スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャック オー ランタン

ハロウィンネタ続きで本日は「ジャック オー ランタン」の話し・・・
ジャック オー ランタン
英語では「Jack-o'-Lantern」と書き、訳すると「ランタン持ちの男」
さらに日本語的な訳にすると「提灯持ちのジャック」てな感じでしょうか?
・・・となると「ジャック」って誰なのか?
気になったりしませんか?
これ、ちゃんと「ジャック」のお話しがあるんですよ!
今日は、その「ジャックのお話し」を関西弁風で御紹介しましょう。

むかしむかしヨーロッパの田舎にアイルランドという小さな国がおましてん。
そこにはジャックという名前の男がおってさ~これがどうしようもない奴で
昼間から、酒食らっては記憶なくして周りに暴力ふるったり
人をだましては金をふんだくったり、とんでもない奴やったそうや!
あるハロウィンの夜やねんけどジャックはいつものように酒場で
酒飲んで酔っ払ってると地獄からやってきた悪魔に出会ったそうな・・・
ハロウィーンの夜はこの世とあの世の境がなくなり
その時だけ時間がとまってしまうさかいに、
この時を狙って多くのお化けたちが人間に取り付こうとやってくるねん。

悪魔は「お前の魂とったろか!」と言うて
ジャックの魂をとろうとおもてんけど当然魂をとられたないさかいに
ジャックは悪魔にこう言うてん。
「わかった、わしの魂やるわ。
  せやけどその前に酒を一杯だけご馳走してくれへんか?」
一杯くらいええかと悪魔は思って、その一杯のお酒を買うお金に変身してん
ほんだらジャックはお金に変身した悪魔を
すばやく自分の財布の中に入れたんや
悪魔は財布から出たいけど
ジャックが財布の口を固く閉じていて出られへん。
「出せ!出さんかいワレ!」と悪魔は言うたけど
ジャックは「出して欲しかったら取引せーへんか?」と言うてん
ほんだらアホな悪魔は「何でもいう事聞くさかいに出してくれ!」って言うて
ジャックは悪魔にこれから10年間はジャックから魂をとらへんと約束させて
悪魔を財布から出したんや。

律儀な悪魔で、それから10年の月日を待って
ジャックがハロウィンの夜に道を歩いてくるのを待っとんたんや・・・
「ハハハ・・・今度こそお前の魂とったるぞ!」
と悪魔はジャックに言うてんけど
ジャックは今度も魂とられたくないさかいにジャックは悪魔にこう言うてん
「わかった。わしの魂とってもええぞ!でもその前にあの木になっている
  リンゴを一つとってくれへんか?」と言うてん
またアホな悪魔はリンゴくらいとってやってもええかと思って木に登ったら
ジャックはすばやく木の幹に十字架を刻んでん。
悪魔は十字架が怖ーて下に降りることができひん。
「降ろさんかい!頼むから降ろしてや」と悪魔が言うと
ジャックは「降ろして欲しかったら、また取引をしよや」と言いました。
ジャックは悪魔に自分の魂を絶対にとらへんことを約束させて
悪魔を木から降ろしたそうや。

それから何年か経って、ジャックはほんまに年をとって死んでしもてん。
天国に行こうとしたあつかましいジャックやけど生きている時に
めちゃくちゃな事してたさかいに天国には行けるはずもなく
仕方なく地獄の門をたたいてんけど
ジャックはそこに立っているあの悪魔と出会ってん。
ジャックが「地獄へ入れてくれへんか?」と言うてんけど
悪魔は「お前の魂はとらへんって約束したさかいに此処には入れられへん」
と言うて地獄へも入れてくれへんかってん。
ジャックは困り果てて、ほんだら俺はどこへ行ったらええねん?」
と悪魔に尋ねても悪魔は「元いた所へ戻ったらええねん」
と言われて来た道をトボトボと戻りはじめてん。
その道は、めっちや暗く、風がひどく吹いてて
真っ暗で道が全然わからへんさかいにジャックは悪魔に頼んでん。
「わしに明かりをくれへんか?暗くて道がよー見えへんねん」
悪魔は地獄で燃えてる火の塊を一つジャックにやったそうや。
ジャックはその火の塊をカブの中に入れてちょうちんを作って
そしてそのちょうちんを持ってこの世とあの世をさまようようになってん
これが行く当てもないジャックの旅の始まりやそうや。

いつしか、ジャックの持つちょうちんが死んだ人々の
魂のシンボルとなってさ~このお話がアメリカに伝わるとカブが
カボチャになったわけやアメリカではカブがあんまりあらへんで
カボチャがたんとあったさかいにカボチャでちょうちんを作るのが
一般的になったわけやな・・・
この話しが直接日本に来てんやったら日本にはなじみ深いカブやから
カブをカービングしてロウソク入れてたかもしれへんな!

ま~普段から酒飲んで意識なくしてる人はハロウィンの夜は気つけや!
スポンサーサイト

ハロウィンとは・・・

conv0002_20111021141815.jpg

後10日でハロウィン!
たくさんあったカボチャさんも殆どが嫁いでいき少々さみしくなった
ハロウィン飾りですが、今から追加購入したら余るんだろうな~(/_;)

さてさてハロウィンで少なからず商売されている方は
お客様に「ハロウィンって何の行事?」と聞かれた時に正しく
答える事ができるでしょうか?
「キリスト教のお盆のようなもの・・・」なんて思ってたら大間違い!
よーく考えてみましょう!
花屋をされていたらカトリック教会への納品もある事と思いますが
その教会からハロウィンの装飾を依頼されたり
カボチャを納品して欲しい・・・なんて注文があったでしょうか?
まっ絶対にないとは言い切れないらしく
まれにハロウィンの行事をされるカトリック教会もあるようですが
本来ハロウィン行事はカトリック教会の行事ではありません。

確かに欧米でハロウィン(Halloween)は、
キリスト教の諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる
伝統行事のように言われています。
また、諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)ということから
Halloweenと呼ばれるようになりました。
それで、ハロウィンはケルト人の収穫感謝祭がキリスト教に
取り入れられたものとされていますが
キリスト教の行事にハロウィンはありません。
それどころか10月31日はルターの宗教改革の記念日
‘宗教改革日’という大切な日です。
ですから、ハロウィンは民間行事の類と考えたほうが良いように思えます。
ちなみにケルト人にとって10月31日はその一年の最後の日で
日本的に言い換えれば大晦日となります。
そして、この夜は死者の霊が家族を訪ねに来たり
精霊や魔女が出てくると信じられていたようです。
そういったさまざまな霊から身を守る為に仮面を被り
魔除けの焚き火を焚いていたとのことです。
この事が日本のお盆の行事とお盆の迎え火、送り火を連想させるような気がして
「ハロウィンはキリスト教のお盆のようなもの」という発想に
つながったのでしょう・・・

まっ要するに以前こちらのブログでも書いた日本のお盆行事が本来の仏教の行事
ではない事と同様にハロウィンもキリスト教の行事ではなく
ひとつの民間行事と考えるのが良いようです。

結局は“ルーツは何でも良いから儲けたい”という商魂が
引っ張っていっているようですね。
考えてみると、流通業や食料品メーカーにとって10月は端境期にあたるので
この時期に稼げる格好のお祭りなのでしょう。

お盆は仏教的行事なのか?

間もなく「お盆」の時期がやってきます
この「お盆」に地域色があることは皆さま御存知の事だと思いますが
この行事が必ずしも仏教的教えにそって執り行われいないことを
御存知でしょうか?
conv0015_20110730180542.jpg

まず仏教的に説明する「お盆とは?」
これを説明する前に仏教の基本理念「輪廻(りんね)」について説明します
輪廻とは、人は死して新たに生まれ変わるという思想であり
人は死して生前の行いにより「六道」と言われる
六つの道へ進むと言われています。
それが「天上道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道」と
いう事をまず御知りおき下さい。

お盆は仏教の教義によると正しくは盂蘭盆(ウラボン)といい
『仏説盂蘭盆経』から起こったものです。
この経には、お釈迦様の十大弟子の一人に目連尊者という人があり
この人は神通力第一と称され、特に孝心の深い人でありました。
その目連尊者が神通自在を得て三世先までを見たところ
尊者の亡き母が餓鬼道に堕ちて苦しんでいることが分かりました。
目連は深く悲しんで直ちに鉢に飯を盛って母に捧げましたが
母が喜んでそれを食べようとすると、その飯は火焔と燃え上がり
どうしても食べることが出来ませんでした。
鉢を投げて泣きくずれる母を尊者は悲しみ
「どうしたら母を救うことが出来ましょうか」とお釈尊様にお尋ねすると
お釈尊様は「それは、そなた一人の力ではどうにもならぬ。
この七月十五日に、飯、百味、五果等の珍味を十方の大徳衆僧に
供養しなさい。供養の功徳は大きいから、
亡き母は餓鬼道の苦難からまぬがれるであろう」
と仰せられました。

目連が、釈尊の仰せに順ったところ、母は、たちどころに餓鬼道から
天上道に浮かぶことができ
この喜びの余り踊ったのが盆踊りの始まりだと言う人もあります。

盂蘭盆は、この目連尊者の故事から祖先供養の日となって
今日に相続しており、お盆の時期に施餓鬼(せがき)供養が
行われるのは「餓鬼道から救う」意味があるのです。

はてさて、ここまでの説明に矛盾を感じた方は
いらっしゃらないでしょうか?

これら仏教的なお盆の意味合いを御存知でない方は
多いと思いますが「お盆には御先祖様が各家庭に帰って来られる」
という事は、大抵の方が御存知の事だと思います。

そうです「仏教の教えでは何も各家庭に御先祖様が帰って来られる日」
とは、何処にも書かれていないのです。
あくまでも神通力のない一般民は、もしもご先祖様が餓鬼道等で
過されているのであれば願って助けてあげましょう的な考えであるのです。

この御先祖様が各家庭に帰って来られるという儀式
逆に外国で聞いた事がないでしょうか?
そう「ハローウィン」であり、キリスト教的信仰であるのです。

日本にお盆という風習が記録されているのは
日本書記によりますと、わが国の朝廷で行われたのは推古天皇(606年)
十四年七月十五日斎会を設けたのが初めてとされ、
斎明天皇(657年)三年七月十五日飛鳥寺で盂蘭盆会が催されたとあります。

しかし、それ以前にも中国から来た風習として
霊を迎える行事があったといわれており、これは仏教が伝わる前の話しで
神道に繋がる風習とされています。

少し話しは変わって天理教には、お盆はあるのか?
この質問を先日の支部セミナーでした時に何人かが
「天理教は神道なのだから、あるわけないやん」
という声が、チラホラと聞こえてきました。
確かに「天理教の教え」の中には、お盆に何かをしなければならないという
教えは、ありません。
ただ、全ての天理教教会がお盆行事を一切しないのかというと
これは間違いであり「中元祭」や「お盆祭」という
お盆の行事を現在でも続けている所があるのです。

そもそもお盆の行事が一般庶民に広まったのは、江戸時代になってからであり
江戸時代に出来上がった「天理教」がこの行事を取り入れないというのは
信者を増やす上にも不合理な施策であると私個人も考えますし
一般的にも、そうだったのではないでしょうか?

話しは、コロッと変わりますが東京方面では新盆であり
それ以外の地では旧盆であるという事に疑問を感じた事は、ありませんか?

明治時代、陰暦から太陽暦に変更され
国を上げて全ての日本の行事を新暦に合わせるようにとの指令が出てから
殆どの地が旧盆となったのに政治的中心にある関東中心地だけが
何故その指令に従わなかったのか?

一部には、新盆が農繁期と重なる為に地方は、いち早く旧盆に変更された
と言われていますが本当にそうなのでしょうか?
江戸っ子の心意気という部分も確かにあるでしょうが
私は、関東中心にお住まいの方々が旧盆に一斉にお盆休みをとり
実家へと帰省され大渋滞をおこしている風景を見ていると
旧盆には実家に帰る為に新盆を定着されたと考えています。
昔風に言えば、藪入りとかいう正月とお盆の時期にだけは
奉公人等を実家に帰してあげるという風習ですね。

つまり現在のお盆は「仏教的教えと神道、そして民俗行事が複雑に
入り混じって完成した物」と考えられるのでは、ないでしょうか?
それが理由に同じ宗教の信者でも全国各地で風習が違うというのが
物語っているのでしょう!
異なる文化を融合する日本文化の特徴なんでしょうね。

何か今回は大学の論文的内容になってしまった・・・ 

トウモロコシ

京都の祇園祭り・大阪の天神祭り・・・と各地で大きな夏祭りも終わり
これから夏本番となる近畿地方ですが、奈良には、こういった大きな祭りが
無いもので、燈火会やら万灯篭といったような地味~な祭りが
これから色々と計画されています。

さてさて夏祭りといえば連想するのがこれ

conv0009_20110726145258.jpg

焼きとうもろこしですよね!
醤油と砂糖を混ぜたタレが炭火で焦げ付くニオイを嗅ぐと
ついついヨダレが・・・

ところで、あなたの町では、この「トウモロコシ」を何と呼びますか?
これ以外と地方色があるんです
北海道では「トウキビ」とか「キビ」と言うらしいのですが
関西では、なんと「なんば」って言うんですよ・・・
なんて北海道は知床のkayさまのブログに書きこんでいたら
「なんば」の語源は?と質問されたので記事化させて頂きました。

大阪には「難波(なんば)」という駅がありまして
俗にいう大阪ミナミ地区の中心地であります。
私が小さい頃、両親に連れられて買い物というと「難波の高島屋」であり
まさに高島屋こそが都会の高級ショップであると確信しておりました。
そして今はありませんが難波には大阪球場などがあり
日常的に「焼きとうもろこし」が露天で販売されており
「難波」という地名が、「焼きとうもろこし」=「なんば」としたのだと
確信しておりました。

しかし小学生の頃、家族旅行で北海道に行った時
何のためらいもなく「焼きトウモロコシ」を販売している場所で
「おっちゃん なんば ちょうだい!」といったわけです。
あの時のおっちゃんのきょとーんとした目を今も忘れません。
ちょうど横にいた母親が「なんばは関西弁やで北海道にきたら
ちゃんとトウモロコシって言わな~」と言われ
「なんば」が関西弁と気付かされた・・・

いつ頃だか忘れましたが、子供心にこの「トウモロコシ」→「なんば」への
変換がどうしても疑問に思い学校の先生に質問したが
当時の先生は明確な答えを出してくれませんでした。

そんな時、母の母、つまり婆ちゃんが農家をしていたので
「トウモロコシ」を指差して、これなんで「なんば」って言うの?
と聞いたら「なんばんきび」を訳した名前だと説明してくれました。

・・・となると「トウモロコシ」の語源も気になる・・・
そもそも「トウモロコシ」はポルトガル人によって16世紀に
日本へやってきました、その形が、もっと以前に中国からきた
「モロコシ」に似ていた為に唐から来た(この場合、外国からきた)と
いう意味で「唐もろこし」と言われるようになりました。
「モロコシ」とは今で言う「キビ」の事であり
漢字で書くと「蜀黍や唐黍」と書きました。
ここに「唐」という漢字をつけると「唐蜀黍や唐唐黍」となり
「唐」という文字がかぶる為に「玉蜀黍、玉唐黍」と変換され
現在では「玉蜀黍」が「トウモロコシ」を意味する漢字とされています。

ここまで調べると日本各地の「トウモロコシ」の呼び名が納得!
つまり関西の「なんば」は「南蛮キビ」の訳であり
「南蛮」も「唐」も「外国から来た」という意味であり
「唐辛子」「南京カボチャ」など同じ使われ方で
「外国から来たキビ」を意味するんですね。

「モロコシ」=「キビ」ですから
「トウモロコシ」も「トウキビ」も意味は同じ
漢字から来る「玉」を利用して「トウモロコシ」を「タマキビ」と
呼ぶ地方もあるらしい・・・

そもそも「キビ」の語源は「黄色い実」から来てますので
北海道で使用されている「トウキビ」が一番良い名かもしれません。

ちなみに「いけばな」等で利用され花の市場で販売されている
「キビ」のことを「ソルガム」だとか「コウリャン」と呼びますが
「キビ」を学名で「ソルガム」と呼び、その品種のひとつとして
中国から来た物を「高粱(コウリャン)」と呼びます。
つまり「ソルガム」も「コウリャン」も同じ「キビ」なんです。

今の「トウモロコシ」を見ていると「キビ」とは全く違うじゃん!
なんて思われると思いますが現在私達が連想するスイートコーンは
寒冷地で稲作が出来ない北海道の作物とする為
アメリカから来た品種であり、16世紀に来た「トウモロコシ」は
生食するものではなく穀物として利用されたり
家畜飼料として利用されるものですから「キビ」に似ていたんでしょうね。

あ~こんな事書いてたら早く北海道で「なんば」食いたくなってきた~!

五月蠅い

「五月蠅い」と書いて「うるさい」と読む
な~んて当然御存知だと思いますが、これは完全に当て字!
ならば五月の蝿は本当に「うるさい」のか???

・・・という事で「ハエ」の最も活動する時期を調べたら
気温25℃~30℃で湿度は高ければ高いほど活発に活動するそうです。
・・・とはいえ水の中では死んじゃいますが・・・(笑
ま~人間の住める範囲での高温多湿が大好物ということ・・・
しかし現在近畿では5月の平均最高気温が25℃以上になる事は少ない・・・
どちらかというと6月~7月の方が「ハエ」にとって好条件である
ここでピーンときた方は、かしこいぞ~!

そう私の話しによく出てくる昔から伝わる季節感は
全て旧暦を元に考えなければならないということ・・・
つまり旧暦の五月は現在の六月であり
「五月蠅い」と称するように昔から、この時期の蝿は五月蠅かったのでしょう
現在風にアレンジするならば「六月蝿い」と書かなければならないかも
しれませんね!

さてさて、「うるさい」という言葉からイメージかる意味は
「物音が大きくて邪魔である」とか「やかましい」とか
「邪魔でわずらわしい」とかいう意味を彷彿しますよね。

しかし「あの人は、ちょっとデザインには、うるさい!」
とかいう表現をしていないでしょうか?
この意味を考えるとどうも先に書いた三つの意味とは違った意味で
使っているのを御理解頂けると思います。

じつは「うるさい」の語源をたどると違った意味合いがあるのです
うるさいとは「心」を意味する「うら」の母音交替形「うる」に
「狭い」を意味する形容詞「さし(狭し)」が付いた「うるさし」が語源で
何らかの刺激で心が乱れ閉鎖状態になることを意味したものなのです。

う~ん、それを聞いても後者の意味合いとは違ったような・・・

そうですよね、「うるさし」の同系の語には
「うるせし(「さし」の母音交替形)」があり、これは古文的に
「立派だ!」とか「優れている」とか「巧みである」という意味なので
「うるさし(うるさい)」と同源ではないとされています。
これが日本語のややこしいところですよね。

しかし現在では「技芸が優れている」を表す意味としても「うるさい」
を使用されている事から、細かい所によく気が付くという意味合いでは
同源と考えて問題ないのではないでしょうか!

色んな意味で「うるさい」花鹿男でした。
プロフィール

花鹿男

Author:花鹿男
超個人的フラワーデザインコンテストへの思いを書き記します。
最近主旨が変わってきてますが・・・?

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
花キューピットタウン


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索
ドル箱
ドル箱に登録すると普段利用している楽天ショッピングやyahooオークション等、普通の利用ポイントに合わせて更にポイントが付与されお得で~す。
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。