景が・・・
なんとなく宇宙につながる道を演出むしているかのようです
これで終わりかと思ったら・・・
conv0004_20100112003856.jpg
画像では、良くわからないと思いますが
窓の外で花火が打ち上げられファイナルはナイアガラの滝です
こんな演出・・・ディスニーランドか?なんて思っちゃいました
周りは方々はウルウル涙を浮かべて感激されている方もいたりして
本当に素晴らしい演出でした

驚く事にこれらの企画が企画会社によるものでもなく
山本省吾さん自体が企画されたものと後で、お聞きし
これまた驚かされっぱなしでした。

この演出はフィナーレだったのですが
このような素敵な演出が最初からずーっと続いたのですから
本当に感動ものです
全てを紹介するのは現場に実際に行かれた方にも失礼ですので
私からのFLOWER LIVEの御紹介は、この辺で・・・

省吾さん本当に素晴らしいLIVEをありがとうございました<(_ _)>

次回は花鹿男九州珍道中を・・・

花鹿男in九州 part1

杜の都の方から娘さんが来週センター試験なのに
お前は九州で遊んでいるのかい?
・・・なんて疑われそうなんで、ちょっと釈明しようかと・・・

はい、確かにお正月は珍しく県内から脱出すらしなかった為に
ちょっとお出かけしたいという思惑もあったのも事実なのですが
今回の第一の目的は何といっても、こちらのブログでリンクもさせて頂いている
九州のフラワーデザイン界の親分でもある山本省吾さんのFLOWER LIVE
見に行く事、そして第二の目的は、せっかく九州にまで行くのだから
全国の天満宮の総本山である大宰府天満宮に娘の受験の願をかけに
いきたいという目的がございました。

まずは山本省吾さんのFLOWER LIVE・・・
conv0017_20100111010849.jpg
今回は札幌から清水さくらさんをお呼びして行われたのですが
いやー本当に凄かった・・・
九州まで遠征して見に来るかいがあったといえますでしょうね
conv0018_20100111010917.jpg

conv0019_20100111010939.jpg
お二人が次々と入れ替わり立ち替わり作品が次々と制作されていきます
しかも全ての作品に寄席でで言う所のオチがあるんですね
これじゃーつまらないな~なんて思わせておいて
出来あがる直前にちょっぴりスパイスをふりかけると
観客は「わーーーー!」と悲鳴のような歓声が広がります

この件は近々省吾さんのブログでも触れられるかもしれないので
今日は、この辺で・・・次回をお楽しみにね!

さてさて今回の目的地は門司港と大宰府・・・
どのルートでいけば満喫できるか花鹿ツーリストの考えた結果は
福岡空港まで飛び、そこからレンタカーを借りて移動するというプラン
空港から大宰府天満宮までは通常なら車で30分足らずですが
昨日は休日ということもあり受験シーズンということもあり
一時間ちょっとかかっちゃいました
conv0005_20100111012112.jpg conv0008_20100111012137.jpg conv0009_20100111012157.jpg
しっかりどっぷりと祈願を受けて、お守りを拝受して目的終了!

でも九州も、うまかもんがたくさんありますわな・・・
せっかく来たのだからそれらもちょいと・・・
conv0006_20100111012812.jpg大宰府名物、梅ケ枝餅

conv0010_20100111012828.jpg宮崎名物、肉巻きおにぎり

conv0013_20100111012905.jpg博多ラーメンと明太子ごはん

conv0015_20100111012933.jpg conv0016_20100111013001.jpg佐世保バーガー

どれもこれも上手いこと・・・
こっちが目的じゃない?なんて言わないで~
つづく・・・

奈良の鹿のお話し

花鹿男と名乗りながら奈良の鹿のお話しをしていなかったことに気づき
今日は奈良の鹿についてウンチクをお話ししようかと・・・

奈良の観光案内をさせて頂いていると大抵鹿の話題となります。
先日、牛タンさまを御案内している時も「奈良公園には柵がないっちゃ
何処かに行ったりしないっちゃ?」とか
「鹿って普通に車道を歩いたりするのっちゃ?」
なんて質問もございました。
広島の安芸の宮島にいる鹿は島の中に住んでいるので島から泳いでまで
逃亡するような事はないですが、奈良の鹿は来られた方が誰しも驚かれる
完全野放し状態なもので、何処に行こうとも自由です。

そもそも鹿は単独行動をとらず普段は集団行動をとっています
そして習性として雄は雄同士、雌は雌同士で行動を共にします
ですから集団で遠征することは、その危険性から殆どありえないそうです
しかし雄鹿は発情期のみ単独行動をとり
雌鹿の群れに突入していくのですが
たまには代わり物がいて、いろんな所へ行く鹿もおります。

実際に私も近鉄奈良駅周辺で見かける事は良くありますし
改札口を通過して電車に乗ろうとした鹿を制止している風景も
昔見たことがあります。
奈良駅近くには奈良女子大学という日本三大女子大学もありますが
こちらにも雄鹿が何を目的にしているのか良く舞い込んでくるそうです
記録によると最も遠い所への遠征は大阪市で発見された事が
あるらしい!これは、その時捕獲された鹿のDNAから
奈良公園の鹿と確認されたから本当なのでしょうが
過去をさかのぼれば、もっと遠くに行っていたかもしれません

一説には種の保存の為とも考えられています。
なにせ現在奈良にいる鹿の血液検査をしたら全ての鹿が
近親相姦にて生まれた鹿との結果が出ているのですから・・・

こりゃー奈良の鹿と安芸の宮島の鹿を相互派遣して
種の保存をせにゃーならんわね???

ところで何故奈良に鹿は、いるのか?
春日大社の第一殿の神、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が
茨城県の鹿島神宮から白い鹿に乗って奈良にやってきたという伝説に
始まります。それ以来、奈良では鹿は神の使いということで
保護されてきました。やがて山にいた鹿も公園に住み着くようになり
現在、平成21年調べ1052頭の鹿が奈良公園周辺で生息するに至っています。

平安時代に入ると藤原北家の隆盛と共に春日大社も拡充され
藤原一門による春日詣がさかんに行われます。
この時、藤原貴族たちは鹿に出会うと神鹿だといちいち輿を降りて
挨拶のためおじぎしたのです。それで鹿におじぎの習慣が付いて
今でも観光客を見るとおじぎするようになったのです。
嘘のような話で鹿せんべいをねだっているだけじゃないの?
といわれそうですが、世界でただ一箇所奈良公園の鹿はおじぎをします。
本当かと思うなら是非奈良に来て鹿の前で、おじきしてみて下さい。

それだけでなく、このおじぎがきっかけになり現代まで続く野生である
奈良の鹿が野生のまま人と共存するという
鹿と人の得難い空間が生まれたという仮説もあります。

江戸時代では鹿を殺した人は死刑になったそうです。
だから昔の人達はみんな朝早く起きて家の前に鹿が死んでないか
チェックしなければならなかったそうです。
この事は以前「早起きは三文の得?」で書いたとおりです。

その他にも昔、寺子屋で勉強していた子供が、食用に持ってきた餅を
鹿に食べられてしまい、文鎮を投げつけたところ鹿の頭に当たり
鹿が死んでしまったそうです。
それを見ていた役人が神鹿を殺すとは!とその子供を死んだ鹿と共に
生き埋めにしたとか・・・それを嘆いた母親が埋められた所に
供養の為、モミジを植え込んだ事から
花札にある鹿の絵にはモミジが描かれるようになったそうです。
今でもその埋められた石塚は興福寺に残っています。

現在1052頭もの鹿が奈良公園周辺に生息していますが
明治維新の頃や第二次世界大戦後には100頭をきったという記録もあり
これは食糧難から実際に人間が食したものともいわれ
奈良の人と鹿の関係は奥深いものがあるんですよ!

五日戎

えー!五日戎?十日の間違いじゃないの?とお思いの方も多いでしょう
しかし平城京は遥かに遠くなった鎌倉時代に始められたという
古都奈良のローカルな正月の催しに南市・恵毘須神社の
「南市の初戎(みなみいちのはつえびす)」通称「五日戎(いつかえびす)」
というものがあるんですよ。
俳句の世界でも新年という意味合いの季語として使われるほどなんです。
昔々、春日大社の祭礼にも春日若宮おん祭にも敷居の高かった
古都奈良の商人達が商売繁盛を願って
戎大黒に吉兆笹をお供えしたのが起源とされています。
conv0003_20100106100434.jpg
↑境内に入るまで順番を待ちます・・・
えー何年か前までは押せや押せやで大変な事になっていたのに
今はこんなにキチンと整列して並ぶの?ってちょっと不思議なかんじ・・・
昔、爺ちゃんに連れてきて貰った時は「商売人になるんでも
他の仕事をするんでも人間は、あつかましく生きにゃいかんよ
ここで人を押されて揉まれるのも、これからの人生経験だと思いなさい」と
それはそれはくちゃくちゃに揉まれながら参拝した記憶があるのに
こんなにキチンと並ぶのは何だか変???
conv0004_20100106100447.jpg
神社自体も最近全面改築されたみたいで昔ながらの良さが
ここでも1つ、消え去ったような感じです
conv0011_20100106100456.jpg
それでもきっちりお参りをして吉兆を授かってきました

conv0012_20100106100505.jpg
↑こちらは恵比寿神社にほど近い猿沢池との間にある
川の中にいらっしゃる地蔵さまです
これが何故川の中にあるのかは不明ですが
川の中という事で水が流れこまないように周りに壁を作ってあり
これが船の形にされているんですね
こういった洒落た感じも古都奈良らしい良い雰囲気をかもちだして
くれています。

まーこういったお参りを何故精力的にこなしているかと申しますと
今、娘がセンター試験を直前にひかえ
正月返上で毎日模試を積み重ねセンター試験での時間配分を
調整している段階ですが親としては無事合格を達成すべく
神社仏閣に願をかけるばかり・・・
不景気な時代もあいまって今年の国公立大学の競争率は
推薦試験でも昨年の倍、それも急激に増えたと言われている
昨年の倍ですから二年前と比較すると四倍近い競争率になってます。
まーそういう状況ですので昨年年末には伊勢神宮
新年から薬師寺・東大寺・春日大社そして昨日は興福寺と南市恵比寿神社
と巡礼?を重ねているわけです。
後は10日に予定している遠征のお参りを残すのみ
親って、こんな事しか出来ないもんで・・・

しめ縄

そろそろ仕事を初めておられるお店も多いようですが
当店まだまだ冬眠中でございます。
さてお正月気分も抜けないままに本日は「しめ縄」のお話し・・・
conv0001_20100104161401.jpg
↑ こちらは我家に飾ってある関西風のしめ縄です

「しめ縄」の起源は神話によると
天の岩屋に天照大神様がお隠れになられた時
この世は真暗闇になり手力雄命が迎え出して光が戻り
再び岩屋にお戻りにならない様にとそのあと縄を引き渡したという
有名な話しがあります。
これがしめ縄の始まりとされています。

また、その意義は故事によると内外の境界を示し
神事を行う清浄な区域を縄張りによって示すもので
神様の神聖な領域を表わし、不浄なものの侵入を禁じ
また災いの侵入を防ぐ意味もあると言われています。

しめ縄は端出え縄(しりくえなわ)・志里久米縄(しりくめなわ)がなまって
しめ縄になったと言われています。
その書き方も標縄、注連縄、七五三縄とか意味・形・作り方等で
表記方法も色々な様です。
種類も間縄・ごぼうじめ・大根じめ・輪じめ・玉じめ・両じめ・宝船などなど
それぞれ縁起物で飾り付け、神棚や玄関に飾ります。

関東 しめ縄
↑ 関東方面の方は、こちらのような感じが一般的なのでしょうか?

さてさて、一番上の画像にある我家のしめ縄を見て
何か変だと感じた方は、いらっしゃるでしょうか?
感じられた方は、相当しめ縄の意義等をよく御理解されている方だと思います
そう左右が逆なんですね
関西で一般に発売されている「しめ縄」は向かって左側が縄が細い方で
右側が太い方なのです。
現在では自分で「しめ縄」を作られる方も少ないでしょうし
一般的な作法とされている物を販売されているのですが
本来は玄関の向きによって穂先を変えなくては、ならないものなのです。
という事で我家の玄関は南向きである為に
conv0002_20100104161413.jpg
↑ このような感じで飾り物を全てはずし
一般的に販売されている物とは左右を逆にするんです。

まっ、これらは我家においての昔からの習わしである為に
これが正解というわけでもなく、御自身の家族の習わしや地方の風習に
そっておいた方が無難でしょうね。

しかし最近は随分デザイン化されてきた「しめ縄」が販売されるようになり
それに伴い、花店でも勝手にデザイン化された「しめ縄」を
「正月飾り」として販売するようになってきました
これは1つの商法として悪い事とは言いきれませんが
今一度「正月飾り」の正しい意味合いを考え
そういた物をデザインしていきたいものですね。

毎年恒例年始の忙しさ!

紅白歌合戦を見て、ジャニーズカウントダウンを見て
ここからが毎年忙しい・・・
まずは徒歩圏内にある薬師寺に初詣
conv0008_20100102212124.jpg
↑ライトアップされた薬師寺 西塔を足元からしっかり見れるのは
なんといっても元旦のみ!
しかも普段入場料が700円いるのも無料となります

conv0007_20100102212137.jpg
↑こちらは薬師寺 東塔、現在今年秋からの解体修理に備え
まずは内部の調査が行われています
平城京遷都1300年祭も開幕した為に春には一旦覆いをはずし
公開されますが、秋には再び覆いをかぶり
次に全体像が見れるのは10年後となります。
我家からのシンボルタワーであった東塔が10年近く見れないのも
ちょいと寂しいですが、この後もずっーと美しい姿を見せてくれる為には
しばしガマンガマン!

午前2時には一旦自宅に帰還し今年は娘がセンター試験を受験する為に
春日大社・東大寺に願をかけに行く事に・・・
これまた元旦はオールナイトにて無料開放されています
薬師寺には持って行ったデジカメをあろうことか自宅に忘れ
有り難い大仏さまの画像は残念ながら皆様にお伝えできません

これを終わって午前6時には、また自宅に帰還
お雑煮作って、おせち料理を食べて
次は、これまた毎年恒例福袋の買い出しに・・・
オープンと同時に猛ダッシュ
娘が欲しがっていた福袋をなんとかゲット
それからも初売りをお昼過ぎまで楽しんで
今度は妻の実家に帰省
夕食をしっかりとおよばれして
次は翌日やってくる姉家族帰省の為の買い出しに・・・
自宅に帰れば夜10時過ぎ
流石に徹夜は疲れた~来年は、やっと受験規制が解除される為に
久しぶりにディガニーカウントダウンにでも行こうかな・・・
これまた徹夜だ!

まあ、これも2日までの忙しさで、この後は8日に一旦仕入れに行きますが
店が本格的に稼働するのは12日!
海外旅行にでも行きたいところですが
今年も娘の為に自制してのんびり好きな事させて頂きますです。
何して遊ぼうかな~~~!

あけましておめでとうございます

conv0006_20091231135313.jpg

いよいよ2010年の幕開けです

今年は私にとって4周目の当たり年、寅年です・・・
という事で本日は、あまり知られていない寅年生まれの
歴史的著名人を御紹介しようかと・・・

まずは、コロンブスス!
スペィンの女王イサベルの援助をえて
ヴアイキングのつぎにアメリカ大陸を発見した
彼は「コロンブスの卵」で有名なように、だれにでも可能なことでも
それを最初に敢行することの至難さを教えたが、その教えのとおり、
その至難な大業を自らあえてやってのけたのだから、たいしたものである。

次は、リンドバーグ!
「翼よ、あれがパリの灯だ」で有名な最初の大西洋横断飛行をやってのけた

お次は、マルコポーロ!
1271年ヨーロツパ人としてはじめて中国に渡り
元帝フビライに謁して、帰国後有名な古典「東方見聞録」を書いた。

日本では、初めて単身ヨットで大平洋横断をやってのけた堀江健一氏も寅年である。

これら二、三の例でもじゅうぶんおわかりのように
寅年の人は一見臆病なほどの慎重家である反面、ひとたび見通しをつけて決断すると
だれにも増して勇気が湧き、ときには世界史をかえるような
一大壮挙をやってのけることもあるのである。

芸術方面で有名人となると
「雲に入るみさごの如き一筋の恋とし知れば心は足りぬ」などの辞世を残して
波多野某の妻秋子と信州軽井沢で情死した有島武郎もこの生まれ年だし
また「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」と
歌集「みだれ髪」のなかで詠んだ、情熱の歌人与謝野晶子も寅年だった。
世界的にみると永遠の楽聖で、激情家のベートーヴェンもこの生まれ年だし
それにこのベートーヴェンにひかれて「ベートーヴェンの生涯」を書いたり
不朽の名作「ジャン・クリストフ」を残したロマン.ローランも寅年生まれ

政治方面で有名人となると
政界で隠然たる大物ぶりを発揮していた石田博英氏
また歴史上の人物では、コロンブス、徳川家康、ロベスピエールなどであり
アイゼンハウァーもドゴールも吉田茂も、またそのひとりである。
彼らはみな、満々たる野心と、多かれ少なかれ独立独行の
その活躍した分野での巨峯を誇る寅年だったといえるようである。

まあ、こうして寅年生まれの歴史的著名人を並べてみると
そうそうたるメンバーが並ぶわけであるが
やはり寅年らしく単独行動をすることが多かったり
言うべき事が決まれば上下関係をも逸脱して意見を述べる
といった性格なんでしょうかね!

私自身は、まだまだ虎と言うよりトラ猫ちゃんみたいな感じですが・・・

今年は何かアクションを起こさなければ大変な年になりそう
じっと待って商売している時代は完全に終わりましたね
更に多方面な事に挑戦していきたいと思います。

皆さま、本年も昨年に代わりませず
どうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>
プロフィール

花鹿男

Author:花鹿男
超個人的フラワーデザインコンテストへの思いを書き記します。
最近主旨が変わってきてますが・・・?

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
花キューピットタウン


カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
ブログ内検索
ドル箱
ドル箱に登録すると普段利用している楽天ショッピングやyahooオークション等、普通の利用ポイントに合わせて更にポイントが付与されお得で~す。
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。