スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回花キューピットタウン講習会終了

お待たせしました!・・・待ってない!って言った奴は誰だ・・・
ではでは花キューピットタウン第2回講習会の内容を
ドキュメンタリータッチで御報告を・・・

まずは牛タン先生をお迎えに朝7時半頃自宅を出発!
途中通勤渋滞に若干まきこまれるもおおよその予定通り
午前8時45分には大阪伊丹空港に到着!
conv0007_20091128165652.jpg
飛行機も定刻にて運航されているようだ・・・
待つこと1時間弱で先生の姿を見つけ、熱い抱擁を交わす???

車まで御案内して一路奈良へ・・・
お昼までは若干時間が、あった為にまずは興福寺の観光を・・・
conv0001_20091128170440.jpg
抜けるような青空・・・雲ひとつありません、しかも暖かい!
最強の雨男も大日さまの前では、ただただひれ伏すばかりなのか・・・
ざっくりと観光を終了しランチを済ませて講習会会場へ
conv0008_20091128170504.jpg
休む暇もなく講習会の開始
花キューピットタウンに特化したSEO対策について
まずは基礎理論的な内容をお話し頂いたのですが
その楽しい内容に皆も必死に聞き入ります。
あっという間に1時間が経過し、休憩タイム!
conv0009_20091128171647.jpg
先生が、お持ち頂いた「伊達家マーク入りの黒饅頭」「ずんだキットカット」の
他にも鬼総務さまからは「一口ういろう」・のんさまからは「一口スルメ」を
頂戴し、充実した内容の休憩タイムを過ごす事ができました。
牛タン先生・鬼総務さま・のんさま、本当にありがとうございました<(_ _)>

15分間の休憩タイムが過ぎ、講習会が再開されると
お話しは、随分マニアックな方へ進んでいきます

きゃー・・・そんなこといっちゃっていいの?
いやーん・・・私達が今まで、やってきた事はなんだったの?
ぎょえー・・・それってタウンの内臓?
ばかーん・・・無料で、そんなにいい物あるなら、もっと早く教えて・・・
どひゃー・・・そこまで見せないで・・・
うわー・・・もう、お腹いっぱい!

・・・というような(殆ど意味不明)内容に続き
さらに質疑応答へ・・・こちらも次々と核心を突く質問が出て
ポロリ・ポロリ・・・と3時間という時間が、あっという間に
過ぎてしまいました。

その後は当支部役員と今後の情報化のあり方について
会食を取りながら、これまた3時間熱く語り合いました!
conv0010_20091128171701.jpg conv0011_20091128171711.jpg

この後は最近奈良支部恒例のナイトツアーへGO!
今回は先生の為にスペシャルバージョンにて新日本三大夜景にも
御案内し長~い一日を終了!

翌日もまさに錦秋の古都奈良をどっぷりとお楽しみ頂き
大阪伊丹空港へ・・・これまた熱い抱擁を交わし、涙涙のお別れ・・・???

伊丹から奈良までは、これまた大渋滞にまきこまれましたが
おかげさまで?今後の支部情報化方針もたっぷり討議できました!

牛タン先生、この度は本当に有意義で有益な内容てんこもりの
奈良スペシャルバージョン講習会をありがとうございました。
今後とも花キューピットタウン施策については支部一丸となって
協力し取り組んで行きたいと思います。
スポンサーサイト

いよいよタウン第二回講習会

いよいよ明日は、花キューピットタウン第二回講習会!
もちろん講師は牛タンさま!
今回は奈良スペシャルバージョンにて素敵な講習会をして頂けそうです

その前に不備がないか紅葉は、どのようになっているか昨日再チェック!
こちらに来られない方の為にちょっとだけ今の奈良を紹介しちゃいます
conv0001_20091124164504.jpg
うんうん良い感じで紅葉も仕上がってきています

conv0003_20091124164536.jpg
外人さんも綺麗な紅葉をガンミ状態・・・
赤い紅葉って外国には、なかなかありませんしね!

conv0006_20091124164612.jpg
こんな所で、お茶しちゃおうかな~

conv0005_20091124164557.jpg
こんな所を散策しようかな~

うーん、これ以上は見せられない・・・奈良も私も準備完了!
あとは御案内した時のお・た・の・し・み!っていうことで・・・

既に講習内容の完璧なレシピは送って頂いており
SEO対策を主軸とした、とても面白そうな内容です。
しかも微妙に空白部分が用意されており
真面目に講習内容を聞いた各自が自分に必要と思う内容を書きとめ
各個店用のレシピが講習会終了後に完成しているという手はずです。
こりゃー私もしっかりと聞きとめないといけませんね!

そんなこんなで先週は土日も休まず、たっぷりと働き
スタンド花を20本以上、その他、舞台装飾も2件
制作・配達・納品・撤去まで一人でやりとげた為に
(こんな事、偉そうに言わんでも当たり前の事なんですが・・・)
26日木曜日より29日の日曜日まで私はロングラン休みになります。

その間申し訳ございませんが受発注業務も臨時休業させて頂きます。

だって26日27日は、朝から晩まで、たっぷりと牛タンさまにサービス
しなければならないんだもの・・・
28日29日は、いつもの定休日っていうことで・・・

そんなこんなで、こちらブログの更新もしばらくお休みです。
次回は29日くらいの更新かな
講習会の模様を中心にあんなことやこんなことなどお届け致しま~す!

大花協技能士会フラワーデザインコンテスト

今年も大花協技能士会さまから、お呼び頂き
フラワーデザインコンテストの審査に行かせて頂きました。
場所は大阪駅の近くにあるハービス大阪という
一流ブランドショップが多数入居しているハイセンスなビルです。
conv0033_20091122210619.jpg
その四階のホールにてコンテストは開催されました
conv0005_20091122210742.jpg conv0006_20091122210751.jpg
昨年はブーケのコンテストでしたが今年は皆同じスタンドを使用しての
コンテストでした。テーマは「祝いの花」高さは自由、奥行き・幅は80cm
スタンドは自由に加工しても良いが覆い隠す事は禁止
台は各自用意してもよいが台に花を入れてはならないという規定です。

今年も審査前に審査員4名で審査方法をあらかじめ決定するのですが
審査員のうち2名は私の両親と同い年のN系重鎮
もう一方も大阪花商組合の理事長という事で
何で私がこんな所に居るの?って感じでしたが
まあ一応同じ立場の審査員という事で言いたい事は、はっきりと
言いました。
しかしですねえ、これがいくら吠えた所で子供が何を言っているの?
という雰囲気をかもとだしておりまして、今回もピックアップ審査を
しないかと提案されたのは猛反対し、とにかく出品者さまの努力に
報いる為にも全作品を審査しましょう!という形にはこぎつけたのですが
「はいはい!」と安易に返事されて審査スタート

まず、ご覧になっている方も審査員になったつもりで
作品画像を見て下さい、全作品なくてごめんなさいm(__)m
conv0007_20091122212040.jpg conv0008_20091122212048.jpg conv0009_20091122212057.jpg conv0010_20091122212107.jpg conv0011_20091122212124.jpg conv0012_20091122212140.jpg

conv0013_20091122212150.jpg conv0014_20091122212158.jpg conv0015_20091122212424.jpg conv0016_20091122212646.jpg conv0017_20091122212658.jpg conv0018_20091122212726.jpg conv0025_20091122213359.jpg


conv0019_20091122212745.jpg conv0020_20091122213032.jpg conv0021_20091122213041.jpg conv0022_20091122213052.jpg conv0023_20091122213100.jpg conv0024_20091122213109.jpg

conv0026_20091122213412.jpg conv0027_20091122213421.jpg conv0028_20091122213431.jpg conv0029_20091122213441.jpg conv0030_20091122213452.jpg conv0031_20091122213501.jpg
いかがですか?お気に入りの作品は、ありましたでしょうか?
今回も皆さん力作ばかりで立派な作品ばかりでしので
1つ1つ細かい部分まで注視して審査にあたらせて頂きました。

オーロラさま
とても素晴らしいデザインで会場に入った時に1番最初に目に留まったのは
あなたの作品でした、私は一番良い点数を付けたかな・・・
しかし審査員により器は器らしく、テーマは的をしぼる!というのがセオリー
らしく3位までに入賞できなくてごめんなさい
Jの審査なら、もっと上位に入れたと思いますよ!

花屋のおっさんさま
とても花屋のおっさんらしいデザインでしたので、これだな・・・と思いました
自分らしさを出すというのは大変良い事ですが
毎回同じでは、審査員も比較してしまいます、前よりも良くなったと
言われるように更にステップアップし、近畿ブロックに臨んで下さい!

F井くん
テーマを見ないで作品作るなんてO型らしいねえ~
競技要綱をしっかりと熟読することは最低限必須です
作品は、とても綺麗だっただけに残念でした。

Sさま
今回は、お世話になりました
最初は作品と作者の名が一致せず驚きました
あれがやっつけ仕事なら、たいした物です。
何せ同い年で、ここまで熱心にフロコンに取り組まれる姿勢にも
驚くばかりです。
今回は3位以内御入賞おめでとうございました。


審査の結果
第一位conv0021_20091122213041.jpg第二位conv0019_20091122212745.jpg第三位conv0029_20091122213441.jpg
という審査結果となりした。
はっきりと申しますが、この三作品同点でした
よって審査項目の中でデザインポイントで比較しましたが、これも同点
再審査となり、なんと以前の記事でやってみたいという審査員間審議にて
順位を決定することになったのですが・・・
これ以上は、公共の場ですので書く事は、止めておきましょう!
やはり審査員の立場を公平に保たないと誘導されてしまいます。
この方法の難しさに気付いた次第です!

審査終了後、こちらのビルの中にあるレストランで、
お昼ごはんを頂戴しました、それが何と大名行列と命名された食事で
conv0032_20091122213751.jpg
まさに一列にどかーんと運ばれてきました
器の長さは一メートルはあるでしょうか・・・まさに大名行列です
大変おいしく頂戴致しました
今回色々とお世話になりましたSさま本当にありがとうございました。

いい夫婦の日

いよいよ明日は、いい夫婦の日です。

そうそう私達夫婦の日です(^o^)/
おいおい自分で言うのかい!ってな話しですが
結婚して今年で19年いよいよ来年は20年目という節目を迎えるのですが
この間、はっきり言って一度たりとも喧嘩をした事がない
よく世間では「喧嘩するほど仲が良い」というような格言がありますが
あれってどうなんでしょう!
喧嘩しなくたって仲が良いんだから、しょうがない

ただ妻にこの事を言うと必ず「えーっ!」という
妻としては、かなり腹を立て私に対して喧嘩ごしに私に訴えかけているのに
私が「あっそう!」とサラッと流してしまうから
喧嘩にならないだけだと・・・
そりゃそうだ、ただでなくても両親と同居して貰ってるわけだし
部活に行く子供達の弁当作りに年中無休で午前5時30分には起床し
夜も子供達が寝室に入る午前1時や2時になるまで就寝しないのだから
ストレスが溜まったって当たり前の事だと思ってますから
こちらも言い返す気にはなれないんですよね!
まあ自分自身のおのろけは、この辺にしておいて・・・

明治安田生命保険は20日、夫婦をテーマにしたアンケート結果を発表し
理想の夫婦は、「三浦友和・山口百恵」夫妻が4年連続で首位
2位は「江口洋介・森高千里」夫妻
3位は「木梨憲武・安田成美」夫妻で昨年と同じだったそうである。

いい夫婦の基準ってなんなんでしょうね~?
妻は結婚と同時に芸能界を引退し、普通の主婦に専念する
そして夫は、へんな浮気話も出ず、ハレンチな事もしないっていうのが
世間で言う「いい夫婦」の形なんでしょうか・・・
実際の自宅での行動を見ているわけでもないのだから
あくまでも想像の世界なんでしょうけどね。

今日、ある御夫婦から電話を頂戴しました
御主人のブログには、やれ恐妻だとか家庭内別居だとか
さんざん奥様の事をけなされいた為にこちらも「おっかない方」なのかと
変に想像していたのですが、声をお聞きしてビックリ!
なんとも言えぬ はんなりとした中にも毅然として、しかもやさしいお声・・・
電話の声をお聞きしただけでもちょっとしたオーラを感じる私ですが
その凛としたお姿が目に浮かび久しぶりに萌え~!
これはきっと「いい夫婦」なんだろうなあ~と感じちゃいました。

考えてるみるとここに来られる読者さまも「いい夫婦」ばかり

何処か遠出される時は、たとえそれが仕事だったとしても
お子様と奥様を連れていかれるやさしいパパ

夫婦二人三脚でタウン操作説明プログラムを作って下さり
ちょっとした休暇に家族を楽しませてあげるやさしいパパ

IFEXに行くにしても帰りには奥様とお子様を呼び寄せ
ディズニーリゾートに連れて行かれるやさしいパパ

出向ばかりして店を空けてごめんよ!と
奈良に来られた際に夫婦大黒社で懺悔されていたパパ

まだまだいっぱいあるけれど
どなたをとっても「いい夫婦」ばかりだ!

みんな揃って「いい夫婦」に乾杯!!!

フロコンの向かう先・・・

先日IFEX視察の際の短い時間でありましたが
シニヤbさまこと、みらいさまとお話しさせて頂いた内容に
「最近、花鹿さんのブログ、全然フロコンに関しての記事がないね!」
と指摘されてしまいました。
このブログを開始した当時には、フロコンに対する自分の思いを
どんどんと書き記すはずだったのに確かに最近は情報化かぶれしてしまい
フロコンの記事は、どこへいったのやら・・・するどい指摘でした。
その後に続けて
「今後のフラワードリームは、どうあるべきだと思う?」と問いかけて頂いた
突然の問いかけに私は「そんな漠然な事を突然聞かれても・・・!」と
つれない返答をしてしまったのだが、あれからその件について
色々と考えていたら、abさまがブログで昨日箸休めという記事を書かれ
シニヤbさまの発せられたという言葉に共感を覚えました。

それは「フロコン審査で最後に審査員で審議して決定できないか?」という
お話しです。
ある意味、画期的ではあるが、ともすれば危険なこの審査方法に
何故共感してしまったのか・・・
既にabさまの指摘されている「箸休め」作品の件
フロコンに出場する者にとって一番納得いかない代表例だと感じます
出場された方なら、もちろん。見ている方の中にも
「何故これが残った?」と思われる作品が何作かあると思います
そんな作品なら、あっちの作品の方が良いのに・・・
なんて思った事もあると思います。
これをなんとか出来ないものかと考えた時に思いついた方法が
やはり「最後に審査員で審議して決定」という方法です

私も今までに様々なフロコンをお手伝いしたり審査をしたり
見聞した結果として、よく聞かれる審査員の言葉として
「あちゃー・・・これが残っちゃった?」というお言葉があります!
出場している者にとって絶対に聞きたくない言葉ですよね。

そんな事を後で言うのなら、もっと真面目に審査して欲しいと
思うはずです。

これも「最後に審査員で審議して決定」という方法をとれば
こんな言葉を発せられる審査員もいなくなる事でしょう

では、それはどのようにして行えば良いのか?
これは、あくまでも私的な考えなのですが
私の今までやってきたフラワーマスターズの方法に写真判定という
方法があります。これはフラワーマスターズという競技の建前から
苦肉の策なのであるが、とにかく全ての作品をもれなく審査し
同時に作品正面からの写真撮影をし
後に審査判定の判断材料とする方法です。

今までの当組合の審査では時間の関係や審査員のご苦労を考え
ピックアップ審査という方法がとられてきました。
いわゆる一次審査通過しないと審査員に細かく審査して貰えない
というこの方法、審査時間削減に関して画期的ではあるが
審査される側にとっては、一次審査にて見た目だけで落とされ
審査もしてもらえないというのは、かなり悲しい部分でもあります。

ですので最近は審査員の若返りも進んでいる事ですし
審査項目を極力少なくし一次審査を無くし、全作品を審査して頂き
同時にデジカメ写真で撮影をします。
全作品の審査ポイントを集計しながら、もう一つのPCで画像を処理
審査集計が完了したら、審査通過作品を画像でチェック
あくまでも目視で行った審査順位を優先しながら
順位や選ばれた作品に意義がないか審査員に画像にてチェック
して頂きます。
意見が別れる場合は多数決にて決定、それでも意義がある場合
現場にて再度確認!
こうして全員の審査員が納得できるまで審議をつくす。

ここで懸念されるのは審査員間での立場・年齢・地位などによる
勇者から弱者への影響であるが、もしそんな物で影響があるのであれば
それを競技員がチェックし次回から審査員の資質を検討すべきです。

そして順位が決定すれば、現場での得点に審議ポイントとして追加し
正しい得点になるよう調整して記録に残す。
相当時間がかかると思いますが、あくまでも理想です!

現在の審査員は、それこそ当組合の生え抜きばかりだと思います
作り手の気持ちも充分に理解されていると思われ
じっくりと皆が納得できる審査結果をだすのに意義を唱える方は
いないのではないでしょうか?

ただこれくらいの御苦労を審査員・競技員にお願いするならば
それなりのギャランティーを差し上げ、それにより仕事の責任感を
強く持って頂く・・・予算は厳しいとは思いますか
必ずしも立派な会場で、しかも東京でなくても良いのではないでしょうか?
器や体裁より、より良い人材を育てる事に予算を使うべきだと
考える花鹿男でした!

皆さんは、どう思われますか?

弾丸トラベラー顛末記 後編Part2

いよいよ弾丸トラベラー 最終回!

リゾートラインTDS駅にてタツノさまとお別れし再度TDSへイン!
ビックバンドビートまでは若干時間があるので何をしようかと
思っていたら、なんと時間的にあきらめていたレジェンドインミシカが
シーの中央であるメディテレニアンハーバーで開催されていました。

普通なら開始直後の時間についても近くで見る事は出来ませんが
この日のシーは空いています
近くでじっくりと鑑賞することができました。

その後は今回の一番の楽しみビックバンドビートクリスマスバージョンの
鑑賞へと向かっていたら、次はクリスマスグリーティングの開始
conv0022_20091113170443.jpg conv0023_20091113170500.jpg conv0024_20091113170517.jpg
これまたグットタイミングで最前列が確保できた為に
パパラッチのように写真とりまくり・・・

ビックバンドの方は撮影禁止な為に画像はありませんが
普段のブロードウエイミュージックに加え、クリスマスソングが混じり
一足お先にクリスマスモードにしっかりとなっちゃいました。

TDSでクリスマスシーズンのお楽しみは他にもたくさんあります
それはディスプレー!今回はちょっとだけご紹介
conv0016_20091113170320.jpg conv0019_20091113170354.jpg conv0020_20091113170408.jpg conv0018_20091113170335.jpg
↑クリスマスツリーひとつにしても各店のテーマに合わせ
実に美しく作られています。
これらを目にしっかりと・・・いや映像としてもどっさり記憶し
あらゆる職種のディスプレーにも対応できるよう役立てます。

そんなこんなの弾丸ツアーも終盤 夜もすっかりとふけてきました
パークのクリスマスモードは一層華やかに変わっていきます
conv0025_20091113170539.jpg
夜にもなると流石に一人では寂しくなり家族連れを見ると
うらやましくなりますが弾丸トラベラー最後の楽しみが残っています

それは「キャンドルライト・リフレクションズ」現在まで7年にわたり
開催されてきたこのショーも今年で最後の年となります
このクリスマスのショーは何故か右脳にガンガンと響く物を感じます
conv0003_20091113170245.jpg conv0004_20091113170258.jpg キャンリフ3
ショーが終われば今回の全ての目的も達成できました
このショー風が強かったり雨天で中止されたりすることがよくあるのですが
一回だけのチャンスで良くみれたものです
これも私の日頃の行いが・・・って、自己陶酔にしたるのでした。

ここまで読んで頂いた皆様ご愛読ありがとうございます
おやじ一人で、よくそれだけ楽しめるものだと失笑されていると思いますが
私は、ここで脳をリフレッシュさせます、特に右脳の辺りを・・・
人間何か楽しい事が無ければ苦痛に果敢に向かっていく事はできません
ここに来ると今までの様々な嫌な思いがリセットされてしまうのです

人には色々な癒しの方法があると思いますが私はズバリこの場所なのです
ですから今後も機会があれば一人でもバンバン行っちゃいます
バカな親父とせいぜい笑ってやって下さい(^o^)/

弾丸トラベラー顛末記 後編

TDSを後にしリゾートラインに乗って京葉線舞浜駅へ
ここでタツノさまから電話が入り、今TDSの駐車場にいらっしゃるとか
ちょっと早めにTDSを出た為に行き違いとなってしまいました

時間に限りのある弾丸トラベラーの為に一足先にIFEX会場へ
IFEX.jpg
たくさんの方々が続々と会場に入っていかれます
私も地図を頂きジクザクと会場を一回り、気になるブースは地図に○をつけ
会話も交わさず、知り合いをみかけても軽く会釈のみで
駆け足で回っても30分近くかかりました。
しかし○をつけるブースの少ないこと・・・パンフも5社程度頂くのみ
もったいないと言われれば、それはそれでしょうがないのですが
今回のIFEXで特に凄~いという物もなかったのかと・・・
牛タンさまには、IFEXってそんな素晴らしい物なのかと
突っ込みを入れられてしまいしまたが確かに高い交通費払って
これだけの為に来る必要はないのかもしれませんね!
まっ私のようにIFEXがオプション対応なら結構楽しめます
ちょっと仕事しに来ている気分にもなったりしますしね(笑)

1時間程度で全制覇した気持ちになっていた頃
タツノさまが会場入りされたようですので
御一緒させて頂き、みらいさまとも久しぶりに会話をさせて頂き
abさまにも突然のお電話失礼させて頂きました。
やはり話題となるのがabさまのブログでも記事にされていました
青いバラ←青いバラ
どう見ても紫ですよね・・・去年よりも少し青が・・・いや紫が濃くなったような
マダムビオレとはちょっと違う気もするけど
一本だけ混じっていたら判断するのが難しそうです。
ただマダムビオレの特級品に混ざっていたら、はっきりと判る部分が・・・
茎がとにかく細い!葉も小さくてきゃしゃ!
見本用に特別良い物を持ってきているはずなのに
これが・・・って感じです。見本の中の一本は飾って2日目にして早くも頭が
傾いてきている物もあり、これを一本○○○○円で売るとしたら早く枯れたと
お客様に大目玉くらわさてちゃうかも・・・
商品化するなら、もうちょっとしっかりとした物が出来てからにして欲しかった
それでも20本単位で発売される予定だそうだが
あれを見てしまうと、もしお客様から注文が入ったとしても
当店の信頼の為にも御断りするしかないかな!

さてさて、その後もVIPの名札を付けられたタツノさまとブースを色々と巡り
それぞれの地域の特徴などを本当に楽しく、お話しさせて頂きました。

そろそろ小腹が減ってきたのでタツノさまと昼食へ・・・
ここではタツノさまにゴチになってしまいました
本来なら私の方が年上で、ゴチしなければならないのに
本当にごちそうさまでした<(_ _)>

昼食も食べ終わった頃に突然当支部支部長が私達のテーブルに・・・
なんと私以外にも奈良から3店舗の方が来場されているとか・・・
当支部も勉強家の方が多いんだと改めて関心しちゃいました!

食事の後、もう一度会場に戻ろうかとも思いましたが
私はビックバンドビートの抽選が当たっていますし
タツノさまのご家族もTDLに向かわれているということで
二人して会場を後にしTDRへ・・・
舞浜からのリゾートラインも一緒に乗って頂きTDS駅に着くところで
グットタイミングでタツノさまの御家族からの入電が・・・
タツノさま本当に色々と楽しいひとときをありがとうございました<(_ _)>

長くなっちゃったので、後編といいながらもここで一回終了
次回は弾丸トラベラー顛末記 後編part2をお楽しみに・・・

弾丸トラベラー顛末記 前編

目覚まし時計のアラームを午前4時30分にセットし
いつもより少し早目の午前1時過ぎに床につくも・・・

なんなんでしょう久しぶりに味わう眠れない感覚
幼い頃の遠足の前日のような・・・もうすぐ午前2時になるぞ・・・
と思いながらも少々就寝
少しだけ寝ただけなのにアラームも鳴らない
午前4時過ぎには、しっかりと目覚めちゃいました

時間がちょっと早いので洋服を着替えて、お犬さまの散歩
こんな時でも嫌と言わずシッポを振ってつきあってくれるワンコウ
午前5時には家に戻り、身支度整えて、いざ出発

始発の電車にのり、リムジンバスに乗り換え
伊丹空港午前6時45分着
真っ暗だった空も明るくなり弾丸トラベラーの門出を祝してくれるかの如く
朝日が空港をさんさんと照らしてくれていた・・・
(前日に東北から送られてきた悪魔の呪いもむなしく・・・)
すでにウエブチェックインすましている為に
タッチアンドゴーで保安検査場も通過したら
7時20分発の飛行機が優先搭乗を開始するところでした
私もあわてて優先搭乗・・・
そうなんです今回宿泊費を抑えた為に行きはファーストクラス
帰りはグリーン車とちょっぴり贅沢なトラベラーです
conv0001_20091113161654.jpg
↑シートも革張りでクッションもよく、キャビンアテンダントさんも
花鹿さま本日のご搭乗ありがとうございますとVIP感覚
conv0002_20091113161710.jpg
↑こんな立派な朝食も出てきます
和食か洋食かも選択できるんですね
森伊蔵などの高級酒も飲み放題のようですが
酒類に興味のない私は、ほうじ茶でのんびりと・・・外を見てたら
conv0014_20091113163914.jpg←もう富士山が見えてきました
しかし最近富士山を見ると綺麗だなあ・・・と思うより
何故かabさまの顔が浮かんでくるんですよね・・・ほしい人を・・・
いやいやまだ元気で活躍されていらっしゃいます
・・・だがしかし見れば東京方面は低い雲がぎっしりと・・・
うん・・・やはり呪いは現実となり初の負けをきたすのか・・・

あっという間に飛行機は羽田空港到着 午前8時25分
もちろんファーストなんで一番先に飛行機を出て
午前8時35分発のディズニーリゾート行きに乗ろうとしたら
もう既に予約でいっばい・・・あえなく次発の午前8時45分発に乗ったら
この運転手の走り屋ぶり・・・安全運転に努めます・・・なんて言ってたのに
乗用車もバンバンぬかして通常30分以上かかる距離を20分でランド到着
そのまま引き続き乗って目的地のディズニーシーへ・・・
入場するのに混んでいるんだろうなあ・・・と思っていたら
並んでいる人が全くいない・・・クリスマスシーズンだというのに・・・
(東北からの呪いは良い方に傾いた、本日の天気は悪いと敬遠された模様)
おかげさまで人が少なく快適・・・ファストパスを取ろうかとも思いましたが
どのアトラクションもガラガラです
予定通りタワーオブテラーにて二度落下し、おまけにセンターオブジアース
まで乗車して3回も大落下したのにテンションはあげあげ
conv0015_20091113163901.jpg conv0021_20091113163842.jpg
↑ディズニシーはもうどっぷりクリスマスです
テンションあげあげのまま今回の楽しみの一つである
ビックバンドビート クリスマスバージョンの抽選をしにいくと
conv0005_20091113165027.jpg←予定通り見事当選!
それになんとセンターブロック前から2列目というベストポジション
今日は良い日になりそうだ~!
そして次は娘から依頼のショッピング・・・目的地は
conv0017_20091113165333.jpg
↑やはり女子高生には人気抜群のダッフィーちゃんのお店
この時期にしか買えないクリスマスバージョンのダッフィーちゃんが
バーゲン状態で売れていきます
しかも誰かに頼まれているのかオークションで売りたいのか
買う量がみなさん半端じゃない・・・
レジでは10万単位で支払いされている人が行列になって並んでいます
ダッフィーだけで一日どれくらい売るんでしょう・・・
うーんこんな商売を一度でいいから、やってみたい・・・

そのほかにも頼まれショピングをしていたら
もう午前11時!IFEXをせめて2時間でも見たい為にここで一回
シーを後にIFEX会場へ・・・

後編は次回のお楽しみ・・・

弾丸トラベラー

前回記事に続いて、またまたTVネタ!
今度は「世界弾丸トラベラー」という番組を皆さん御存知でしょうか?
これも結構夜遅く放映されている番組なんですが
私の大好きな番組のひとつなんです。

もともと旅行大好きの私ですから
旅行関連番組は大好物!
この番組の面白い所は基本的に国内は宿泊なし
海外も飛行機の便があれば宿泊なし
どうしても便がない時だけは1泊するという弾丸ツアー
海外なら1泊4日なんて当たり前のツアーなんです
よくワールドカップサッカーやオリンピックで1つの競技だけを
見たいが宿泊する場所が確保できない時に利用する
「弾丸観戦ツアー」なんてのもございますが、あのような感じです。

この番組も有名どころで忙しいスケジュールの芸能人の方を
いつかやってみたいと思われていた夢を短期間で実現させてしまう
という日本人ならではのせっかちだか有難いツアー!
いいじゃないですか、この思想が・・・
目的地に到着するとスペシャルなガイドがついて
色々な観光地を巡りながらも最終目的を果たし
それに酔いしれているとガイドが後ろからやってきて
「ジカンニ カギリガ アリマス」とたどたどしい日本語で声をかけられ
空港まで連行・・・強制送還!みたいな感じとなります

その弾丸トラベラー・・・実は私もバブリーな頃には
よくやったもので北海道でカニ食いたいから・・・って日帰り
ちょっとデートに東京日帰り
ディズニーリゾートで限定物の販売があるから購入して日帰り
なんて良くやったものです。

なななんと本日その弾丸トラベラーを久しぶりにやっちゃおうという魂胆
目的はディズニークリスマスグッズ購入とIFEX視察!
私の自宅から駅までは歩いて5分足らず
まず始発の午前5時22発に乗り込み3つ目の駅でおりて
大阪国際空港行きのリムジンバスに乗車
羽田行き始発便に乗り羽田着午前8時25分
TDR行きリムジンバスに乗り込み開園の午前9時過ぎには
ディズニーシーに到着
入園して直ぐに人気アトラクションのファストパスを取得し
タワーオブテラーの列に並び、大落下・・・でテンションあげあげになり
クリスマス特別バージョンのビックバンドビートの抽選に並び
当選・・・のはず(多人数で抽選するより少人数の方が当選確率がアップ)
まだまだ空いているショップで家族から依頼された買い物を精力的に行う
・・・これでもう昼前にはなっているでしょう!
舞浜から海浜幕張駅へ京葉線で移動・・・IFEXを2・3時間視察
またもや舞浜に戻り、ビックバンドビート鑑賞
いよいよ今年でフィナーレとなる「キャンドルライト・リフレクションズ」を
鑑賞し午後8時には舞浜を出発・・・
新幹線・近鉄を経て自宅到着は午前0時20分頃
実質17時間の旅なのだか楽しくなりそう・・・

次回は弾丸トラベラーの御報告をお楽しみに・・・

プリズンブレイク

「プリズン・ブレイク」という海外ドラマを御存知でしょうか?
アメリカで2005年から放送開始されたサスペンスドラマで
「24 -TWENTY FOUR-」や「LOST」と並び『三大海外ドラマ』の
ひとつとして大人気のドラマなんです。

日本でも2006年5月からレンタルが開始され同年10月からは
読売テレビ系列で放送も開始されました。
これをいつの頃からか息子に「おもしろいでー!」とすすめられてから
家族全員が、どっぷりとはまってしまい
テレビ放映を待ちきれない事からレンタルまでして見てしまうようになり
早5年やっと最終話のレンタルを完了し
一昨日の日曜日全てを見終わりました。

まー当家にとってこんなにレンタルを待ちわびるなんて事は初めてであり
何故にそんなにはまってしまったのか・・・
それは何と言ってもストーリー展開の早さとアイデアに満ちた脚本です
通常の映画やドラマってストーリーがよめるじゃないですか~
特に日本のドラマなんて最低!
各曜日に2時間物で放送されている俗に言うサスペンス物なんぞ
開始30分もたたないうちに犯人とストリー展開が読めます!
ところが、この「プリズン・ブレイク」って私が初めて感動したというか
全くストーリー展開が読めないといいましょうか
1時間があっという間に過ぎてしまうかのようなストーリー展開でして
まばたきすらしていれないと思うほどなんです。

見ていない方には何の事を言いたいのか伝わらないと思うので
当組合のフロコンを例にあげて、お話ししますと
何かわからないのままにブロック予選スタート・・・
花を生けるシーンがあるのかと思ったら審査スタート
なんと審査員は牛タンさま・・・
結果が発表されるかと思ったらジャパンカップファイナルスタート
出場者に吉野さんがいらっしゃると思えば
牛タンさまもいらっしゃったり・・・そして審査はabさま・・・
みたいな感じで・・・(って余計にややこしくなっちゃったかな)
まっ本当につまらないシーンがなくて展開が早く
その内容が奇想天外・・・って事です

このテレビ放送時間って深夜帯なのですが
それだけにかなり残虐なシーンも多く
流血・拷問シーンも半端なもんじゃありません
日本映画なら18歳以上しか見れません!って絶対に指定されるだろうと
思われるのですがアメリカなら、これくらいやらないと
視聴者もついて来ないんでしょうね。
出てくる役者も個性的にし主役はIQ200という超天才
人種も様々な方を使い、微妙に人種問題を訴えたりもします。

この「プリズン・ブレイク」シーズン1~シーズン4までありまして
それぞれのシーズンは3を除き、各22話で構成されています。
シーズン1を始めた時には、その高い視聴率から
かなりのロングランにする予定でしたが、その為に本の中味を
無理に引き延ばすような脚本になってしまったのか
視聴率が落ち、今回のシーズン4で打ち切りとなってしまいました。
こなん事もあったなのかどうかは分かりませんが
制作中に全米脚本家のストライキがあったり、脚本家が変わるなどした為に
微妙に辻褄が合わなかったりもするのですが
それもまた趣向が変わっておもしろいといえばおもしろかったのですがね

これも終わってしまうと楽しみが、また一つ減ったような感じでして
「24 -TWENTY FOUR-」や「LOST」を見てみようかとも思ったのですが
どうもピーンとこないので止めておきました。

何かまた、はまるドラマやらないかなあ~

屈折した少年!

鬼総務さまブログ記事宇宙戦艦を読ませて頂き
コメントを書きこもうとしたら、かなり長文になったので
それならばこちらの記事にしちゃえ!って事で本日の記事を・・・

懐かしいですね宇宙戦艦ヤマト・・・私もテレビで良く見ておりました
随分年をとってからなのですが・・・

私が幼稚園時代ど直球で見ておりましたのが鬼総務さまの記事にも
ございました再放送で御覧になっていたという「仮面の忍者 赤影」
再放送ではなく生放送で見ておりましたよ・・・

我が家にカラーテレビジョンがやってきたのは今も忘れない
小学校一年生の頃、ばあちゃんがプロレスファンであり流血のシーンを
色つきで見てみたいという不純な動機での購入でしたが
我が家にカラーテレビジョンが来るぞ!と学校で自慢を
していたくらいですから、他の家より少々早かったのではないかと・・・
という事で、幼稚園時代にはカラーテレビジョンもなく「仮面の忍者 赤影」
も白黒のテレビジョンで見ておりましたさ(古)
きっとこの人は赤いんただろうとか青いんだろうとか
本当に色は付いているのか?・・・なんぞと疑いの目でみたりして・・・

この時代、現在でも続いている戦隊ヒーロー物はまだございませんでして
仮面の忍者 赤影以外のヒーロー物というと
サンダーバードやらウルトラマンシリーズの初期時代を楽しんでおりました
通常のお方なら当然こういったヒーローものでは
ヒーローを博愛され、そういったグッズをたくさん購入されていたと
思うのですが私はと申しますと人間の根本から屈折した少年だったのか
ヒーローには全く興味がなく、ひたすら悪役と言われる部類の方を
こよなく愛しておったのでございます。
なんなんでしょう悪役というものがあってこそヒーローがあるわけで
悪役がいなければヒーローは全くをもってヒーローとはなりえないのです
人間の醜い部分の世界を悪と連動させ悪役として仕立て上げ
偽善に満ち溢れたようなヒーローが、これを倒すという世界が
子供ながらに気にいらなかったのでしょうか・・・
その頃はそんなに深くも考えていなかったでしょうが・・・

そもそも「いじめ」っていうのが出てきたのも
こういったヒーロー物が出てきてから過剰になりつつあるようにも
思うわけです、よく容姿の悪い物をイジメの対象としたりするのも
こういったヒーロー物に起因することではないかと思うくらいです
ちょっと深く掘り下げちゃいましたね(笑)

話しは変わりますが中学校の時代から学級委員長とやらを
仰せつかる事も多く、文化祭やら発表会で何ををするかという討議になると
模擬店や展示活動より舞台発表を積極的に進め
そこでは私は主役等を選ぶ事なく率先して悪役を名乗り出て
それはそれは見事に演じていた・・・・はず!
よくテレビでも悪役をいっちょまえに演じられたら一流の役者だと
申しますが、私が役者になっていたら今頃は超一流になっていたのかと・・・

まっこういった性格が時として大日さまを不動さま化してしまうのでしょうか?
私ってやっぱり変態???

方言って面白い!

プチインフルエンザもようやく峠を越え
問題も解決した為に体調も気分も絶好調となってきました
機嫌が悪い際に御迷惑をおかけした方々、ごめんなさいね<(_ _)>

さて昨日、娘と会話をしていたら面白い話題があったので、そのお話しを

娘の通っている学校は一応県内では進学校と言われるだけあり
大学受験を前に公立高校だというのに休みも返上して
様々な講座を開き、塾に通うことなく受験にいぞめる体制を
作ってくれています。
その講座の中で娘の出席しているものに小論文の書き方講座があり
昨日、娘がその講座に参加した時、友人から聞かれたそうです。

その友人は東京生まれの東京育ち、親の転勤に伴い
高校2年生から転校してきたという女の子です

「ねえねえ、ちょっと聞きたい事があるの!
 前から気になってたんだけどさー、関西の人って話しをする時
 関西弁でしょ、でもさー小論文を書くと標準語になってるでしょ
 書きながら標準語に翻訳してるって感じ?」

娘は思わず笑い「そんなん気にしたことないわー
           英語を日本語に訳すわけでもないしー」
といった後で言葉が詰まったそうだ

当然そんなこと今までに考えた事もないし指摘されたこともないし
ごく自然に作文を書く時と話しをする時は区別しているだけなのに
生まれた時から標準語の世界にいる方にとって
そんなに不思議なものなのかと・・・

「なーお父さんやったら、どう答える?」
と言われてみても簡潔明瞭な答えも出てこない
そんな時に息子が急に会話に入ってきて
「小学校の時に関西弁で作文を書いたら訂正された気がするで!」という
娘も「そやそや、そうゆうたらそうやったわ!」と・・・

えーそれならば現在の国語教育は関西弁というか方言を
否定しているのだろうか?
私の小学校時代を思い出しても妻の時を聞いても
どちらも関西弁を訂正された覚えなどないのである
特に指摘されなくても小・中・高と進学する段階で
普通に標準語で文章を書くことができるようになっていくものであり
小学校の低学年の時から否定する必要があるのでしょうか?
・・・とどうどうと書きましたが
では自分は完全な標準語で文章を書けているのかどうか?
・・・と言われるとこれまた完全ではない
標準語風に書いたとしても何処かでボロが出て
関西風の標準語となる・・・でもそれでいいじゃないですか
言葉って色々ある方が楽しい・・・人間味があるっていうんですかね
なんとも言えない微妙なイントネーションの違いが楽しい!

国語で習う文章も、その殆どが標準語であるには違いないが
方言を使用した小説だってあるじゃないですか!

先日も東北の方のブログで「ええ娘」ですがな(何故関西)という
記述がありましたが、関西なら「えー娘」でんがな っていう感じになる
「ですがな」というと若干標準語かぶれした関西弁って感じで
東京の役者が関西人を演じている時にもこういった話し方を
される場合も多い!

でもなんなんでしょうね、この組合に参加させて頂いて
懇親会で全国の方々とお話しをしていても
あまり方言が気になる事はありません
皆さん標準語に近い話し方をされるので、そうなのでしょうが・・・
いっそ全ての方々が標準語で話すことなく
地元の方と話すように方言で話しあえたら面白いんだろうなあ・・・
なんて思います。

ただいつも気になるのが尊敬語が標準語になりきれない言葉・・・
東海地方の方なら「何々してみえる」
関西弁たら「何々してはる」
標準語だと「何々していらっしゃる」?間違ってたらごめんなさい
これなんかは本当に面白い
インストラクターの方々が舞台上で標準語のように話されていても
この方言だけは中々けしさる事ができません
「いらっしゃる」という言葉が下を噛みそうになるんでしょうね
「みえる」や「はる」に変換した方が実に話し易い!

方言って本当に面白いですね!

インフルエンザ予防接種終了!

・・・と申しましても季節性インフルエンザの予防接種なのですが・・・

私、このインフルエンザの予防接種ってのが嫌いで
普段はどんなに流行していてもうった事がございません

だからと言って「注射恐ーい!」ってわけじゃないんですよ!
むしろちょっとした疲れがある時でも近くのお医者様に無理矢理お願いして
点滴をうってもらうこともあるくらいなのですが・・・

今年は娘がセンター試験を受けなければならない為に
家族が菌を持ち込むなんて絶対に許されないという親心から、うちました
昨年は息子の高校受験だった為にこの所、レンチャンです。

まー恩をうるわけでもなく親として当然の事なのでしょうが
じゃー何でそんなに嫌がるの?って話しなんですが
私、このインフルエンザの予防接種って体に合わないのか
副作用が凄いんです
毎年これをうった翌日から発熱と倦怠感に襲われます
もちろん食欲もなくなり殆ど食べ物を口にしません
ひたすらポカリスエット三昧・・・

この事を市場で言うと「ずいぶん痩せたねー!」と
嫌味たっぷりに冷やかされたりするのですが
はっきり言っていつもなら倍にして言い返す私の口も
この時期に限っては、ただただ静観するのみ
「今日は元気ないねー」と言われる始末です。
まるでプチインフルエンザにでもなったかのように・・・

あんまりボッーとしていると今度は周りの方から
「顔色が悪いんちゃう?」とか「熱があるんちゃう早く帰った方が良いよ」
なんて言われたりします。
そーなんです3日ほど37.5~38.00くらいての微熱が続くんです
仕事も完全にやる気がでません
ですから忙しい時期をさけて、うったりしています。

お医者様にこのようにならない為の方法ってないのですか?って聴くと
「よくあることなんですよ!」と言われるだけでとりあっても貰えません

いっその事インフルエンザにかかってタミフルかリレンザ飲んだ方が
2日とかからず治っちゃうんです

しかし今年は、この上に1月か2月には再度新型インフルエンザの注射を
うたなければなりません!
学校が推薦してくれる国立大学に素直に行ってくれれば
2回目はうたなくてもよいかもなのに・・・2次試験もしっかりうけるとか

まあ微熱なんで家で寝ているわけにもいかないので
店に来てチョコチョコ仕事していますが
私を何処かで見かけたら話しかけないで下さい
4日までは多分機嫌が悪いと思いますので・・・

そうそう機嫌が悪いついでにここに書いちゃおう!
そんな折に先日皆さまに発表した支部ページのリンクについて
ひともんちゃくありました・・・10月の中頃完成した支部HPを
本部サイトからリンクして頂き、さらにタウンページからも指定リンク先と
して欲しいとの要請を本部にかけました。
この本部サイトの管理は広報課Kさん
そしてタウンのリンク担当は情報化Kさん
どちらも同日付同タイムに連絡をとりました
広報Kさんは、その時即答で業者経由の為に
「11月2日より開始させて頂きます」と適格なお答え・・・
しかし情報化Kさんは「出来るだけ早く対応し準備が整った際には
御連絡致します」との回答、この時期支部セミナー周りや
タウンの様々な事業を抱えている情報化というのは
充分理解できましたので「では、よろしくお願いします」と答えた

11月2日になり広報Kさんはリンク完了しましたとの連絡が入り
かすかな期待を持ちタウンの指定リンク先をみましたが
奈良のページはありません。
確認のために本部情報化Kさんに連絡を取り
いつ頃指定リンク先と設定して頂けるのかとお聴きしたところ
Kさんは内部会議で忙しいのか電話をとりついでもらえません
事の状況を電話に出られたHさんに話しをしても当然理解できません
「直ちにKさんと連絡を取り、Kさんから電話をして頂きます」とのこと・・・
待つこと3時間・・・Kさんからの電話かと思ったら
Hさんからの電話で「Kさんは支部セミナーに出席の為に
もう本部を出られました、今しばらくお待ち下さいとの連絡を受けてます」
なぬーーーーこの瞬間、大日さまが不動さまに変身!
「電話一本かけるのに何分かかるのですか?
 あなたも子供の使いじゃないのだから、せめて何時頃になるという
 事を聞いておくべきじゃないですか?」
「明日は祭日だから、仕方ないとして4日には何時頃になるという
 明確な連絡をお願いします。できますよね!」
と言いきってしまいましたさ・・・ええ!

そして3日・・・今度は支部長から広報のKさんに連絡が入ったらしく
広報のKさんから「本部ページからリンクされれば
タウンの指定リンク先となると思っていました、こちらの手違いで
申し訳ありません、再度情報化Kさんと連絡を取り
4日には明確な回答を致します」と連絡が・・・
広報課Kさん祭日だというのに御連絡ありがとうございます
あなたの仕事は完璧です。
しかし情報化のKさん・・・信頼していただけにちょっと失恋したような
乙女の心になっちゃいました・・・少々機嫌の悪い花鹿男でした

プレミアムナイト

「プレミアムナイト」と聞いてピーンと来たら
それは間違いなく「ディズニーファン」または「嵐ファン」です。

まっピーンと来なかった方の為に「プレミアムナイト」を御説明申しますと
「ハウス食品」が企画したイベントで来たる11月20日に
ディズニーシーの中でジャニーズの嵐のコンサートが見れるという企画!
ここまで言うとCMで見た事がある!って
思いだされる方も多いかと思いますが
当家も何故か家族一同「ディズニーファン」「嵐ファン」であり
これら夢のコラボが見られる事は通常の嵐のコンサートよりも
付加価値が付いた素晴らしい企画なんです。

嵐の通常のコンサートにおいても抽選制をとっており
その当選する確立も大変厳しい物となっておりますが
今回の企画での当選数は3500組!
コンサートなど何十万枚もの当選者数と比べてわかるように
これこそまさにプレミアムチケットでございます。

すでに「ディズニーファン」グループでは何十万円分もの
ハウス食品を購入し果敢に応募した者も
相当いらっしゃったようですが当選者は、ほんの僅か
御多分にもれず当家も10通ほど応募しましたが、あえなく撃沈(T_T)

そして、こういう時代ですから10月の末くらいから
様々なオークションサイトにて、この「プレミアムチケット」が出回り
なんと40万円以上で取引をされています。

さてさてそんな凄いコンサートをディズニーシーの何処でやるのか
「ディズニーファン」グループの中では話題となっておりました
ディズニーシーの中で当選者7000人が鑑賞できる場所というと
「アランビアンコースト」または「メディテレニアンハーバー」のどちらか
ジャニーズ事務所は肖像権に五月蠅い事務所ですから
当選者じゃなくてもホテルミラコスタから安易に鑑賞できる
「メディテレニアンハーバー」はありえないのじゃないかとか
いやいやCMで見る限り絶対に「メディテレニアンハーバー」でやる
というような話題で盛り上がっておりましたが
当選報告を見るとやはり「メディテレニアンハーバー」で行うようです
私の予想ですと嵐のそれぞれのメンバーはディズニーBIG5と船に乗り込み
5隻の船で「メディテレニアンハーバー」に登場しコンサートを繰り広げる
のでしょう・・・

それならば、そんなに高い値段を払って当選券を購入するよりも
ホテルミラコスタに宿泊予約をすればいいじゃん!という話しですが
これはもう、この企画が発表される前から
「ディズニーファン」グループの中ではいきわたっており
予約開始の地点で満室となっています。

まっそのような感じで当家は、このプレミアムコンサートに参加できない為に
昨日TVで放送がありました「嵐の宿題くんスペシャル」にて
3D映像を見ることになりました
それを見るには3Dメガネを作らねばなりません
conv0003_20091101223054.jpg
↑工作用紙とセロファン買って出来たのがこのメガネ
これはかなり前から発表されていた企画でしたので当家では早くから
準備しておりましたが巷の文房具屋さんでは現在セロファン完売状況
だったようです・・・嵐の人気って凄いですよね!

テレビの3D画像をこんな安易な道具で見られるのか?
少々半信半疑でしたが、見れました見れました
本当に飛び出して見える3D画像です
ほんのつかの間の時間でしたが家族揃って楽しめた楽しい時間でした
プレモアムナイト見たかったなあ~
プロフィール

花鹿男

Author:花鹿男
超個人的フラワーデザインコンテストへの思いを書き記します。
最近主旨が変わってきてますが・・・?

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
花キューピットタウン


カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
ブログ内検索
ドル箱
ドル箱に登録すると普段利用している楽天ショッピングやyahooオークション等、普通の利用ポイントに合わせて更にポイントが付与されお得で~す。
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。